この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

公卿補任年表 単行本 – 1991/6

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,000

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

『公卿補任』(国史大系)の記事にもとづき、大宝元年(701)から承久3年(1221)までの公卿の官職の移動を、一目でわかるように年表化。視覚的にとらえうるように3色刷にした。古代史・中世史専攻の大学生や研究者にとって貴重で、便利な年表。

内容(「BOOK」データベースより)

この年表は、新訂増補国史大系の『公卿補任』の記事にしたがって、大宝元年(701)から承久3年(1221)までを対象として作成した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 67ページ
  • 出版社: 山川出版社 (1991/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4634602709
  • ISBN-13: 978-4634602700
  • 発売日: 1991/06
  • 商品パッケージの寸法: 25.2 x 18.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,002,515位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
承久の乱までの公卿補任の内容をグラフ化したものです。今となってはなつかしいクラリス社のマック・ドローを使って作成されています。
公卿各自の昇進スピードの違いを視覚的に理解することができて便利です。ただし、兼官や位、また非参議公卿などの情報はほとんど書かれていませんので、詳しい情報は公卿補任本編や尊卑分脈で確認する必要があります。年表48ページ、索引18ページと薄いので、持ち運びにも便利です。とにかくクロノロジカルに公卿の昇進過程を把握したい方にお勧めです。
若干の間違いがあるので星は4つです。以下に正誤を記します。

1. 本文p.38, 藤原為房が藤原氏以外を示すオレンジ色のグラフになっているが、正しくは藤色。
2. 本文p.47, 藤原道家が権大納言直任であるかのような表記だが、元久2年3月任権中納言。(言わずと知れた九条道家)
3. 総索引p.8, 藤原公氏:(誤)隆忠の三男。→(正)実房の三男 <公氏は後の正親町三条家の始祖に当たる>。
4. 総索引p.9, 藤原実氏:(誤)嘉禎2年左大臣辞退。→(正)嘉禎2年右大臣辞退。寛元4年2月任太政大臣、12月上表。
5. 総索引p.10, 藤原忠経:(誤)実房の長男。→(正)兼雅 「花山院家」の長男。

*補足:
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
国史大系で調べていたものよりも、はるかに簡便で一瞥可能でとてもいい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック