Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ジサツのための101の方法
  

ジサツのための101の方法 [アダルト]

公爵
Windows
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


2週間以内にリリースしたタイトル
「戦国ランス 廉価版 」ほか。 いますぐチェック
アダルト商品につき18歳未満の方は購入できません。
商品は外から見えないよう厳重に梱包してお届けします。詳しくはこちら


キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: CD-ROM
  • 商品の数量: 1

この商品を見た後に買っているのは?


製品概要・仕様

  • 登場人物たちが精神的に追い込まれていく18禁妄想心理ノベル

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows98/Me/2000 Professional/2000 Server
  • CPU: Pentium II 233以上
  • メモリ: 48MB以上
  • HDD: 350MB以上の空き容量
  • メディア: CD-ROM
  • モニタ:640×480(VGA)、HighColor以上 ビデオカード:DirectXに対応のもの サウンド:DirectSoundに対応したCD-DAが再生可能な環境 他DirectX 7.0以降が必要

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000065D67
  • 発売日: 2001/10/5
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:

商品の説明

登場人物たちが精神的に追い込まれていく18禁妄想心理アドベンチャーゲーム。主人公は正体の分からないノイズを聞き、やがてノイズの中で「妄想」と「現実」、「生」と「死」の間に挟まれ、揺れ動かされ、その判別もあやふやになり、そして自らの「現実に生きている」を求めるに至る。兄に隠し事のある義妹、アクイティブな幼なじみ、かわいい外見とは正反対に冷めた美少女、オカルトな行動に走る不思議な同級生、大人の魅力を振りまく美しい女教師、いろいろと噂のある男子生徒など個性あふれるキャラクターたちが、ストレスを抱え、圧迫され精神的に追い込まれていく。原画を貴森裕友、シナリオを山田おろちが担当。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 電波がキュラキュラ出てる 2006/5/15
投稿者 まれびと
公爵最初にして最後のゲーム。
内容は紹介のとおりの、全編が欝で狂気なお話。

雰囲気を共有する作品としては、夢野久作「ドグラマグラ」、大槻ケンヂの詞や小説、「無限のリヴァイアス」、「雫」などでしょうか。

 何しろテキストが秀逸です。狂気と正気の狭間を揺らぐ様が、切実に伝わってきます。
主人公が味わう、リアルと妄想が混濁していき
世界の境界線が崩壊していく過程を共に味わうことができます。

ただ、まあ予想のとおり、誰にでも面白いものでは絶対にありません。
CGやシステムも、一昔前のそれなので、抵抗がある人も多いでしょう。
しかし、世界とは…独我論とは…云々などと、グダグダ妄想するのが
好きな人には、ぜひプレイしていただきたい。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 三大電波ゲーの中で一番電波 2010/12/5
投稿者  虎菱
高いお金を出して、いざプレイしてみたが
うーん値段ほどやる価値がないような
でもまあ、プレミアつく理由もわかる。
タイトルはあれだが、内容は感傷に浸ってる暇があるなら、
光と共に歩けっていう希望のあるお話。
山田おろちさんのテキストやyet11さんのbgmはすばらしい
opのヒカリは名曲

第二作の末期、少女病もやりたかったな―
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 最高っ!! 2011/9/4
投稿者 パセリ
私の宝物です。
立絵が無く、黒い背景に白い文字が書かれているのが多いです。しかし、これを手抜きとみるか、雰囲気にあった発想と考えるかは人によります。
CGは見る価値大です。CGをあえて、塗り絵のようにすることで、作品のテーマを引き立てていると思います。おそらく、今後、このようなCGのエロゲは制作されないと思います。
シナリオは難解なため、何回読んでも飽きません。読み手を引き付けます。
カンナルートが特に素晴らしいです(ちなみに、植物のカンナの、花言葉は「妄想」)。また、菜種の虐待シーンの後の「買える分の切符をください」は、切な過ぎて泣きそうになりました。
BGMは、とても良いです。声が無いですが、声無しの方が良いです。このゲームのセリフを担当できる声優はいないでしょう。
音楽は、狂気を表すOPと打って変わり、EDは爽やかです。OPは見る価値あります。

終盤に、生きている実感が無く、迷い続けている主人公を救ったのは、決して、強くもない美しくもない、一人の生身の少女だったのは良かったです。
ヒロイン達は、過去に援助交際や火傷・恋人の死など、決して、消すことができない暗い過去があります。ヒロイン達は迷い続けています。「光と共に歩め」と、最後に救くわれるシーンは、心が温かくなります。た
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?

関連商品を探す