通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
僕は友達が少ない ゆにばーす2 (MF文庫J) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕は友達が少ない ゆにばーす2 (MF文庫J) 文庫 – 2013/2/22

5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕は友達が少ない ゆにばーす2 (MF文庫J)
  • +
  • 僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)
  • +
  • 僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

あの『僕は友達が少ない ゆにばーす』が、さらにパワーアップして帰ってきた! ・アサウラ(集英社スーパーダッシュ文庫『ベン・トー』他) ・あさのハジメ(MF文庫J『まよチキ! 』他) ・岩波零(MF文庫J『そんな遊びはいけません! 』他) ・白鳥士郎(GA文庫『のうりん』他) ・鏡貴也(ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ』他)などなど、豪華執筆陣が集結! さらに原作者・平坂読の幻の短編も収録……!? ここだけでしか読めない、爆笑必至の残念アンソロジー第2弾!

内容(「BOOK」データベースより)

あの『僕は友達が少ないゆにばーす』が、さらにパワーアップして帰ってきた!アサウラ(集英社スーパーダッシュ文庫『ベン・トー』他)、あさのハジメ(MF文庫J『まよチキ!』他)、岩波零(MF文庫J『そんな遊びはいけません!』他)、白鳥士郎(GA文庫『のうりん』他)、鏡貴也(ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ』他)などなど、豪華執筆陣が集結!さらに原作者・平坂読の幻の短編も収録…!?ここだけでしか読めない、爆笑必至の残念アンソロジー第2弾。


登録情報

  • 文庫: 255ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2013/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840149828
  • ISBN-13: 978-4840149822
  • 発売日: 2013/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ゆにばーす1巻では、比較的原作を守った感じでの作風が多く見受けられましたが、
2巻ではどちらかというと同人誌に近いノリ、というイメージでした。
各作家らしい話の構成で作品を繰り広げています。

ですので基本的に、本作を購入する場合「他の作家が書いた原作外伝」というより、「商業同人誌」を購入すると
考える方が個人的にはしっくりくる印象です。

個人的にはそれなりに楽しむことが出来ましたが、ちょっと1巻と毛色が違いすぎて人によっては受け入れがたい。
そんな部分も少なからずあったため、あまり(商業作品としては)高評価出来るものではないと思います。

ただ、前述のことをスッパリ受け入れらる方であれば、外伝として十分楽しめるのではないでしょうか。
もちろん、作家の好き好きがあるので、そこも読み手側に依存される評価部分になっちゃいますけども。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ゆにばーす一冊目と同じ内容を期待して購入しましたが、予想と違う内容で少しがっかりしました
端的に違いが表れていたのは短編一つ目、アサウラ先生が書いたもの、あまりに唐突にはがないで登場したことがないキャラが出てきた目が点になりました。実は彼ら、アサウラ先生の著作ベン・トーの登場人物とのこと。コラボするのは作者だけでキャラがクロスオーバーするとは聞いてないんですが・・・
他の短編も一冊目と比べるとノリが本家と大きくかい離している感があり、他作者が自分の作品でやっていることをキャラだけはがないに置き換えたものが大半です。作者欄に書かれた人たちがどんな作品を書いているか知っていて、かつその作品を好きでないと半分以上読めないなんて事態になるかも。
ゆにばーす一冊目よりは昔ファミ通文庫でやった「文学少女はガーゴイルとバカの階段を昇る」に近い内容。作者欄に書かれた人はみんな好きだという方なら一読の価値があるかもしれません
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作はアンソロジーの短編集である。
よって、作品の世界観が崩れるだの、キャラに違和感を覚えるだの…
などと文句を言ってはいけない。
それぞれの作家が如何に「はがない」を料理するのかを楽しむのが、
本巻なのではあるが…

第1話「鳥と豚」アサウラ著  ★
 小鷹がオタク3人組と出会うという話。
 ……つまらん
 この話は一体何を読者に語りかけたいのか意味不明。
 ギャグも無ければ、萌えもなし。 

第2話「俺たちにはまだちょっとレベルが高い」あさのハジメ著 ★★
 隣人部メンバーでボーリングを行うという話。
 メインは星奈と夜空の対決。
 …おもしろくない。
 面白いオチもなければ、話の過程もつまらなかった。
  
第3話「理科のせいで俺の様子がおかしい」岩波零著 ★★★★
 理科が惚れ薬(香水)を作って、小鷹に迫るという話。
 …やっと、面白くなってきた。
 「はがない」の過激なドタバタ感があふれている。
 ニヤニヤしながら読めるなかなかの作品になっている。
 
第4話「部長選挙」白鳥士郎著  ★★★★★+★ 
 隣人部の部長の選挙をす
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
それぞれの先生方の個性が出てて読んでいて面白いところもあったが、自分的には特にこれと言って楽しんで読める話が無かった。とりあえず、何でも下ネタに持って行けばいいってもんじゃない!!と叫びたくなりました。笑
個人の感想なので悪しからず。次のアンソロジーが出ても買おうか迷ってしまうくらい期待はずれというか残念でした。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
……と読了しての感想です。何というか……『はがない』じゃないコレジャナイ感がかなり漂っています。
他のレビュアー様も書かれていますが、どうも『はがない』の世界観或いは設定を蔑ろにしているような気がします……とまでは言い過ぎですが、上っ面だけ『はがない』とでも言いましょうか。
その点前作の『ゆにばーす』はどの著者先生方も設定を良く読み込んで逸脱しないようにしつつ、それでいて自分の持ち味を出してきた二次創作として秀作の集まりだったと思います。
今回のは……他の方も言っておられますが、キャストだけはがないキャラを引っ張ってきた別作品ですね。
とはいえ、それもまた二次創作の醍醐味という意見もあるでしょうけれども。
個人的には微妙でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック