この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

公使閣下の秘密外交 (HertZシリーズ(19)) コミック – 2006/12/27


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック, 2006/12/27
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック
  • 出版社: 大洋図書 (2006/12/27)
  • ISBN-10: 481305045X
  • ISBN-13: 978-4813050452
  • 発売日: 2006/12/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 soluna* 投稿日 2007/2/14
やっぱり新田さんという感じ。

個人的に画風は苦手なのだが、プロットはしっかりとしているし見せ方も巧い。

彼女のパターンは年下ががっつくというのが多い気がするが、そのがっつき方が嫌味ではない。

感情移入がし易くマンガとして愉しめるレベルなので、その点では安心して読める。

公使というお堅い仕事にトラウマを絡めることで(王道ではあるが笑)、その落差がやはりソソる。

人間関係も複雑かつドロドロしていて、それぞれに人生やら責任やらをきちんと背負わせているところがいい。

装丁が非常に凝っていて美しい。直接的に内容には関係ないが、こういうこだわり方は嫌いではない。

デザインも作品の一部として、完成度を高める効果を出している。

兄弟モノはあまり好きではないが、展開が非常に気になるところではある(笑

ビブロス時代からコンスタントに描いていて、これだけの高いクオリティーをキープしているのは、

新田さんくらいではないだろうか。

あとは個人的な好みに傾く部分が大きいだろうと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 メリル柳川鍋 投稿日 2007/1/1
この方の作品を読み続けていますが、あの岩城さんを超えるつやっぽいキャラクターが出てくるとは!閣下はクールで端正な顔に泣きボクロ、性格は策士系とツボにはまります。部下兼婚約者の弟とのやりとりも、画面で楽しませてくれます。珍しく女性キャラクターがきれいで扱いも面白くなりそう。敢えて重箱の隅つつきするなら、セリフで駒は指すか、置くがいいのでは。続きが気になる作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ポプリカ 投稿日 2006/12/31
外交官というと一般市民にはなかなか知ることのない世界なんですが、良くぞ描いてくれました新田さん。
主人公の外交官、吉永公使閣下はページが進むごとにどんどん魅力的になっていき、閣下の未来の嫁の弟、智宏くんともどもすっかり虜になってしまいました。
普段は身形も態度にも隙のない怜悧な公使閣下も、ベッドの中では髪の乱れも気にせずに切なく気高く喘いで……。もちろんそんなときにも駆け引きは忘れない閣下でした。
秘密のベールに包まれた外交官の世界を舞台にしたこの作品、続刊も決定しているそうで、今後の閣下のご活躍と智宏くんの成長ぶりが楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 雪月花 VINE メンバー 投稿日 2008/7/4
本体にカラー絵があって、本体に透明のカバー。
なんて豪華な装丁なんだ!!

この外交官である吉永公使のクールでストイックな年上美形キャラが
「受」という設定もたまらん。

んで、話も非常に面白い。
「会話のかけひき」、「セリフ回し」、「話の展開のさせ方」が非常に上手い。
それにBLで、世界情勢が学べるとは思わなかったです。
今の日本の世界的立場とか、そういう事に興味がない世代にも読んで欲しい。

次巻で吉永公使の過去(幼少の頃)も明らかにされるのかな?
楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハニャ58 投稿日 2007/9/27
公使閣下の年上受けも萌えポイント高いですが、義理の兄弟の関係ってのもかなり萌えツボなんです♪
実の姉の婚約者と弟がデキてしまう!!
しかも婚約者の公使閣下はすこぶるストイックのいい男!!
たまらないです!!
最高美味しい新鮮な上物です!!
新田先生お得意の、こういう大人なBLラブは、本当にうまいと思いますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tatsuki* 投稿日 2007/1/5
実は私、「春抱き」が好きすぎて新田センセの他の作品が読めない、みたいなところがあります。

この作品も、公使閣下がどうしても岩城さんが演じているキャラのように見えてしまう。

もちろん、岩城さんならこう演じるかも・・・とか。

野望も才能もあるエリート外交官の顔と艶っぽく乱れる顔とのギャップがとても魅力的な公使閣下です。まだ、続きを描くようなので連載は一切読まないで次の巻が出るのをゆっくりと待ちたいと思います。

本の装丁もとてもステキで透明なプラスチックのカバーと綺麗な表紙の絵がなんだか高級感があって好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yokodo 投稿日 2008/6/7
他の方も書いておられる通り、吉永公使の目力にやられました。
あんなひとにチューされたら、男でも女でも落ちるしかないでしょう。しかも頭も顔も絶品。新田祐克さんの作品は「春を抱いていた」から読んでいますが、メガネキャラでこれほど性悪な知性ある男が出るとは思わなかった。初めて義弟になる智宏を誘ったときの顔も凄いけれど、それよりも抱かれているときに薄目を開けて相手を見ている様がたまりません。
繊細ゆえに人を容易に受け入れられないのは、春抱きの岩城さんだけじゃなかった・・・むしろ智宏の内面に「愛ゆえの黒さ」を感じます。愛って守るだけではだめなのかもね。何度も噛みしめるように読めば読むほどはまります。智宏、もっと攻めろ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック