Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
初音みっくす 01―メーカー非公式 (CR COMICS DX)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

初音みっくす 01―メーカー非公式 (CR COMICS DX) [コミック]

KEI
5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 756 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

初音みっくす 01―メーカー非公式 (CR COMICS DX) + メーカー非公式 初音みっくす2 (CR COMICS DX) + メーカー非公式 初音みっくす3 (CR COMICS DX)
合計価格: ¥ 2,268

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • コミック: 151ページ
  • 出版社: ジャイブ (2008/12)
  • ISBN-10: 4861765897
  • ISBN-13: 978-4861765896
  • 発売日: 2008/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
43 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 好きな人なら 2008/12/15
By kome
形式:コミック
このマンガは毎回登場人物の設定が異なった1話完結形式です。
登場キャラクターはある程度の指向性を持ってはいますが、話ごとに設定が変動します。
1話1話が短く、背景設定がほとんどないので、ある程度巷でのキャラクターの位置づけを知らないと、読んでいても良く分からないと思います。

公式イラストレーターである方が描いたというマンガということで、一つの話を大きくしてしまっては、キャラクターの方向づけをしかねないので、この形式にしたのはとてもよかったと思います。
作者であるKEIさんは相当苦労したことでしょう。

マンガ表現力としては元々漫画家さんではないので、それなりです。
少々コマの繋ぎがぎこちないところもあると感じました。
しかし、回を重ねるごとに上手くなって、読みやすくなっていると感じました。

話のネタはスラップスティックなドタバタコメディから、シリアスなストーリーまで様々です。
いずれもVOCALOIDという存在を意識した話なので、好きな人なら共感できる内容だと思います。

やはりKEIさんの描くミクは可愛く、それを見ているだけでも満足できます。
そして少々値段が張りますが、カラーページが多く、ミニ画集としての役割も果たすと思います
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
28 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 公式設定が無い強み 2008/12/10
形式:コミック
「非公式」とわざわざついているのは、初音ミクには公式設定がほとんど無くて、ユーザーが自由に解釈していいのが人気の一つの理由だから。パッケージを手がけたKEIが描いても、それは変わらないよという念押しと言うか。

それを意識してか毎回読みきり型で設定が違うから、ミクが人だったりソフトウェアだったり虫だったり(笑)なんでもありな分、作者すごく大変だったはず。後半になるとネタ切れ寸前?かとハラハラします(笑)

まるまる1冊KEIの絵が楽しめる。それだけで買い。ただし連載第1話「捨てみっくす」だけは、なぜか載っていない。なぜ?
VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 多方面からミクに迫ってます。 2008/12/22
形式:コミック
非公式。
キャラクターとしての初音ミクは公式設定の殆どない「器」であることを改めて確認したうえで、読み切り短編の集合になっています。絵はさすが公式のKEI氏、最後まで見応えありましたしカラーページも多目に収録。

漫画の内容自体はアンソロ本や同人誌で扱われそうなものを幅広く取り扱い、敢えて多角的視点からミク達を描こうとした感がある。正統派なものから、お遊び感溢れるものまで。MEIKOやKAITOも出演はあるが、名前が何故か伏せられているという面白い設定も。

余談ですがジャンル「初音ミク」で創作する場合、殆ど空の「器」をどう満たすかという大きすぎる過程が重りになることで、このような「サラッと触れた短編集」になりがちなのは必然なのだと言えるでしょう。

与えられたメディアの遊びだったり捻りだったり予定調和だったり差別化だったり、とにかく「裏切る二次元」にも嫌気がさし、ついに「画と設定」だけのキャラクターやその一歩手前な「擬人化」など、にはしりだす人々が増えている中、奇しくも初音ミクはその大きな一葉になってしまった末、こういった本も出たのだなと思いました。

堂々と「2巻」の存在を示唆してくれているので、楽しめた身としては期待して待たせていただきます。
このレビューは参考になりましたか?
27 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:コミック
最近の漫画のスタイルってやつかもしれないですし、KEIさんだからストーリーより絵中心でもミクファンなら買いだとおもいますが、自分が考えてたのとは全然違う組立て方というかとにかくストーリーより絵でみせるだけの「雰囲気漫画」なので、いわゆる漫画然な漫画としてはつまらなかったです。
というより最近の漫画ってこんなスタイルが多い気が。昔の4コマアンソロは絵はヘタでも「爆笑!」「痛快!」「深い!」てのが多かったですが、最近のは絵がうまくても昔よりストーリーが異常につまらない「雰囲気漫画」化してる気がします。一話読みきりですしKEIさんなので絵メインでも及第点ですが「○○がなければ××できない!」ってとこが少しシリアスだっただけで全体でグッとくる部分はほとんどなかったです。
あとセリフが全部フキダシでかいてないのでとにかく読みづらい・・・フキダシにセリフってスタイルも「古い」かもしれないですが、なんか中身がバラバラになってしまっててとにかく読みづらく、欠点を増幅させちゃってるとおもいます。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック