Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
剣刻の銀乙女 (一迅社文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

剣刻の銀乙女 (一迅社文庫) [文庫]

手島 史詞 , 八坂 ミナト
5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 689 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

剣刻の銀乙女 (一迅社文庫) + 剣刻の銀乙女2 (一迅社文庫) + 剣刻の銀乙女3 (一迅社文庫)
合計価格: ¥ 2,067

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

数多の王、数多の国、数多の信仰が混在し、そして衝突した、統べる者なき時代―世界に魔神と呼ばれる存在が現れた。数多の王たちが戦いを挑んだが、いかなる剣も魔術も魔神の体に傷をつけることは叶わなかった。人々が絶望に沈みかけたそのとき、ひとりの賢者が現れこう言った。「魔神を斬ることができる剣がある。優れた技を持つ者がほしい。私についてくる者はいないか」剣は十二本あった。十二人の王はそれぞれもっとも優れた騎士を一人ずつ送った。選ばれた十二人の騎士と一人の賢者は魔神に挑み、そして見事討ち取った。後に賢者を王として十二の国は一つとなり、十二人の騎士は円卓の騎士と呼ばれ全ての騎士の手本となった―そして、ときは今に至る―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

手島/史詞
第19回ファンタジア長編小説大賞佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 317ページ
  • 出版社: 一迅社 (2012/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758043671
  • ISBN-13: 978-4758043670
  • 発売日: 2012/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 313,709位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 隠れた傑作 2013/1/2
Amazon.co.jpで購入済み
あー、おもしろいです。 最近一迅社の文庫は頑張ってるよねって感じがします。
表紙に惹かれたなら買って損はないと思います。 というかおすすめします。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 ヒロインの思考が理解できない 2014/2/27
ネタバレを含みます。
この本の世界では人間と魔人が互いに対立していて、ヒロインは魔人側の立場ある人間です。
現在の対立を憂いており、状況を改善しようと動いている筈ですが言動が今一つピンと来ません。
皆を笑顔にしたいと言って行動するものの、その割には笑顔を守る立場である筈の騎士にそんなつまらない事はやめたらどうだと言い放ったりします。
ただでさえ盛り上がりに乏しい展開にこの様なちぐはぐな言動を繰り返します。
この先、物語が進む事で成長していくのかも知れませんが、私は続編に手を出す気にはなれませんね。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By kyo
Amazon.co.jpで購入済み
ヒロインのエステルが奔放だけど突発エロイベントに耐性無くてすごく可愛い。

川口士さんが推薦コメント書いていたようだけど、
こっちの主人公も槍は神業レベルだが他は学業も剣もダメでラッキースケベとかどっかの魔弾の王みたいな主人公だ。
ヒロインに振り回されて頻繁に「〜だよね!?(泣」みたいな口調にさえ適応出来れば楽しめるのではないかと。

大規模な戦争、戦乱は無さそうなのが魔弾の王と戦姫とかとの違いかな
少なくとも表紙の絵が気に入ったなら絵買いしても良いレベルです。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 良質ファンタジー 2013/1/11
By 影夜
タイトル通り、良質なファンタジー作品です。

ヒロイン候補は3人で。

表紙の娘エステル。

妹のマナ(この巻では妹とだけしか無いが、後で義付きそう…)

黒髪のクールビューティ、ルチル。

剣刻と言われる、刻印を体に宿した人物を、殺したり。

その最後を看取ると、その刻印はソレをした人物に移動。

そして、その刻印には一種の魔法武器の様な物を呼び出せる作用があり…。

上記の通り、奪う事が出来るので、ひょんな事で手に入れた主人公は、疑心暗鬼に陥り、一刻も速く。

他者に譲渡(剣刻を持つ者になら、譲渡出来る)しようとするのですが…。

巻き込まれ。

最後には、決心を付けて、エステル、ルチアと共に魔物退治を行う様に。

知らずに買ったら、川口士(良質ファンタジーを書く方)が推薦コメントを書いて居たとは…。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 微妙なところで、★3つ 2013/2/22
Amazon.co.jpで購入済み
良いとも、悪いともいえず、無難な作品だったかと。
とくに読みにくい文体でもないのですが、私的に、ググッとくる展開がなかった感じです。
ちょっと次巻の購入は考えてしまう内容でした。

人によって違ってくるかもしれませんが、一度内容は確認したほうが安全かも。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xab2ff630)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック