Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
共生の大地―新しい経済がはじまる (岩波新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

共生の大地―新しい経済がはじまる (岩波新書) [新書]

内橋 克人
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 842 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

共生の大地―新しい経済がはじまる (岩波新書) + 共生経済が始まる―人間復興の社会を求めて (朝日文庫) + もうひとつの日本は可能だ (文春文庫)
合計価格: ¥ 2,098

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

多元的産業社会が迫っている.円高に揺さぶられ,低迷をつづける日本経済.そのなかでベンチャー,中小企業,市民事業が新たな質の活動を始めている.環境負荷ゼロ,エネルギー自給,途上国との共生などの夢あふれる目標実現のために活動する人々.たちはだかる行政の壁.現場取材にもとづき,新経済システムへの胎動を生き生きと描く.

内容(「BOOK」データベースより)

多元的産業社会が迫っている。円高に揺さぶられ、低迷をつづける日本経済。そのなかでベンチャー、中小企業、市民事業が新たな質の活動を始めている。環境負荷ゼロ、エネルギー自給、途上国との共生などの夢あふれる目標実現のために活動する人々。たちはだかる行政の壁。現場取材にもとづき、新経済システムへの胎動を生き生きと描く。

登録情報

  • 新書: 259ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1995/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004303818
  • ISBN-13: 978-4004303817
  • 発売日: 1995/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 292,429位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 地方・農業・老人こそ、国の宝! 2007/2/25
形式:新書
小泉政権以降の格差社会を予測していたかのような論評であり、再生可能なエネルギーの在り方、地方の経済の在り方が説かれている。地方における過疎問題を研究しようとしている私にとって基礎知識を提供してくれた著書である。
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 心ある経済学者の視座に感銘 2008/6/4
形式:新書
学生時代に本書を読みましたが、今でも尚、
多くの示唆を与えてくれる名著だと思います。

著者は、人間にとって本当に大切な価値とは何か?を
語る事の出来る唯一の「心ある」経済学者です。

今、日本は既に大量生産・大量消費の限界を迎えて、
原油高騰を受け、ますます経済力が衰退する中で、
今後、何を目指して進めば良いか、といえば、
身の丈に合った活動と質の向上、エネルギーの自給自足等、
それは「共生の大地」に他ならないのではないでしょうか?

その実現のために、私達はどうすべきか、
それが著者から次世代に課された宿題のように思います。
欲を言えば、是非、本書の続編を出していただいて、
もっと示唆をいただきたいのですが…。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書|Amazonで購入
本書は阪神淡路大震災のあった1995年の著作で、著者の生家も被害に遭った中で出版された。著者は神戸市の出身で、神戸新聞の記者を経て経済評論をされて来たが、下層の一般市民に共感を持ちながら、其処からの評論や提言をされて来た。早くから原子力発電や市場原理主義の金融経済の危険性を指摘して警告を発して来たり、再生可能エネルギーの提案等をして先見の明があった。「共生」の上では昨今の格差の極端な広がりは起こらないもので、全ての人が貧しくなく必要最低限の生活が保障される社会の存在で成立するものである。生活協同組合(生協)を始めとした、農協、漁協、労働者協同組合等の協同組合は、一般市民が組合員となって資本を出資し、又、経営と労働も一体となった組織である。其の組織内で組合員が食料等の生活物資を生産し、其れを販売して組合員等が購買する。又、自然環境に負荷を掛けない再生可能エネルギー関連事業や、介護や子育て等の福祉・医療関連事業等も組合内、或いは組合外で連携をして、雇用の創出、ベンチャー企業やNGO (非政府組織)、NPO(非営利組織)等の起業、3R(リデュース、リユース、リサイクル)での物や資材、資源の循環、また人やお金等の資本の、其の組織や地域内での循環による「共生」の成立した状態がある。そして、其の循環からは廃棄物が出ない「ゼロ・エミッション」が可能となる。其れにより、自然環境を破壊せず、資源を減... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 共生社会 2014/3/17
By フィラデルフィアン VINE メンバー
形式:新書
経済評論家の書いた本です。少し難しいかも知れませんが、読み進めていくうちに何が言いたいのか徐々にわかってくると思います。資本主義的でもなく、社会主義的でもない、真に人々のための社会の実現の可能性の芽について、実例を挙げて、示しています。これを読むと、これからの社会のあるべき姿が、見えてくるような気がします。地方の過疎化問題、環境問題、途上国問題、労働問題などの解決のヒントが詰まっているように思いました。書かれたのは、随分前ですが、今でも通用するような内容」があると思いました。人文科学も進んでいるんだなあと明るい気持ちになりました。
このレビューは参考になりましたか?
形式:新書
もう15年も前に書かれた著書ですが古さを感じません(日本は進歩していないので)。代替エネルギーとか新エネルギーに着目しています。地方を見つめる「プロジェクトX」という感じでした。数ページで1話完結なので読みやすいです(新聞のコラムをまとめたモノなので)
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック