中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆全体的にコンディション良好なきれいな本です☆ ご覧頂ありがとうございます。 売り上げの1部を地球の自然保護に寄付しております。 古本のリユースを通じて、大切な地球の財産である、アマゾンの熱帯雨林の保護や沖縄のサンゴ礁を増やす活動を行っているNPO法人に定期的に寄付を行っております。ご協力いただき、ありがとうございます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

北緯14度 (100周年書き下ろし) 単行本 – 2008/11/21

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

神様と会うためのアフリカ・セネガル紀行! 自分はどんな人間だかわからなくなる、なぜ私はここにいなければならないのか? きわめて文学的なこの問いに答えるために、神様ドゥドゥに会うための魂の旅。

内容(「BOOK」データベースより)

30年の時を越え、やっと神様に会える!西アフリカ・セネガルへの魂の旅。友だちと出会うこと、自分の居場所を見つけること、言葉の本当の意味をさがすこと、大切なことを考え続けた長篇紀行。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062150905
  • ISBN-13: 978-4062150903
  • 発売日: 2008/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 858,137位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
面白いエッセイは書けないことがよくわかる。実際最後まで読めない。冗長、の一言に尽きる。やはり小説です。小説ではこの人の右に出る人間なんていない。ボクはこの人の小説を書く技術に心酔しています。

本作は、まさに才能のなせる凡作。迷いなく☆ひとつで。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yokoya 投稿日 2009/1/10
形式: 単行本
 セネガルに滞在した紀行文。セネガルって、大半の日本人にとってはイメージのわかない国だと思う。「はじめに」で「なぜ、セネガルなのか」を書いています。フランス語圏でドゥドゥ・ンジャエ・ローズがいるからだそうが、オレにとってはドゥドゥ・ンジャエ・ローズもわからない。
 ボディガード無しで町を歩き、セネメシを食い、ブーブーを作って着るし、ドゥドゥ・ンジャエ・ローズにも会い、どんどん現地に馴染んでいく。少々女々しいことを書いてたりするが、やっぱ、絲山秋子は男前だわ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
事前に、小説だと思い込んで手をとって、冒頭を読み、こりゃぁ違うぞ!と思いながら読み進んだ。著者のアフリカのセネガルへの旅行記だ。

セネガルの男の子達が頼りないんだけど、いじらしく、かわいくみえたり、日本女性のたくましさを感じたり、日本人の一部が世界で勘違いしちゃっているところとか、楽しめた。著者のように地元の人の輪に入っていくのは、いいよね。もちろん、そこの人ではないのだけど。言葉以外にも通じることってあるよね。

なにより、セネガル行ってみたくなります。そして、セネ飯くいたいねぇ、ともれなく思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック