この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勝者のエスプリ 単行本 – 1997/8


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

名古屋グランパスの再生、そして別れ。指導者に不可欠な資質、果たすべき役割は。日本にプロサッカーは本当に根づくのか。非の打ちどころのない実績が証明する、研ぎ澄まされた監督観。驚くべき観察力と分析力に基づく、最も洗練されたサッカー観と意表をつく日本観。彼はなぜ日本を選び、そして日本を去ったのか。電撃的移籍から1年。聖地イングランドでも賞賛を浴びる名将の、日本回想と未来への提言。

内容(「MARC」データベースより)

言葉も文化も分からない異国の地で、不振にあえぐ名古屋グランパスを優勝に導いたひとりの男、アーセン・ベンゲル。サッカーを通じて出会った日本という国を回想し、日本サッカーの未来に向けてメッセージを贈る。

登録情報

  • 単行本: 213ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (1997/08)
  • ISBN-10: 4140803215
  • ISBN-13: 978-4140803219
  • 発売日: 1997/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 128,702位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ロードスターくん 投稿日 2002/7/2
形式: 単行本
ダメな組織、自信を失った集団。そこに優秀な人間が改革者としてやって来たところで、それまでの流れに押されたまま何もできずに終わるケースがなんと多いことか。しかし、実績のある著者は自分の持てるエッセンスを決して押し付けるのではなく、相手に受け入れやすくしながらも妥協せずにそのノウハウを「チューニング」して植え込んだか、その道のりがよく分かる本。コンサルティングを担当する人間、組織を変革したいと考える人間はぜひ読むといいのでは。サッカーが分からなくとも楽しめる本であり、どうして著者が今でも日本代表監督に嘱望されるかが納得できる。読んだ後は、著者への思いが尊敬から畏怖の念にグレードアップする(と言ったら言い過ぎか?)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/2
形式: 単行本
外見から受けるこの本のメイントピックは、世界的に有名な監督からの日本フット
ボール界への提言ということになっているが、自分にとってはそれ以外の読み
どころがあり、とても興味深かった。
それは、フランス人である著者が、日本のフットボールチームの監督時代を通して
感じ取った日本人のメンタリティに関する記述である。
練習熱心・生真面目な日本人、練習終了後にも監督とのコミュニケーションを求める
日本人、自分で判断することを避けて指示を待つ日本人、などなど。
この本は、日欧の人間性比較という観点で読むと、また違った楽しみを与えてくれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/3/1
形式: 単行本
ベンゲルがここに書いているのは哲学的なことだ。異文化とのコミュニケーションに成功した興奮が記載されれいる。名古屋グランパスエイトにおける幸福な時間は、ベンゲール監督以降訪れていないが、その時代を追体験したい人と、ベンゲル監督のすぐれた感受性を感じたい人にお勧め。でも最近眼鏡姿みないね、ベンゲル監督。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 バルセロニスタ 投稿日 2005/4/7
形式: 単行本
 ベンゲル監督の来日直前から渡英までを渡英後に振り返っている。
外国人から見た日本人の特徴を書き、ヨーロッパ人との違いを表しています。
 サッカーの専門的な事ももちろんですが、日本人についても細かく書かれているので、外国人から見た日本人の特徴を知るには良い本でしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "hope" 投稿日 2002/7/20
形式: 単行本
グランパス時代からのベンゲル大ファンの私にとって、まさに日本のサッカーの未来を語るのに欠かせないバイブルのような本です。グランパス時代の日本サッカーに関する考察等々は、知将の名に恥じない内容で、サッカーを愛するものには外せません。ワールドカップが終わった今、是非、読んで見てください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック