数量:1
劇場ア&... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 冊子、ディスク、ケース、どれも状態は概ね良いです。こちらの商品はAmazon配送センターより迅速・丁寧に発送されます。(当店の商品にレンタルアッ プ品は一切ありませんのでご安心ください。冊子、ブックレット、特典等は、コンディション説明に記載が無い場合は付属していないものとお考え下さい。状態の良いものを販売しておりますが、中古品の為、ケースに小さな擦れや、ディスクに再生に影響の無い微量の薄 いキズ、指紋等ある場合があります。完璧な商品 をお求めの方は購入をお控え下さい)
買取サービス
最高買取価格

¥ 925
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,972
通常配送無料 詳細
発売元: エコ・ショップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 劇場アニメーション『星を追う子ども』 [Blu-ray]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

劇場アニメーション『星を追う子ども』 [Blu-ray]

94件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,940
価格: ¥ 4,973 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 967 (16%)
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,984より 中古品の出品:10¥ 2,200より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオ(デジタル動画配信サービス)で星を追う子どもを今すぐ観る ¥ 324 より

DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(9月30日まで)
その他のセール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1,000円以下ブルーレイ 1枚1,500円以下アニメBOXセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【50%OFFも】サマーセール開催中 ファッション、家電から食品まで「ほしい」が続々登場。 サマーセールをチェック。


よく一緒に購入されている商品

劇場アニメーション『星を追う子ども』 [Blu-ray] + 劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】 + 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray]
合計価格: ¥ 13,972

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 金元寿子, 入野自由, 井上和彦
  • 監督: 新海誠
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: メディアファクトリー
  • 発売日 2011/11/25
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (94件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B005GNQKHS
  • EAN: 4935228113576
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,149位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『秒速5センチメートル』の新海誠監督が贈るジュブナイルアニメ。少年・シュンに助けられた少女・アスナ、姿を消したシュンと瓜ふたつのシン、妻との再会を切望する教師・モリサキ。それぞれの想いを胸に秘め、3人は地下世界・アガルタに向かう。

内容(「Oricon」データベースより)

「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」の新海誠が贈る、本格ジュブナイル・アニメーション!地下世界アガルタから来たシュンと出会ったアスナ。心を通わせるも、シュンは姿を消してしまう。そしてアスナの前に現れたシュンと瓜二つのシン、妻との再会を切望する教師・モリサキ。それぞれの想いを胸に、3人はアガルタへと向かう─。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

161 人中、120人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 工文学 投稿日 2012/2/29
形式: DVD
正直、このレビューを書くつもりはなかった。というのも、秒速5センチメートルを見終わった後に、アマゾンレビューを訪れてみると、既に言いたいことがすべて書いてあったからだ。だから今回もそれを期待して来てみたら・・・・・・・まぁびっくり。どこを見てもジブリ、ジブリ、ジブリ・・・・・・。いや、人の感想にケチをつける気は全くないし、まぁそう思わせてしまうのも無理はないな、という点も多々あるし。ただ、こういう見方をした人間もいたんだよ、ということが言いたい気持ちで、今回レビューを投稿しました。
 
 まず各所で指摘されているジブリとの類似性について。これは、やはり場面描写のいたる所でみることができるし、監督自身も少なからず意識していたんじゃないかな?そういったことを考えてみると、確かにこの作品はジブリオマージュを多分に含んでいるといえる。作品のテーマをアバウトに考えてみても、「生きる」とか、そのあたりのことが挙げられるんじゃないかなと思うよ。そういうのは「もののけ姫」を筆頭にジブリアニメで何度も取り上げられてきたことだ。
 だけどオマージュはあくまでオマージュなのであり、そのこと自体が作品の方向性を定めるわけでは無い。僕はこの作品を見ながら、同時に歴代のジブリ作品との、特にもののけ姫との比較をしてみた。そこでまず思ったのは、主人公を通した我々観客の目線の方向性に違
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sry 投稿日 2012/9/17
形式: DVD
これまでの新海作品に感じた物がまったくない。
ジブリを目指したいのかもしれないが、五朗氏とは争えても駿氏にはほど遠い。
こんな物なら観たくなかった。
新海さんにしか作れないものを創って欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 蒜コ 投稿日 2013/6/28
形式: Blu-ray
新海誠作品に特有のむせ返るほどにリリカルなモノローグを抑えて真っ当に物語ろうとしてるけど、うーん、うまくいってないよなーこれは。人物造形を類型に頼りすぎて登場人物らの行動の動機の描写に厚みがなく、長尺の物語をひっぱる力に欠ける印象。新海誠作品は、短編のほうが光りやすいのかもしれない。

供物を捧げる場面の迷いのなさは、すごくよかった。新海誠らしい自己愛の表現で、しかも今回はそれを醜くみっともなく描いていて、思わずニヤニヤしてしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 トロイメライ 投稿日 2013/1/5
形式: DVD
絵作りやセリフまで 大丈夫かってくらいジブリで
なるべく自分の出来ない事はやらないで トレースした絵を美麗CGにしてた前作と比べたら 下手な部分は沢山ある
けれど 世界観 演出 はキチンと自分で感じて 自分で考え出された作品だ そこは裏切らなかった

出来合いの展開 出来合いの絵で 上手さばかりで目を惹く「製品」が溢れ 若干ウンザリな昨今
個人的には 響くものがあった 観て良かった と思えた

秒速の自己完結な終わりを観て もうやりたい事も無いだろう と 正直残念な気持ちになった けれど この作品を観て 今後に期待出来るんじゃないか と思った

戦闘シーンなども入れたいだろうけども 人材やお金が潤沢な大手がやり尽くしてる分野だから かないっこない…

自分の間口を失わないで 更に研ぎ澄ませたこの人の作品を観たい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: DVD
「さよなら」を知るための旅。主題歌のHello goodbye & helloには「君を好きになったときから始まっていたこの旅」。アスナが死という現実を受け止めていくとても長い旅。素敵でした。
旅の中で見たこともない「父」を森崎に重ねたり、森崎は自分の欲望のためにアスナを利用したり。ファンタジーの中にも人間臭い部分が沢山あってジュブナイルアニメーションだなぁと改めて感じました。また、「君に祝福をあげる」からの「喪失を抱えて生きる。それが人間に与えられた呪いであり祝福」で締める、伏線回収のような流れに身が震えました。

作品描写に関しては既に「日本の伝統的なアニメーションの表現技法を使用した」という新海さんの言葉を知っていたので、「あっ!ここラピュタ!」「ナウシカだ!」などと間違い探しのように見ていました(笑) ただそれは最初だけです。
中盤には既にのめり込んで、アガルタ世界の美しさや儚さに心打たれました。

最後に、「ほしのこえ」で出てきたアガルタでしたが、ここでもまた出てくるとは思わず、個人的に喜び、驚きました(笑) 主題歌が決まった経緯も大好きですし、何もかも素敵な映画でした。ただ、森崎がアガルタに残った理由も入れて欲しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック