¥ 562
通常配送無料 詳細
11点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
冷静と&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫) 文庫 – 2001/9


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1
単行本
"もう一度試してください。"


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫) + 冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫) + きらきらひかる (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,577

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

穏やかな恋人と一緒に暮らす、静かで満ち足りた日々。これが私の本当の姿なのだろうか。誰もが羨む生活の中で、空いてしまった心の穴が埋まらない。10年前のあの雨の日に、失ってしまった何よりも大事な人、順正。熱く激しく思いをぶつけあった私と彼は、誰よりも理解しあえたはずだった。けれど今はこの想いすらも届かない―。永遠に忘れられない恋を女性の視点から綴る、赤の物語。

内容(「MARC」データベースより)

はかなくてせつない、永遠に忘れられぬ想い。江国香織が女の視点から、辻仁成は男の視点から紡いだ、かつてない共作恋愛小説。『月刊カドカワ』『feature』に連載された作品を加筆、訂正。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 275ページ
  • 出版社: 角川書店 (2001/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043480032
  • ISBN-13: 978-4043480036
  • 発売日: 2001/09
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 0.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (121件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 16,097位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

40 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2001/12/10
形式: 文庫
RossoとBluが、1つの恋愛に対して、それぞれ主人公のあおいと順正の側から書かれたものであり、2人が別れてから10年の時を過ごし再会するまでの出来事と心の動きが非常に繊細に描写されています。
日常生活のふとした事から、つらい別れ方をした恋人順正とのことを思い出しては考えるという、一見惨めにも見える繰り返しが疑似体験として理解できると思います。Rossoはあおいの現在のアメリカ人の恋人マーブとの生活が90%を占めていますが、彼女の思いの90%がマーブではなく順正にある点の描写がうまいと思います。一人の人をすごく愛したことのある人には、特に心に響く表現でいっぱいです。江國さんの繊細さにおどろかされます。あなたが女性なら、また、ストーリーをやきもきして読みたいなら、Rossoから読むことをお薦めします。Rossoを読んだらbluも読まないと損です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ココア 投稿日 2005/9/26
形式: 文庫
 赤を先に読み、どうして・・と非常に悔しく悲しい思いで胸がいっぱいになりました。でも、後から青のほうを読み、読破したときにはとても幸せな気持ちになりました。数年たった今でも、私のバイブルのような一冊です。何度も読み返しています。この本のことは、できれば誰にも教えず秘密にしたいくらいですが・・。
 しばらくしてからビデオも観ましたが・・、本でのイメージが強かったこともあり、少し物足りない印象でした。ビデオだと、時間が限られているため、本で書かれているようなゆるやかな生活の流れが表現しきれていない気がします。それがこの本の大きな魅力でもあるので、もったいないです・・。
 女性なら、アオイのような生活に一度は憧れるのではないでしょうか?完璧な恋人マーヴィンとの暮らし、かえるの広場での一人の時間、昔の恋人との純粋な約束・・・。
 この本を読んで初めて、本を読むときに、ページをめくるのがもったいない、先へ進みたいけど・・進みたくない、という気持ちになりました。大切な一冊になりますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 n村 投稿日 2005/6/29
形式: 文庫
人はどうしてこんなにも人を好きになれるのだろう。
満ち足りたミラノでの生活。完璧な恋人マーヴ。周りにいる仲間。何不自由ない暮らしの中で、葵は唯一、十年前に別れた順正のことだけが気になっていた。
葵は順正への思いを日に日に募らせていく。
人生というものは、その人のいる場所に作られるものだ。そして心というものは、その人のいたいと思う場所にあるものだ。
ミラノで暮らす葵、東京で暮らす順正。かつては一緒の暮らしていた二人だが、今はそれぞれ違った道を歩んでいる。お互いがそれぞれの場所で、それぞれの人生を送っている。しかし、葵と順正の心は、ある一点に集約されていく。
葵の三十歳の誕生日、フィレンツェのドゥオモ。
二人の再会の場面は思わず息を呑んでしまう。ドゥオモから眺めるフィレンツェの夕焼けの美しさと、人を愛するという美しさ。そして夕暮れの儚さと、人を愛する切なさ。
葵と順正の全てがそこにあったと思う。喜び、怒り、哀しみ、苦しみ。混沌とした全ての感情が二人を包んでいた。人を好きになることよりも大切な何かを、二人は感じ取っていたのかも知れない。
そして別れの時。
何事もなかったかのように、あっさりと、そしてごく自然に、二人は旅立っていった。その姿は、もう二度と会えなくてもいい、これだけ愛し合えたのだから、という甘美な穏やかさを感じずにはいられなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kyoko_yama 投稿日 2004/10/22
形式: 文庫
  昔の恋人を思って、思って、何もできず過ごして行く。ただ、おきまりのライフワークだけロボットのようにこなして。。心はどこを彷徨っているのだろうか。入浴の場面が印象的です。お湯に浸かっている時、少しだけ心が融けていくように感じられました。恋を失った人には、分かる思いでしょう。映画化されていますが、本の方がいいかも。
  辻仁成さんの方も読むと、女性と男性は、違う部分で恋するのかもしれないと思わせます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かぼすとみかん 投稿日 2005/12/14
形式: 文庫
ロッソとブリュ、二つの本で女視点、男視点で二人の愛と二人の生き方がかかれている。

私はブリュ(辻仁成著)から読みました。辻さんのかかれる主人公順正の視点はとても感情移入しやすく面白かったです。

ただその中で順正が思うあおい(ロッソ主人公)はとてもしっかりしていて、自分の気持ちを持つ強い女に思えました。(反面脆い部分もありましたがそれが余計に一人で生きる様を強くあらわしているようにも思えました)

それでいざ、ロッソを見てみるとミラノで出会ったアメリカ人と交際しています。

そこは勿論自分の道を歩くと決めたらなパートナーは必要だと思います。

しかし結局あおいも順正を忘れられないのですが・・

あおいのアメリカ人の恋人への接し方が正直ショックでした。

ブリュをみていたからこそがっかりしました。アメリカ人が可愛そうすぎます。

恋愛などでも人は成長するために色々な人と関わります。そして成長するのです。

しかし自己の成長のために周りの犠牲は許されるのでしょうか

そう思ってしまいました。恋愛をするからこそ避けて通れないこと。

忘れられない恋のために周りを傷つける
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック