中古品:
¥ 2,100
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。【チャプターリーフレット・ハガキ付きです】デジパック仕様2枚組正規版です。外函、デジパック、盤面ともに良好な状態です。通常配送無料。こちらの商品はAmazonから直接発送されますので、「お急ぎ便」・「当日お急ぎ便」・代引・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いもご利用になれます。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,170
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

北京ヴァイオリン 特別プレミアム版 [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 14,630より 中古品の出品:19¥ 1,639より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: タン・ユン, リウ・ペイチー, ワン・チーウェン, チェン・ホン
  • 監督: チェン・カイコー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • DVD発売日: 2004/04/02
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (54件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00009XLKW
  • EAN: 4988102975517
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 23,419位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

『さらば、わが愛 / 覇王別姫』 のチェン・カイコーが、父子の熱い絆をつづった感動作。天才的なヴァイオリンの腕前を持ちながら田舎町で暮らす少年・チュン。なんとか息子をヴァイオリニストとして成功させるため、父・リウはチュンを連れて北京へと旅立つ。

【映像特典予定】
●インタビュー映像(チェン・カイコー監督&キャスト)
●撮影風景
●来日時インタビュー映像(チェン・カイコー監督)
●来日時記者会見映像
●来日風景(静止画)
ほか

《製作・監督・脚本》 チェン・カイコー
《脚本》 シャオ・リウシェ
《出演》 タン・ユン リウ・ペイチー ワン・チーウェン チェン・ホン

Amazonレビュー

   ヴァイオリンの才能ある息子を一流のヴァイオリニストにするため、貧しい父はお金をコツコツためて、息子と北京へ。そこで出会った人々との交流を通して、親子のきずなを描いたチェン・カイコー監督の感動作。
   才能だけでなく、過酷な競争社会の中で勝ち抜く強さがないと一流にはなれないクラシック界。そんな中で、必死にもがきながらも、決して夢を諦めない主人公の親子がチャーミング。貧しくても悲壮感はなく、あるのはユーモラスで温かな親子関係。ヴァイオリニストとして成功することが息子の幸せだと信じてやまない父親が、献身的に息子につくす姿には胸を打たれる。また父親を演じるリウ・ペイチーが秀逸! その柔らかな笑顔には心癒されること必至だ。チェン・カイコーは感動のツボを突いた演出がうまく、ラストは気持ち良く泣かせてくれる。(斎藤 香)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7

最も参考になったカスタマーレビュー

53 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 piggy-peggy 投稿日 2004/1/14
形式: DVD
息子のヴァイオリンの才能を信じて、ひたすら彼のために身を粉にして働く、父(リウ・ペイチー)。時々そんな父を疎ましく思ってしまう息子(タン・ユン)。年頃の少年は何かと父親とぶつかりますが、ぶつかりながら実は、父親の愛情に触れているのです。彼らをとりまく魅力的な人々‾才能を持った人間持たない人間、世渡りがうまい人間そうでない人間。さまざまな対極的人間が登場し、それぞれの立場から見る世界もまた面白い。特に父親役のリウ・ペイチーが素晴らしくよい!不器用でひたむきな姿は、日本で言えば「北の国から」の田中邦衛を彷彿とさせます。少年役のタン・ユンは中国でもヴァイオリンのエリートだけあって、アフレコ(実際の演奏は有名なヴァイオリニストがやっているそうです)にもかかわらず全く違和感がありません。クライマックスで少年が演奏するチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、身体の中から身震いするほどの感動を与えてくれます。ここで泣かそうとしてる!というのはミエミエなのですが、それが分かっていても素直に泣けてしまいます。観終わったあと、自分の両親も同じようにきっと自分のことを育ててくれているのだろうと思うと、深く感謝せずにはいられませんでした。親子の絆や愛について、考えさせられる作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chirico 投稿日 2003/7/2
形式: DVD
この映画は始終静かな映画だと思いました。
私が初めて見た後の感想は、素直に良い映画だった、感動したというさ
っぱりとしたものでした。
でも不思議なことに、見てから日を重ねるごとに映画の事を鮮明に思い
出し、気がつくと、買ってきたパンフレットを眺め、CDを何度もリピ
ートして聞いているのです。
静かに耳を澄ますと、今では音楽が流れてきます。
登場人物たちの仕草や、表情が思い浮かび、なんだか涙が出るような切
ない、でも愛しい気持ちになります。
そしてもう一度見たい、そう切実に思うのです。
どうやら『北京ヴァイオリン』は、静かに、でもしっかりと私の心の中
に居場所を見つけてしまったようです。
これはそんな映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かみかみ 投稿日 2004/1/24
形式: DVD
今までのチェン・カイコー作品の色調はどちらかといえば「激しさ」や「憎しみ」が垣間見える、赤のイメージがあったのですが、今回は青の印象が強い。それも透明感のある、水のような青。
今までは、人間の暗い部分や醜い部分を描くことが多かったチェン・カイコー。
今回は一転して、やさぐれた人間たちが少年の奏でるヴァイオリンの音色に心動かされて希望を見いだしていく姿を描いています。
確かに少年と父親の親子の情愛物語でもありますが、この作品は、ひたむきに生きる人間の姿に触れることで失っていた情熱を取り戻していく人間たちの再生の物語として見ることも出来ます。
このブルーは「希望」と「再生」の象徴なのでしょう。
チェン・カイコーの作品ということで覚悟してたのですが、予想は見事に裏切られました。いい意味で裏切ってくれました。
チェン・カイコーというと、美しいけれどどこか退廃的で暗さがある作品が多かったのですが、今回の「北京ヴァイオリン」にはそういった不穏な要素は一切見られず、最後まで安心して見ることが出来ました。
素直な気持ちで観られる映画で、最後は心が温かくなります。
こんな映画がつくれるようになったチェン・カイコーの変化が他人事ながら嬉しくなってしまいました。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kelly35 投稿日 2005/4/10
形式: DVD
父と子の映画である。だが、厳密に言えば人間愛の物語である。
貧しく教養にも欠け、ただひたすら一途であるゆえに押し付けがましい父親の姿はいっそ憐れである。
だが、われわれの本質は本来それではないのか。
子供の才能を信じ、ふさわしい未来を与えるために父親は何もかも失うことを怖れない。
これを勘違いする人が最近増えているように思えて仕方がない。わが子だけのために何もかも費やすことと同一視しては困る。
この父親が示したものはなんだったのか。少年はわかるのだ。深く理解するからこそ、彼はこの結果を選び、あの音色を響かせるのだ。
わかるということ。これはなかなか学べない。
我々は日々様々なことを選択している。選ぶのは自分自身であり、結果は自分の責任である。
この少年にもほかに選択肢はある。だが、選び取った以上、父親の望んだ未来を得られなくても、少年が才を市井に埋もれさせようとそれは彼の選んだ道である。
少年がどのように生きようとし、何をひたすら大事にしてきたか。
この父親がどれほど少年を愛したか。
豊かな音色とともに受け止めたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック