Amazon Kindleでは、 僕は友達が少ない 9<僕は友達が少ない> (MF文庫J) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
僕は友&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕は友達が少ない 9 (MF文庫J) 文庫 – 2013/8/27

92件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

Prime限定ポイント
Amazonプライム・Amazonファミリー・Amazon Student会員なら、この商品は+3%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
AmazonStudent
さらに、Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

僕は友達が少ない 9 (MF文庫J) + 僕は友達が少ない 10 (MF文庫J) + 僕は友達が少ない 8 (MF文庫J)
合計価格: ¥ 1,878
ポイントの合計:  57pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

冬の日の夕暮れ。友達との本気のぶつかり合いによって前に進むことを決意した羽瀬川小鷹は、逃げ出してしまった告白の返事をする。それと時を同じくして、三日月夜空から隣人部の部員たちに一通のメールが届くのだが…。新たな局面を迎えた隣人部は、生徒会と共にスキー研修で宿泊する旅館の下見(という名目の慰安旅行)に行くことになる。小鷹の迷走によって結果的にもたらされた“外側のコミュニティ”との交流は、どんな化学反応を引き起こすのか?大人気シリーズ第十弾、複雑な人間模様の織り成す残念な恋と笑顔の物語、開幕!ポロリもあるよ!

登録情報

  • 文庫: 263ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2013/8/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840151296
  • ISBN-13: 978-4840151290
  • 発売日: 2013/8/27
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (92件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,825位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

25 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たんたらー 投稿日 2013/11/2
形式: 文庫
以下ネタバレがあります。

タイトルどおり、私は主人公が誰を選択しようと(あるいは選択しまいと)構わないのですが
それには話の流れに沿った必然性があってほしいと思っています。

星奈への告白の返答で、主人公の気持ちが明らかになってしまいましたが、
私個人としてはこれまでの流れで主人公がハッキリと好きだと言い切れるほど
気持ちが傾いていたようには思えませんでした。

星奈とはお泊りやデートなどそれなりにイベントはこなしていましたが、
夜空や理科、幸村とくらべると本当にただのイベントといった印象です。

あえてギャルゲ脳やエロゲ脳的に言うなら、
「恋愛シミュレーション」的にイベントをこなしていたのは星奈ですが
「恋愛アドベンチャー」的にイベントをこなしていたのは夜空たちだった、というように私には見えました。

もし、このまま主人公の気持ちが星奈に傾いたまま終わるのでは夜空たちはなんだったのだろう、という気がしますし
星奈から別の子に移るのならば、星奈がただの当て馬として終わってしまうのではないかという気がしてなりません。

ここからの巻き返しに期待します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
116 人中、81人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 フェニックス 投稿日 2013/8/28
形式: 文庫
8巻発売からかなり経っての9巻発売。
楽しみにしてた人も多いだろうが個人的には残念すぎる出来だった。
「残念系」ラノベをアピールしてる本作だが、そのままの意味で残念だった。

まず目を引くのが、執拗なまでのエロのごり押し。
冒頭のカラー挿絵はほぼ全てエロ。(新キャラのいきなりのエロ挿絵)
本編中の挿絵の半数がエロ。(夜空・理科の全裸、理科の疑似●●●etc)
星奈への下品としか言えないエロ混じりの告白。
夜空との自宅でのエロ再会。
夜空の部室復帰後のほぼ全員でのエロ会話。
そこで暴露される夜空の●●行為。
ゲームでの小鷹の「賢者」スキル
幸村のゲーム中の衣装や温泉旅行の卓球時のうんたら。
ラストの理科との混浴イベント。

エロだけで成り立っているといっても過言ではない酷い内容。
夜空の●●行為とか「引いた」というのが正直な感想だ。
誰が他人の家で●●行為に及ぶ者がいるというのか。
元々痛いキャラではあったのだがもはや正気の沙汰ではないと思う。
また、彼らが途中でするゲームで小鷹は「賢者」になるのだが、これが戦闘キャラとしての賢者ではなく
●●行為の後の「賢者」だった。いわゆるネットスラ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2013/9/3
形式: 文庫 Amazonで購入
「あは・・全部なくなっちゃた」というのは小説中の夜空のセリフですが
この巻の話の本質をついています。ぶっちゃけ前の第8巻の頃から、「はがない」
の面白さがなくなりつつあったんですが、この巻ではさらにそれが進んでいます。
「はがない」とはそもそもどういう話なのか?ラブコメか?青春群像劇なのか?
それともドロドロした恋愛モノなのか?そのあたりが何とも中途半端な展開に
なってきました。特にひどくなったのが主人公?小鷹のヘタレぶり。
初期はそれなりにヘタレに見えてもやる時はやる的な存在感があったんですが
それが完全に無くなりつつあります。小鷹の「なんだって?」という台詞はラブコメ的
な展開では邪魔どころか不可欠な小道具だと思うんですが、それを作者が排除しようとしている
ところに作者の一種の迷いが見えてきます。今後どういう展開になるかわかりませんが
今の状態では次の巻にはもう期待できませんね。ブリキ氏復活の挿絵は相変らず
いいです。お話だけなら星一つなんですが、そこら辺を考えて星は二つとします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 akirayamamoto 投稿日 2013/8/27
形式: 文庫
久しぶりの「はがない」本編。
さて、いかがなものか…
と読み始めたが、雰囲気はいつもの「はがない」だった。
作者の好きな言葉でいうと、作風は「揺ぎ無かった」になるだろう。

星奈の告白、小鷹の逃亡、夜空の失踪…
そして、理科と友達になった前巻の続きなのだが、
小鷹は星奈に対して、答えをだす事になる。
隣人部の存亡と星奈への想いを天秤にかけた答えとは…

そして、星奈だけではなく、小鷹の口から幸村、夜空に対する想いも語られる。
つまり、これまで主人公であり、語り部であった小鷹自身の気持ちが、
やっと明らかになるのだ。(物語最後で理科への想いも口にする。)
このあたりの描写は、正に「はがない」らしく、楽しく読む事ができた。
(しかし、各ヒロインに対する小鷹の想いが、読者である私と全く一緒なのは、
 小鷹が語り部であったせいだろうか?
 この辺りは、他のレビューアーの方の意見も聞いてみたいものだ。)

物語は、いままでは小鷹を中心として進んできたが、
この巻より少々方向が変わってくる。
小鷹対各ヒロインではなく、夜空対小鳩、理科対幸村等々、
ヒロイン間の関係や感情の対立を描くように
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック