Amazon Kindleでは、 北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
北海道室蘭市本町一丁目四十六番地
 
 
1分以内にKindleで 北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 [単行本]

安田 顕
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 542  
単行本 --  
文庫 ¥ 617  

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

どんな悲劇も貧乏も親父と話すと幸せになる。
俳優・安田顕(TEAM NACS)の故郷、室蘭を舞台にした心揺さぶる家族愛エッセイ

「父はヒロシ。息子はケンといいます。二人とも、北海道室蘭市で生まれました。通称「鉄のまち」。明治の頃から、新日本製鐵や日本製鋼所があって、鉄鋼業が盛んでした。ちなみに、この住所今はありません。」大人気演劇ユニットTEAM NACS(チーム・ナックス)で、独特の存在感を放つ、俳優・安田顕。彼の育った故郷・室蘭は、父の生まれ故郷でもある。妻と娘を連れて久しぶりに実家に帰って思い出す、父との思い出。兄が生まれたとき、大喜びして母に菊の花束を持って行ったこと。若い頃、鉄を平たく伸ばす機械で右手の親指を失い、銭湯で、その指を見た強面のお兄さんから「どこの組の方ですか」と言われたこと。父の初めてのボーナスで買った肉を、焼き過ぎて真っ黒にしてしまった母。いちばん幸せだったことを尋ねたら「お兄ちゃんとアンタを産んだこと」と答えたこと。そして、そんな母を、誰よりも愛する父。――誰の心にもある”やわらかい場所”を刺激する!息子から父への思いを綴った、涙と笑いを誘う家族愛エッセイ!

内容(「BOOK」データベースより)

どんな貧乏も失敗も、親父が話すと幸せになる。俳優・安田顕(TEAM NACS)の故郷、室蘭。心揺さぶる家族愛エッセイ。

登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/10/6)
  • ISBN-10: 434402060X
  • ISBN-13: 978-4344020603
  • 発売日: 2011/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 214,910位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 過去へと遡る不思議な旅 2011/10/7
By iper
形式:単行本
読み始めた瞬間、あっという間に引き込まれました。

著者の記憶、お父上の記憶、それらが語られるうち、過去へ過去へ旅が始まり
著者の娘さんの言葉によって、過去が現在へ繋がります。
綴られる親子三代の心の旅。

著者の愛してやまない家族、思い出、故郷。
全ては、彼の心の目を通して語られる「心象風景」なのに、
文章から、昭和の室蘭、逞しい日本人の姿が立ち昇ってくるようでした。

等身大でいること。一生懸命なこと。家族に愛を伝えること。
簡単なようで、実は1番難しいことをさらりとやっている本。
優しく上等な童話や絵本のような本。

ズシンと直球で心に響きました。
面白い本、感動する本、売れる本、たくさんの本が量産され、消えていきます。
著者とそのご家族にとって、この本は間違いなく「宝物」でしょう。

たくさんの本の中から、この一冊を手に取り、読んだことを幸運に思います。
読後、自分の家族への思いが、より深く強くなりました。

何度も繰り返し読みたい本に久しぶりに出会えました。
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 じんわり涙。 2011/11/20
形式:単行本
これはヤスケンの家族への想いがいっぱい溢れていて、室蘭ぽさが無いってレビュー書いてた方がいますが、そうゆう人はるるぶでも眺めてて下さい。
素直にあったかいものをあったかく受け取れる気持ちのある人、傷ついてる人、ひとりぼっちを感じてる人にはしみると思います。
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 安田顕の繊細さ 2011/10/23
By Mayu
形式:単行本
パピルス連載から読んでいましたので、本文についてはもはや語るまでもなく
彼の繊細さ溢れる文章にはじんわりと心を揺さぶられる。
忘れていた親への感情とか。娘への愛情表現とか。
一見不器用だけれども実に繊細な言葉を、
彼独自の言葉を紡ぎ出す才能はNACS随一。
書き下ろしのあとがきが特に秀逸。室蘭を旅したくなります。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 安田顕の素顔が見える 2011/11/5
形式:単行本
パピルスに掲載された安田顕の故郷を思い出しながらの、お父さんとのふれあいの話。
映画や芝居では見ることのできない、一面を見たように感じた。
子どもの頃の父親とのやりとり、そこで培われた安田顕の心根。
また、それを自分の娘を通して、家族とはと、思いを馳せる。
ほんわかと、また、リズミカルに読める一冊です。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 あったかくなります 2011/12/11
By sak
形式:単行本
人それぞれの家族の形があり、この本はそんな家族の一つの形なのだろうと思いました。
著者が好きな人はもっと彼の魅力に引き込まれます。
そうではない人もなんとなく心が温かくなるそんな一冊だと思います。
主に著者の家族の話なので主観的に描かれている点があります。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 良かったです。 2012/6/18
形式:単行本|Amazonで購入
初めてレビューを書きます。
すごく良かったので・・
正直本を読むのは苦手であまり読まない自分ですが、
1日で読みました。
読みやすいのも勿論ですが、なんというか、映画を観ているような本です。
これといって大きな事件は起きないけれど、淡々とした空気が心地よい映画。
ほとんど連絡してない家族に、手紙でも書きたくなりました。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
ファンだから言うんでなくて(ファンだけど)、読んでてほろっとくる所がいくつもありました。安田さんと私が年が近いので、親の老いを感じる瞬間がとても共感できます。切なくなります。自分にもいつか子供ができると、もっと共感できる部分が増えるのかもと思います。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 やさしい子供の目、父親の目 2012/2/20
By
形式:単行本|Amazonで購入
安田さんのお父さん、ダメダメなんだけど、家族を想う気持ちはとても優しい。
それを思う安田さんの気持ちが泣けてきます。
「ひとり語り」行った人は必読です。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 最高! 2014/5/2
形式:文庫|Amazonで購入
とても良いです。ぜひまた買いたいです。ホントに良かった。ではまた!
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 いいな 2014/4/28
形式:Kindle版|Amazonで購入
昭和っていいな。
家族っていいな。
いろいろつながってるっていいな。
くすっとしたり、ほろっとしたり、すこしずつ楽しみながら読めました。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 マニアの本
ヤスケンを知らない人が読むとなんだかわからないだろうなあ~
音楽系をしたり、おんちゃんの中身だったり、鼻から牛乳だしたり・・・... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 飾りのないリアルな文章にいつの間にか引き込まれていく・・・
父とは・・・家族とは・・・自分自身のルーツをひも解きながら父親の飾りのない波乱万丈の人生を自然な表現と暖かい目線で描いている素敵な一冊でした。
投稿日: 7か月前 投稿者: ピノコの友達
5つ星のうち 5.0 面白かった!
水曜どうでしょうのからみで、購入しましたが、安顕が形成されるまでの過程(家庭)が良くわかります。
投稿日: 7か月前 投稿者: トラ男
5つ星のうち 4.0 一冊の家族について考える時間
本を読んでいることを忘れるような、家族の話でした。
ヤスケンさんと父親をめぐる「マイナスの記憶」のかずかず。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: hen
5つ星のうち 4.0 あの安田顕のキャラに納得します
安田顕のファンで購入。読み進める内にバラエティでのあのキャラクターが理解出来ます。... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: たぁたた
5つ星のうち 4.0 きれいな状態で満足です
商品の状態は新品同様できれいでした。 カバーの汚れや折れもなく、いい状態で入手でき満足しています。
投稿日: 10か月前 投稿者: 吉井美紀
5つ星のうち 5.0 面白かった
安田さんらしい文章で面白かったです
父と息子の関係が、付かず離れずでいいですね
投稿日: 11か月前 投稿者: 二児の母
5つ星のうち 5.0 家族とのつながり
顕さんが、父さんに電話取材を繰り返し、雑誌の連載をしていた。 それを、1冊にまとめたのが、この本! お父さんになった顕さんだからこその1冊。... 続きを読む
投稿日: 2012/8/24 投稿者: ゆき
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック