Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 2,474

または
 
   
Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 1,141
買取
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
劇場版 マリア様がみてる 通常版 [Blu-ray]
 
その他のイメージを見る
 

劇場版 マリア様がみてる 通常版 [Blu-ray]

波瑠, 未来穂香, 寺内康太郎 Blu-ray
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,134 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 970 (24%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 「Office 2013」ほか対象のPCソフトとまとめ買いでDVD・ブルーレイが最大5000円OFF ※対象商品、割引金額は必ず キャンペーンページにてご確認ください

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。



登録情報

  • 出演: 波瑠, 未来穂香, 平田薫, 滝沢カレン, 秋山奈々
  • 監督: 寺内康太郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: リバプール
  • DVD発売日: 2011/07/29
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0052ROE12
  • EAN: 4571174018116
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 81,286位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

累計発行部数 540万部(既刊37巻)を誇る、今野緒雪による大人気ライトノベル(集英社コバルト文庫・刊)の実写映画化で、2010年11月に劇場公開し大ヒットした『マリア様がみてる』が、待望のブルーレイ、DVDが発売!

<内容>
・本編、FLASH アニメ予告・マナーCM「マリア様のたしなみ」、メイキング収録(本編約90分+特典15分予定)
・初回限定リバーシブルジャケット仕様(イラスト絵柄と実写絵柄)

CAST:波瑠、未来穂香、平田薫、滝沢カレン、秋山奈々、坂田梨香子、高田里穂、三宅ひとみ、広瀬アリス、碓井将大

原作:今野緒雪「マリア様がみてる」(集英社コバルト文庫・刊)

監督:寺内康太郎

製作:リバプール/集英社/ジョリー・ロジャー/メ~テレ/テレビ大阪サービス

制作プロダクション:ジョリー・ロジャー

発売・販売 : 私立リリアン女学園(集英社/リバプール/ジョリー・ロジャー/メ~テレ/テレビ大阪サービス)

制作年:2010年日本

公式サイト: http://www.mariasama-movie.jp

(C) 今野緒雪/集英社・私立リリアン女学園

内容(「Oricon」データベースより)

今野緒雪原作の人気ライトノベル「マリア様がみてる」が実写映画化!お嬢様学園・私立リリアン女学園を舞台に、女学生たちの学園生活を描く。学園には“姉”である先輩が“妹”の後輩を指導する姉妹制度があった。全校生徒の憧れの的である小笠原祥子には、まだ“妹”がいなかった。偶然知り合った1年生の福沢祐巳に突然、姉妹宣言をするが…。BD通常版。


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 素晴らしい作品 2011/7/28
投稿者 Amazon Customer
自分の地域では公開されなかったので、おっかなびっくりで発売を待ってました。

しかし観れば、これは素晴らしい作品です。誰が観ても素晴らしい作品。
学園の雰囲気、人物のコミュニケーション、古い学校特有の暗さと湿り気。
「マリア様がみてる」は「百合」という偏ったジャンルではなく、素朴な
青春群像劇なのだという自分の考えに確信を持ちました。

何より良かったと思うのは、学園ものにありがちな安っぽさが全くないこと。
ややノイジーで暗い画と相まって、まるでフランス映画のようなイメージです。

もちろん、挙げようと思えば難点といえる面も挙げられますが、そんな事は意味を
なさないほどの出来栄えです。

暗くて病的な映画作品が多い現代において、非常に美しく、貴重な作品だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
投稿者 mayumako
Amazonで購入
主人公の波瑠さんと柏木さん役の碓井君は、今いちかな?って思ったけど、他のメンツはよくここまで揃えたエライっていうしかない。特に未来穂香ちゃんが祐美ちゃん役を熱演しててはまってます。
彼女しか有りえない。3人の薔薇様が素敵。容子様は優しいしお姉さまになって欲しいくらいだった。聖様はかっこ良いし。
単なるカトリック系の私立お嬢様学校の一コマを見てやろうぐらいの気持ちで、入ればすんなりと入れるよ。
私なんか、見てから3日間程経っているのに、まだ耳から挿入歌「マリア様の心」が消えずに残っててふと、口ずさんでいる。
絶対、お勧め。でも、ブルーレイは映像は若干綺麗だけど外装ケースが-1点。見開きの左側主人公二人の写真が青い中にうっすらとしか見えない。画像にこだわる人はこちらのブルーレイを買うべし。
だけど、外観にもこだわる人はDVD版の方がクリアで透明なのでよく見えて良い。(DVD版は楽天ブックスで購入してみた)
豪華版にも興味はあるが、永久保存版として保管する人向きだと思う。実際中古買い取り額にそんなに差はない。若干ブルーレイ(通常版)の方が高かった気がする。なので、一度見てみようかなくらいの人はDVD版で十分だと思う。安いし。
画像が明るくなる方が良い人はこちらのブルーレイを買うべし。
吾輩はこのメンツで続きが見たくなったぞ。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 しろくまお
クマ的には原作に対する思い入れが人一倍強かった分、あまり期待はしていなかった
(今まで好きな作品が実写化して良かった経験まるでナシなもんで…)

しかもこの作品に関してはキャストの選定がかなり作品の質やら世界観を左右するだろうなと思っていたので
期待していないというよりむしろ怖いという気持ちの方が大きかったのかもしれない(クマのイメージと違う祥子様なんてクマはぜったいに認めませんからっっ!)

しかしそんなクマの心配は完全に杞憂に終わった…
あんまりべた褒めするのもちと悔しいが、波瑠嬢の演じる祥子様は正直クマの想像していた“祥子様”そのものだったのだ。

もちろん他のキャストに関してもそれなりに原作のイメージに近づけようと努力し及第点を与えても良いのかなとは思ったが
それでもやっぱり“波瑠=祥子様”がダントツでハマりまくっていたと思う。

内容に関しては一点だけ不満。それは尺が若干短かった点。
まぁその辺は第二弾を密かに期待する事にして、それ以外は祥子様と祐巳の運命の出会いを含めかなり丁寧に描かれていた、という印象だろうか。
とにかくクマ的に世界観はかなり出てたと思うので5つ星つけさして頂きやした!

※あと、クマ的には豪華版特典の「祐巳のもふもふブランケット」がかなり楽しみじゃ〜〜
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 katsuya30 トップ1000レビュアー VINE メンバー
Amazonで購入
原作は読んでいないので、映画のみの感想になるが、本作の雰囲気は抜群にいい。
これはロケ地が旧制松本高等学校(現信州大学)であることが大きいだろう。
あの床が軋むようなフロアと緑に囲まれた中庭、あそこだけで大正ロマンの
香りが漂う。

ゆえに物語にもスッと入っていけるのだと思う。
作風は中原組の大傑作「櫻の園」(福田沙紀版じゃなくてつみきみほ版の方です)に近い感じで
あり、寺内監督もそのあたりは念頭に置いていたのだろう。

当然「女優映画」になるわけだが、波瑠が主演ということで締まった出来栄えになっている。
波瑠は他の若手と違い、既に大作出演を含めて一番キャリアがある女優だ。
特に森岡組の邦画史に残る1本「女の子ものがたり」の芝居は最上だっただけに、安定感も抜けていた。

それから「アバター」(J・キャメロンじゃなくて橋本愛版の方)では橋本愛の敵役として
憎々しい芝居を見せた坂田梨香子が凄くしっとりしていて、演技の幅を感じさせた。
これから伸びてくるかもしれないね。

その他お人形みたいな(笑)未来穂香や秋山奈々、平田薫など「芝居」と言う点はさておき、
瑞々しさを醸し出していて好感だった。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック