劇場アニメーション『星を追う子ども』 [Blu-r... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

劇場アニメーション『星を追う子ども』 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.5 99件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,940
価格: ¥ 4,595 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,345 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,595より 中古品の出品:5¥ 2,180より コレクター商品の出品:1¥ 28,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で星を追う子どもを今すぐ観る ¥ 324 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 劇場アニメーション『星を追う子ども』 [Blu-ray]
  • +
  • 劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】
  • +
  • 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray]
総額: ¥13,594
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 金元寿子, 入野自由, 井上和彦
  • 監督: 新海誠
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: メディアファクトリー
  • 発売日 2011/11/25
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 99件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005GNQKHS
  • EAN: 4935228113576
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,437位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『秒速5センチメートル』の新海誠監督が贈るジュブナイルアニメ。少年・シュンに助けられた少女・アスナ、姿を消したシュンと瓜ふたつのシン、妻との再会を切望する教師・モリサキ。それぞれの想いを胸に秘め、3人は地下世界・アガルタに向かう。

内容(「Oricon」データベースより)

「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」の新海誠が贈る、本格ジュブナイル・アニメーション!地下世界アガルタから来たシュンと出会ったアスナ。心を通わせるも、シュンは姿を消してしまう。そしてアスナの前に現れたシュンと瓜二つのシン、妻との再会を切望する教師・モリサキ。それぞれの想いを胸に、3人はアガルタへと向かう─。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
正直、このレビューを書くつもりはなかった。というのも、秒速5センチメートルを見終わった後に、アマゾンレビューを訪れてみると、既に言いたいことがすべて書いてあったからだ。だから今回もそれを期待して来てみたら・・・・・・・まぁびっくり。どこを見てもジブリ、ジブリ、ジブリ・・・・・・。いや、人の感想にケチをつける気は全くないし、まぁそう思わせてしまうのも無理はないな、という点も多々あるし。ただ、こういう見方をした人間もいたんだよ、ということが言いたい気持ちで、今回レビューを投稿しました。
 
 まず各所で指摘されているジブリとの類似性について。これは、やはり場面描写のいたる所でみることができるし、監督自身も少なからず意識していたんじゃないかな?そういったことを考えてみると、確かにこの作品はジブリオマージュを多分に含んでいるといえる。作品のテーマをアバウトに考えてみても、「生きる」とか、そのあたりのことが挙げられるんじゃないかなと思うよ。そういうのは「もののけ姫」を筆頭にジブリアニメで何度も取り上げられてきたことだ。
 だけどオマージュはあくまでオマージュなのであり、そのこと自体が作品の方向性を定めるわけでは無い。僕はこの作品を見ながら、同時に歴代のジブリ作品との、特にもののけ姫との比較をしてみた。そこでまず思ったのは、主人公を通した我々観客の目線の方向性に違
...続きを読む ›
コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
新海誠作品に特有のむせ返るほどにリリカルなモノローグを抑えて真っ当に物語ろうとしてるけど、うーん、うまくいってないよなーこれは。人物造形を類型に頼りすぎて登場人物らの行動の動機の描写に厚みがなく、長尺の物語をひっぱる力に欠ける印象。新海誠作品は、短編のほうが光りやすいのかもしれない。

供物を捧げる場面の迷いのなさは、すごくよかった。新海誠らしい自己愛の表現で、しかも今回はそれを醜くみっともなく描いていて、思わずニヤニヤしてしまった。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
■概略
山間の田舎町で母と共に暮らす少女・アスナは、ある日父の形見である鉱石ラジオから不思議な歌が流れてくるのを耳にする。その数日後、山奥で熊のような怪物に襲われたところを地下世界アガルタから来たという少年・シュンに助けられる。アスナとは初対面のはずのシュンだが、彼は「ただ君に生きていてほしい。それだけでいいんだ。」という言葉を残し姿を消した。シュンの姿を探し彷徨うアスナの前にシュンと瓜二つの少年・シンと、10年前に亡くした妻との再開を切望しアガルタを目指す教師・モリサキが現れ、彼女たちは導かれるように地下世界へと降り立ち・・・

惹かれあう男女の心の距離を描いた「秒速5センチメートル」の新海誠監督が4年ぶりに繰り出す新作アニメーション。

■感想
※ここから先には激しいネタバレが含まれていますので、ご了承下さい。

この映画を見終わった後、いや見てる最中でも「これは本当に新海誠か?ジブリの間違いじゃないのか?」と本気疑うほどにジブリナイズされた映画でした。死者を蘇らせる秘術を隠した地下世界、そこから来た少年の影を追い冒険に出る少女、その秘術を得るためには手段を選ばない人間、そして外部からの侵入者を拒む神々。これまでの新海誠の作品とはずいぶん毛色の違う、ファンタジックで壮大なストーリーが特徴的です。
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
まず、風景があまりにも美しい。背景画を見るだけでも、このアニメを見る価値は十分にある。

宣伝文句によると、ジュブナイルアニメーション映画として10代が主なターゲットらしいが、現実世界の時代設定は1970年代の日本のどこかの田舎であるので、大部分の日本人の琴線に大いに触れる。10代から大人まで、否、すべての世代の日本人が楽しめる。欧米でいえば、米国人には合わないだろうが、欧州人には合いそうだ。

私の最も好きな映画である『風の谷のナウシカ』が随時思い出されるほどいろいろ似ている。実際に、随所に宮崎駿作品へのオマージュが散りばめられているそうだ。これをよしとすると否かは個人の趣向によるだろうが、あまりにも『風の谷のナウシカ』と似ている点が、私としては気になり過ぎた
(ちなみに、森崎の妻の声は、ナウシカの声をした島本須美だ。ナウシカの声をしたときは少女の声だったのに、もう中年の声になっていて「お互い年とった」などと余計なことを思ったが、演技のゆえだったのかもしれない)。

とてもいい作品と思うが、ちょっとテンポが遅く、その点がいらいらした。よく言えば、あまりにもテンポが遅いので、ストーリーよりも、美しい背景やいろんな小道具や、登場人物の微妙な表情などに却って気が行ってしまった。もちろん、それも新海誠がわざと意図したと
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック