通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
再生 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 三姉妹書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品は中古品の為小さな破れ、焼け、折れ、汚れ、使用感ある場合がございます。一品一品検品し, amazonコンディションガイドに基づきコンディションを決定しております。迅速かつ丁寧な発送を心掛けお客様にお届け致します 。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

再生 単行本 – 2010/9

5つ星のうち 5 6件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 974

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 再生
  • +
  • 歴史の十字路に立って
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

目が見えず、耳も聴こえない。おしよせる孤独と絶望、あるいは自殺―。実話に基づいた、感動の再生のものがたり。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石原/愼太郎
1932年、神戸市生れ。一橋大学在学中の1955年に「太陽の季節」で衝撃的なデビュー。翌年、芥川賞を受賞。その後「化石の森」「生還」など数多くの作品を執筆する一方、1968年に参議院議員に当選。後、衆議院に移り環境庁長官、運輸大臣などを歴任。1995年、勤続二十五年を機に国会議員を辞職。1999年、東京都知事に当選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 153ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163295305
  • ISBN-13: 978-4163295305
  • 発売日: 2010/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 156,075位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 これから書くこの本の紹介は、800字以内ではとても書き尽くせません。少し長くなりますが、我慢して読んで下さい。そして一人でも多くの方がこの本を読んでくれたらよいと思っています。

 失礼な言い方ながら、作者名を伏せてこの本を読んだならば、これが石原慎太郎氏の著作だとは思えないのではないだろうか。自分の意見を主張するあまりに強い口調で人を批難したり、時には独断専行との批判を免れない石原さんがこのような本を書くなんて、、、、、、。しかし、そのような行為が感受性や正義感の強い故に発せられているのであれば(私はそう思っているが)、そういう人は、障害者の内なる感情を汲み取る気持ちも人一倍強いのではないか、と思うのである。更に、石原さんは身障者の福祉にも眼を配らなければならない、行政の長でもある。

 さて、この本は原因不明の疾病で四歳の頃から右目が見えなくなり、中学生になる前に全盲となり、更に右耳が聞こえなくなって、高校生になる頃には完全な聾となった人の話である。ここまで追い詰められると自殺を考えてもおかしくないような運命であるが、彼はその時の心境を次のように語っている、「〜その気になればいつでも簡単に死ぬことは出来る、でもその前に、この自分が最後の聴力を失ってしまったとしてもその先に何があるのだろうか、必ず何かがあるはずだという気がしていました。−
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
昨今流行の小説は、ミステリーをはじめとする「謎解き」に凝ったものや浅薄な時代小説などが、
主流となっているようだ。純文学といわれている分野においてさえも、人間の本質に迫る
問題提起を突きつける作品は、実に希少なものとなってしまった感がある。
読者はただ「川柳」でも楽しむかのように文学作品を求めているように見える。
いや、文学作品を求めずに、小説を楽しみたいだけなのかもしれない。
そうであるなら、いずれ文学は衰退し消滅するだろう。
そこに残るのは、ただ売れ筋の読み物だけである。
文学に求める読者にとっての文学的体験とは、いったい何なのだろうか。

客観的にどのような好条件下に生きようとも、だれしも人は自分では
どうすることもできないような苦しみや不安、孤独感にさいなまれるものだ。
それは、まるで人間としての条件であるかのようだ。
それを「不条理」と表現しても良い。
そのような現実に遭遇したときに、どう生きるのか。
そこに、文学者の役割があるのではないか。

石原慎太郎文学の筆の矛先は、常に、敵対する得体の知れない何ものかに向けられていた。
不条理への反抗と言ってもよい。
この意味からすれば、石原が『再生』の
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
石原さん、凄過ぎる。僕はこの本を未だ最後まで読んでおりません。もう涙が止まらない。まるでビル・エバンスのピアノ演奏のような繊細で簡単に壊れそうな硝子細工のような文章と障害者の心、号泣してしまいます。多くの方にこの本を読んで欲しい。
そして現代社会の喧噪の中でとかく忘れがちないろいろな面での優しい心を取り戻すきっかけとなる至宝の名著です。石原さんってこんな表現も出来るなんて。

生きるということの意味を改めて考えさせられた、深い本です。絶望のどん底の世界から這い上がろうとする障害者の勇気、それと思いやりと優しさが本当に大切だということを再認識させられます。多くの方に読んで頂きたい本です。有り難うございました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック