Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard summer_Bike ギターエフェクター ProcameraStore インポートブランド腕時計&ジュエリー Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。vv4473_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕のなかの壊れていない部分 単行本 – 2002/8

70件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 【Amazon 本買取サービス】 お手持ちの本・雑誌・コミック・洋書を、Amazonが買い取ります。1点から無料集荷、買取価格は事前に検索可能。



商品の説明

商品説明

 「あなたはほんとうに死にたくはないのですか? もしそうだとしたらその理由は何ですか?」(本文より)

   大手出版社に勤める29歳の青年、松原直人。とびぬけた記憶力と研ぎすまされた論理展開能力を持つ彼は、生と死の意味を求めて日々自問自答を続けている。論理を超えた温かな視線で生をとらえる恋人、獣じみた性で結びついたセックスフレンド、親の愛情を受けずに育った女子大生、目をみはるほど美形で厭世的な青年など、個性の強い人間たちが織り成す世界の中で直人が見出したものとは…。

   著者は4作目となる本書で新境地を開いた。生きる意味を不器用なほどまっすぐに追い求める姿勢はそのままに、文章はより簡潔になり、文体は力強さを増した。過度に理知的な語りや突き放した性描写に落ち着かない気分にさせられながらも、読み手は不安を抱えたままぐいぐい引きつけられ、ページをめくってしまう。鋭すぎる文体が生み出す怪しい吸引力は本書の大きな魅力であり、著者の新たな武器である。

   後半に入り、論理的一貫性の先に宗教的な視点が感じられた。直人が母のように慕っていた女性がお寺の長女であったことから、直人の思考に否応なく仏教徒的な考えが流れてこんでくるのだ。このあたりは好みが分かれるところだが、裏を返せば、そういう地点にまでたどり着くほど深く考え抜かれているということだ。「生きる意味」を問う小説が少ない中、そんな疑問に真っ向から挑んだ本書がロングセラーとなっている。(小尾慶一)

内容紹介

見えるものばかり追いかけてばかりいたら、人はどんなことにでも絶望するしかなくなってしまう。過去のトラウマにより、驚異的な記憶力を持つ、非凡な青年。彼には、才色兼備のスタイリストの恋人と、子持ちのバーのママである愛人、SMプレイ相手の人妻という女性関係があり、さらに家庭教師の元生徒だった少女と、たまに泊まりに来る弟のような青年という疑似家族がある。

愛について、生と死について、突き詰めて考えずにいられない彼の内面を通して、作者は「何が一番大切なのか」を問いかける。 デビュー作『一瞬の光』で注目を集め、村上春樹にも比較される異才の最高傑作。書き下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 光文社 (2002/08)
  • ISBN-10: 4334923631
  • ISBN-13: 978-4334923631
  • 発売日: 2002/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (70件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

23 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 沢崎某 投稿日 2003/10/3
形式: 単行本
いつのまにか、つきあっている女性の実家につれてこられた主人公が、彼女の父親にいった言葉。
「ただね、深澤さん、僕はいつも思うんですよ。肉親を強く愛する人間は、案外他人には冷淡だったりするもんだってね」
自分のまわりだけに関心があって、関係のある人にだけ愛着があって、所属する集団の利益だけに興味がある。話したことも見かけたこともない人間がどうなろうとしったことではない。
という考え方を作者は否定しているのだと思う。
東大法学部卒、大手出版社勤務、高給取りでみかけも悪くない。
「話のついでにささいなウソをついてしまう習癖」があり、
人生に対して冷めている。もしくは、冷めていると思いこもうとしている。主人公はそういう人間だ。
小説にカタルシスや起伏のあるストーリーだけを求めている方にはおすすめできない。
理解しようとするのではなく、読んで、少し考えてみればいい。
簡単にできるはずだ。
装丁に描かれている不気味だけど、愛嬌のあるキャラクター。悪意あるNOVAうさぎみたいだけど、たぶん、こっちのやつのほうが、壊れているぶんだけやさしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 一万冊 投稿日 2002/9/13
形式: 単行本
 昨今、どんな小説を読んでも何の旨味も感じられず、失望つづきだったが、この作品にはほんとうに感動した! 作中には安っぽい愛や、ありきたりの殺人や、生きることへのノンキな肯定は一切ない。といって、インモラルな話というわけでもない。むしろ、人がいかに悩み、生きるべきかが繰り返し語られている。小説が軽調なポップスやポップアートとほとんど区別できなくなった今、これは「人はどこから来て、どこへ行くのか」という問いを久々に思い出させてくれる貴重な作品だと思う。しかも、その語り口は巧みで、読む者をぐいぐい引き込んでいく力は十二分。誰もが自分の恋愛や友情や人生を振り返らずにはいられなくなるだろう。“軽妙”な作品群に飽き足らなさを感じている人には是非一読を勧めたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2011/8/13
形式: 単行本
直木賞親子受賞で有名になった息子さんの方の作品である。

実は、リアルな性描写がイヤで、一度は読むのを挫折していた。
二回目での完読。
二回目でも、ここまで執拗な性描写はいらないのではないかと思っている。

とりたててのストーリー展開があるわけでなく、小説というより、小説の形を借りた哲学書かもしれない。

行く人を振り返らす美貌のキャリアウーマンの他に、深いつきあいの女性が二人。
自身も東大法学部を出て、ルックスもよく、高収入の出版社に 勤務。

至るところで、相手はあっても、実質モノローグといえる言葉が出てくる。
そして、三島由紀夫をはじめとした夥しい引用。
それも、作中では、主人公は、全てそらんじていることになっている。
何故、ここまで覚えていられるのか。
後で、語り明かされるエピソードにより、痛切なまでの記憶力のわけがわかる。

小説としての楽しみはあるが、どちらかというと、読みつつ、それを受けて、思考する小説かもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アトリエゆう 投稿日 2004/1/5
形式: 単行本
うん。冷めた時代だ。生きていてもつまらないし。小説読んでも燃えないし。
ましてや他人とわかりあったり、社会を変えるなんて考えられない。
っと私自身も感じつつ、そんな生きにくい時代を「必死に」生きているつもり。
その必死さを描いてくれた、思い出させてくれた、私にとって唯一の小説です。
社会は冷めていても、決して人間自体が冷めている訳じゃないんだ。
大切な本すぎて、これ以上は書けないな~。
ともあれ、何年ぶりかに主人公に共感したり、一緒に驚いたり、泣いたり、笑ったりした小説です。
ただ、読者を選ぶと思います。
ともあれこれ以上ないくらいに、不条理で、冷め切った世の中を見せつけるので、
そして、ここまでシビアに現実を描ききった本もそうそうないので、
その「冷たさ」に馴れない人はしんどいでしょう。
中途半端な浪花節や人情話、ええ話は一切ないです。
でも、読んで欲しいです。
現代に、生きる意味を教えてくれる本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック