劇場版 ... がカートに入りました

買取サービス
最高買取価格

¥ 3,246
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 10,498
通常配送無料 詳細
発売元: イワオカ屋
カートに入れる
¥ 10,500
通常配送無料 詳細
発売元: STAR STORE
カートに入れる
¥ 10,500
通常配送無料 詳細
発売元: TORANOKO STYLE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]

47件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 10,692
価格: ¥ 10,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 192 (2%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、☆彡夢屋(ゆめや)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(9月30日まで)
その他のセール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1,000円以下ブルーレイ 1枚1,500円以下アニメBOXセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【アニプレックスストアはこちら】 アニメ、バラエティー、実写作品などをチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【50%OFFも】サマーセール開催中 ファッション、家電から食品まで「ほしい」が続々登場。 サマーセールをチェック。


よく一緒に購入されている商品

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray] + あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版) + るるぶ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (JTBのムック)
合計価格: ¥ 32,682
ポイントの合計:  41pt

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 入野自由, 茅野愛衣
  • 監督: 長井龍雪
  • 形式: Color, Limited Edition
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2014/03/05
  • 時間: 99 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (47件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00GTK8UA2
  • EAN: 4534530073266
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,891位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

◆ストーリー
子供時代の事故をきっかけに心を閉ざし離れてしまった仲良し6人組。
夏のある日、事故で死んでしまった<めんま>が<じんたん>の前に現れる。
しかし、彼女は何故自分が戻ってきたのかわからなかった。
超平和バスターズの面々は、その理由を探すためにもう一度集まり、
止まってしまった時間が少しずつ動き始める。
奇跡の“あの日"から一年後。
彼らはそれぞれの想いを手紙に込めて、いつもの秘密基地へと向かった。

【完全生産限定版特典】
◆本編ディスク1枚+特典ディスク3枚
<収録内容>
●Disc 1:本編+CM・トレーラー集・ノンクレジットオープニング(スペシャルO.A ver.) ※1
●Disc 2:コンピレーションCD(収録時間:約1時間16分) ※1
「サークルゲーム」「青い栞」「secret base~君がくれたもの~」& Original Soundtrack 24曲
●Disc 3:イベント&メイキング映像(収録時間:約2時間7分)
「埼玉西武ライオンズコラボイベント~超平和ライオンズデー~」(2013年8月17日開催)
「あの花夏祭inちちぶ」(2013年8月24日開催)
「公開初日舞台挨拶」(2013年8月31日開催)
●Disc 4:イベント&メイキング映像(収録時間:約2時間17分)
「朝まで?"はな"テレビ」(2013年8月31日配信)
「めんまの全国舞台挨拶旅」(2013年9月1日より開催)
「龍勢祭」(2013年10月13日開催)
◆キャラクターデザイン・田中将賀描き下ろし三方背BOX
◆キャラクターデザイン・田中将賀描き下ろしデジパック
◆特製ブックレット100P ※2
岡田麿里書き下ろしショートストーリー「ほしの夜、こどもの夜」、
長井龍雪絵コンテ、田中将賀総作画監督修正集、スタッフ座談会、ビジュアルコレクション、設定資料集 他
◆劇場パンフレット縮刷版56P
◆音声特典:オーディオコメンタリー(長井龍雪/岡田麿里/田中将賀/櫻井孝宏)※1

※1 は初回仕様限定版BD共通特典
※2 絵コンテ(20P)、修正集(30P)については後半パートからセレクトして収録しております。
※Blu-ray完全生産限定版の特典ディスクはBlu-ray、DVD完全生産限定版の特典ディスクはDVDとなります。

※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※完全生産限定版は数に限りがございます。

≪Copy Right≫
(C)ANOHANA PROJECT


◆キャスト
宿海 仁太 : 入野自由
本間 芽衣子 : 茅野愛衣
安城 鳴子 : 戸松 遥
松雪 集 : 櫻井孝宏
鶴見 知利子 : 早見沙織
久川 鉄道 : 近藤孝行
宿海 篤:小形 満
仁太(幼少) : 田村睦心
集(幼少) : 瀬戸麻沙美
鉄道(幼少) : 豊崎愛生

◆スタッフ
原作 : 超平和バスターズ
監督 : 長井龍雪
脚本 : 岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督 : 田中将賀
演出 : 吉岡 忍
アートディレクター : 石垣 努
美術 : 福島孝喜
プロップデザイン:冷水由紀絵
色彩設計 : 中島和子
編集 : 西山 茂
CG・撮影監督 : 森山博幸
音響監督 : 明田川 仁
音楽 : REMEDIOS
アニメーション制作 : A-1 Pictures
制作 : 「あの花」製作委員会
配給 : アニプレックス

◆主題歌
『サークルゲーム』 Galileo Galilei

◆公式HP → http://www.anohana.jp/

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

じんたんをはじめ、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ、めんまの幼馴染み6人の青春を描く人気アニメの劇場版。“超平和バスターズ”を名乗る6人組のひとり・めんまが事故で亡くなって5年。じんたんの前に幽霊になっためんまが現れる。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ああああ 投稿日 2015/3/23
形式: Blu-ray
ただ、TV版を観ていない人に向けた構成ではありませんので、劇場版だけを観た人がお涙頂戴と感じるのは当然です。
中途半端に人間関係やストーリーを理解した気になるだけで、感情移入して泣くまで気持ちを持っていけないからです。見ず知らずの人達の同窓会に行くようなものです。

めんまの衣装や話し方、ゆきあつの女装、あなるというあだ名、初見ならばそれらも全部気持ち悪く感じて当然です。
それらにはちゃんと理由があるのですが劇場版では語られませんし、気持ち悪いという感覚が変わるまでには、尺と時間が足りません。(ゆきあつの女装はどっちにしろキモいですが…)

あと、TVシリーズは最終回が急展開に感じられて、「最終回だけ…惜しいな…」と思っていた方には特におすすめです。

TV版で、主要メンバー全員がそれぞれ今まで言えなかった思いを順番にみんなの前で大暴露するシーンがありましたが、
最終回にありがちな汚い連発花火を観ているような駆け足気味なあの展開が、私は好きではありませんでした。

しかし劇場版ではその大暴露シーンがまるまるカット。
回想として描かれているので、そもそも暴露する必要がないのです。ここは個人的にかなりプラスポイントですね。
回想場面と一年後の場面が交差して描
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さかもっちゃん 投稿日 2014/4/18
形式: Blu-ray Amazonで購入
テレビ版、めんまとの再会を果たしたあの日からその1年後のお話です。

キャラクターそれぞれが様々な1年を送った描写よりも、幼少期の頃ををより掘り下げた内容。
好き嫌いはかなりはっきり別れると思うのですが、個人的には好感が持てました。

簡単に表現するなら「めんま視点での超平和バスターズ」ってところでしょうか。
好き嫌いが・・・と書きましたけど、作品自体はテレビ版が好きだった人なら「愛すべき作品」
になっていると思います。
また、多くの人に「愛されている作品」なんだなと、すごく伝わってきます。特に特典映像なんか
見てると、より強くですね。

結局、今回も泣いてしまったけど、テレビ版の時のような、号泣ではなく、くそ甚たんかっけー、くぅ
みたいな温かい気持ちになれました。

あの花が好きな人でしたら、迷いなくお勧めしたい「完結版」です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 火稙 投稿日 2015/6/17
形式: Blu-ray
テレビ版を見ずにこの劇場版を見ても、展開が早いので意味がわからないと思いますので、見られる方は必ずテレビ版を見たあとにした方がいいです。
テレビ版を見たあとで、この劇場版を見ると、テレビ版の総集編と共に、テレビ版で不足だった幼少期の部分が追加されてるので、しっかり再び泣けることでしょう。私はテレビ版も劇場版も泣きました。最後に追加エピソードとしてテレビ版の最終回の後日の話があるので、テレビ版最終回での物足りない終わり方が、スッキリした感じに終われるようになってます。
テレビ版を見た上で、劇場版はきちんと完結してますのでオススメです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonカスタマー 投稿日 2015/2/24
形式: Blu-ray Amazonで購入
何度も見て、何度も泣いています。今度秩父に「あの花」聖地巡礼に行く予定です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 きるろい2005 投稿日 2014/5/28
形式: DVD Amazonで購入
もしもはじめて本作品に接して興味を持たれたなら、先に本編をご覧下さい。何倍も感動できます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 /.K./ 投稿日 2014/3/10
形式: Blu-ray
<本編について>
TV版最終話でひとまずの結末を迎え、劇場版はその延長もしくは補完の位置づけにあると考えます。
結末までの経緯を登場人物と一緒に追えるような形で新作カットを織り交ぜていく流れはうまくまとまっていると思いました。
反面、制作の方針が「ファンへのお礼」であったことがスタッフインタビューで語られているように、TV版を観ていない人にとっては断片的に挿入される回想シーンが解りにくく入り込みづらかったのかもしれません。やはりTV版を観てからのほうが良いと思います。
自分の場合、TV版を観て、劇場版にも満足できた上での評価です。

新作カットについては幼少期と、最終話の1年後の様子が描かれています。
めんまがなぜじんたんや超平和バスターズが大好きなのか、ずっとなかよしでいたいと願ったのかは、単に彼女が天真爛漫という理由だけではないことが読み取れ、
また、ANOHANA FESでの朗読劇をベースに、かつての仲を取り戻した5人の姿と絡みもあるので、おまけ感はなかったです。
変にドラマチックになっていない「ある一日」なところが、むしろ良いと思いました。

TV版ではちょっと切なく終わった感じでしたが、劇場版で前を向くことができるようになった登場人物たちを見ることで、どこかすっき
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック