Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (UMD Video)
 
イメージを拡大
 

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (UMD Video)

朴ロ美, 釘宮理恵, 水島精二 UMD Universal Media Disc
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • この商品は“UMD Video”対応ソフトです。“UMD Video”ソフトは、携帯型ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」で楽しむことができます。DVDではありませんのでご注意ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換でのコンビニ 受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【アニプレックスストアはこちら】 アニメ、バラエティー、実写作品などをチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。



登録情報

  • 出演: 朴ロ美, 釘宮理恵, 豊口めぐみ, 大川透, 内海賢二
  • 監督: 水島精二
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アニプレックス
  • DVD発売日: 2006/01/25
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000C0XOR4
  • EAN: 4534530012418
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 128,326位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   TVアニメ版の「鋼の錬金術師」は、荒川弘の原作から大きく方向を変え、主人公の兄弟エドとアルが“扉のこちら側”と“向こう側(=我々にとっての現実世界)”に離ればなれになるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。それから2年後が描かれるのがこの劇場版だ。
   ナチスが勢力を伸ばしつつある1923年のドイツというあまりにシビアかつシリアスな舞台設定が、“錬金術”という題材を扱ったこの破天荒な物語にいい作用を及ぼしたかどうかは、評価が分かれるところだろう。とはいえ、エドやアルはもちろん、ウィンリィやロイ・マスタング、その元部下たちといった魅力的な登場人物の“その後”を見られるのは単純に楽しいし、ヒューズやキング・ブラッドレイら、TVシリーズ中で絶命した者たちが“別キャラ”として登場するのも、パラレルワールドものならではの面白さ。映像についても、申し分のない大迫力シーンが目白押しで、TVシリーズのファンなら見て損はないと言えるだろう。(剛吉若寸也)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

荒川弘原作による大ヒットアニメの劇場版。ふたつの世界に引き離されたエルリック兄弟。エドは元の世界に戻る方法を模索し、身体を取り戻した弟・アルもエドを探し続けていた。そんな中、エドの周囲で理想郷“シャンバラ”を求める謎の組織が暗躍し…。


カスタマーレビュー

星5つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ハガレンファンはもちろんのこと 2005/11/24
投稿者 800az
待ちに待った、これが「鋼の錬金術師・アニメ版」の最終話、と言って良いのではないでしょうか。UMD版に書き込んだのは、是非旅のお暇な時間にどうぞ、ということで。

あの兄弟が二つの世界で別れ、再開できるのかも見ものです。が、それに加えてすれ違いまくりの人間模様にも注目かと。この辺は完全にはアニメを見ていないと分かりませんが、正直、テーマ的には全く見ていなくてもオススメな部分があります。

それは、作品内で「自分はどう生きていくのか」を兄弟なりに答えを出したといこと。結構ラストは賛否両論でしたが、彼らの結論はこうなんだ!ということで切なかったり微笑が浮かんだり。これでちょっと自分も考えてみる機会を作っても面白いのではないかと思います。

この作品、動きもすばらしいので是非オススメです。

最後に何故旅の〜と書いたのかと言うと、ラストを見ると「旅も良いもんだなあ」と思えそうだからです。ちょっとでも気になった方は一度見て見てはいかがでしょうか。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック