Amazon Kindleでは、 冠絶の姫王と召喚騎士 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆カバーに若干のスレ・劣化があります☆除菌作業 を行い、迅速に発送致します☆付属品は別途記載ない場合は、付属しておりま せん。中古本のため、表紙が異なる場合があります。発送にはクロネコメール便、またはゆうメー ルを使用します☆万が一商品に不備があった場合 は、メールにてご連絡ください。対応させていただ きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

冠絶の姫王と召喚騎士 (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2012/9/20


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

「わたしは姫よ。そしてあなたは今日からわたしの家臣」高校生、盾町良護の前に突然現れたドレスをまとった少女、オリカ。彼女は十三人の姫による戦いが始まるため、良護と召喚騎士の契約を結ぼうとするのだが……。

内容(「BOOK」データベースより)

十年に一度、世界を統べる力を持つ十三の王家の中から真の姫、冠絶の姫王を決める戦い―冠姫聖戦。平穏な日常を求める高校生の盾町良護は、マカルイン家の姫、オリカに人違いで騎士の契約を結ばされてしまうのだが。「きなさい!わたしの召喚騎士!―って、どうしてわたしが武装されてるのよぉっ!?」なぜか姫であるオリカが騎士として召喚されてしまい、戦うことに。しかも彼女が強くなるためには…。「わたしの初めて、た、食べて?」良護を欲情させなければならず!?十三人の姫たちが相争う召喚バトルファンタジー。

登録情報

  • 文庫: 302ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2012/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829138068
  • ISBN-13: 978-4829138069
  • 発売日: 2012/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 378,729位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 記緑 投稿日 2013/2/19
形式: 文庫
ネタバレです。

主人公に想いを寄せている少女が色々あって敵にまわるんですが、
ほぼ99%告白同然の発言を受けながらも
「え? この女の子に好きな男がいたのか? 誰?」
とか主人公が鈍感発動した時点で壁に叩きつけました。

壁に叩きつけるまでが周ちゃんです。

あと、配役「ヒロイン」ってだけで、ヒロインに魅力を感じないのがどうにも……
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック