Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
偽りの明治維新―会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

偽りの明治維新―会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫) [文庫]

星 亮一
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 761 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

偽りの明治維新―会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫) + 戊辰戦争―敗者の明治維新 (中公新書 (455)) + 会津落城―戊辰戦争最大の悲劇 (中公新書)
合計価格: ¥ 2,295

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本史上稀に見る悲劇、会津戊辰戦争。死者の埋葬も許さず、財宝や女性を略奪した官軍の所業は、闇に葬られ、誰も知らず、教科書にも書かれていない。西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允…。明治維新の元勲たちは本当に英雄なのか?天皇を利用して戦争を仕掛けた薩長が官軍で、尽忠報国の会津が賊軍となった歴史の交差を紐解く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

星/亮一
1935年、仙台市に生まれる。作家。岩手県立一関第一高校、東北大学文学部卒業。福島民報記者、福島中央テレビ報道製作局長などを歴任。その後文筆業に転じ、日本大学大学院総合社会情報研究科修士課程修了。北東文芸協会、戊辰戦争研究会を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 268ページ
  • 出版社: 大和書房 (2008/1/10)
  • ISBN-10: 4479301518
  • ISBN-13: 978-4479301516
  • 発売日: 2008/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 38,950位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
90 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 デジャヴ
形式:文庫|Amazonで購入
日本近代史を考える際に戊辰戦争勃発が不思議でならなかった。何故このような内戦が起こったのか、避けては通れない道だったのか、明治維新とは何か、探求したくて本書を手に取った。
冒頭から少年の白虎隊のみならず、多くの会津藩の老若男女がいわれ無き賊軍・朝敵との汚名に立ち上がる様は実に勇猛果敢であり、京都守護職を任されるに相応しい当時雄藩と言われた会津を知ることができる。 そしてわかったことは、薩長によって巧みに挑発誘導され、新政府の存在意義のために 一方的に悪者に仕立て上げられた――ということだった。『勝てば官軍』の語源の通り 新政府が正義なのだ、楯突く者は許さない、との見せしめのために会津藩(東北)は戦わされ、そして敗者にさせられたわけだ。その証拠に、戦死者の埋葬を許さず ありとあらゆる差別をし、果ては一万数千人もの人々を下北半島に『島流し』させている。そこでの生活は言語に絶するものがあったとのことで、今現在に至っても禍根を残す要因になっている。 推論だが、やはり孝明天皇は薩長の陰謀によって消されたのだろう。毒殺としか思えない死に様が物語っている。また、新選組が捕らえた長州の狼藉者は 京都壊滅の暴挙を画策していた、、、天皇を担ぎ上げてまんまと自らに都合のいい政府を樹立しようとした薩長こそ、賊軍ではないだろうか!? 明治新政府など、こんなものだったようだ。その証拠に新政府樹立直後
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 大変参考になりました 2013/9/14
投稿者 谷口 耕司
形式:文庫|Amazonで購入
官軍と賊軍。いつの間にか立場が入れ替わった内容が奥深く、明治維新とは何だったのかを考えさせられました。また、私たちが学校で教わってきた内容とは何だったのか、勝利した側が残した都合の良い歴史ではなかったのかと思わざるをえないものでした。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 歴史認識が深まった 2013/12/13
形式:文庫|Amazonで購入
幕末あるいは歴史の転換点にしばしば
起こりうる「賊軍と官軍」の是非。
本書はその点を考える上で、とても参考になった。
このレビューは参考になりましたか?
99 人中、73人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 歴史の裏を知る面白さ! 2010/1/2
投稿者 晴天女
形式:文庫
戦勝者に人はなびきます。そうした人達は敗戦者の会津を見放しました。
しかし、会津はみずからの正義を訴えるために死をかけて戦いに臨んだのです。
なぜに私達が朝敵なのですか。いまは見捨てられても、必ずや歴史が証明してく
れる。「そういう思いで、会津藩兵は戦場に向かい、白虎隊の少年達も自刃しま
した」

御所に向かって発砲した長州が許され、どうして天皇擁護の会津が朝敵とされた
のでしょう。京都守護職の松平容保は、天皇から絶大な信頼を受けていたではありませんか。
以前から私が知りたいことでした。
本書は、そうした疑問に懇切丁寧に解説してくれています。

薩摩や長州といった幕末史の主な人物の紹介が的確にされ、分かり易く整理して
あります。当時の世相をよく理解でき、難なく読み進められました。 

容保は岩倉具視のような政略に富んだ政治家ではありません。
会津は最後まで一丸となって闘いました。
会津士族は命を懸けて君主に尽くしました。
会津女性の強さに驚嘆します。
「会津ならではの倫理、道徳、美学があった」
畳み掛ける文章が胸に迫ります。

坂本龍馬に重要な役回りのあったこと、そして薩摩土
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
41 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 会津から見た明治維新 2012/5/13
投稿者 palladian
形式:文庫
善悪は単純に決めることは出来ない。
見方を変えれば“真実”は変わるからだ。

会津は、“幕府に忠誠を尽くす”という自分たちの正義を貫いた。
その結果、薩長連合軍に敗北して朝敵となった。

本書では、戊辰戦争後、新政府に翻弄された会津の人々を描いている。

生き様は様々だが、皆、誇り高く、自分のことよりも同郷の人たちの暮らしを向上させることに努めている。

会津の人々の叫びを痛いほど感じる一冊。
このレビューは参考になりましたか?
48 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 アキレスの踵
形式:文庫
関ヶ原の戦いの後、戦死者を徳川が調べたところ、90%は銃で撃たれていた。当時の性能の
悪い火縄銃である。さらに9%は弓と槍でやられ、刀どうしの切り合いで死んだ者は1%程度
だった。つまり戦争の道具としての刀の役割は、江戸時代が始まる前に終わっていたということ。
(司馬遼太郎「関ヶ原」より)

しかし会津藩は幕末になってもまだそのことに気づかない。気づいていたら、藩をあげて早くから
銃の製造に取り組んでいたはずだ。しかし西国諸藩は違う。新しい時代の戦争は、火器の数を
揃えたほうが勝つことを理解していた。佐賀鍋島藩は最新の大砲を作る工場を立ち上げ、幕末
までに二百門を製造したという。会津藩では八重さんが銃を改良していたから、話にもならない。

長州藩では桂小五郎が藩士に、「先祖伝来の鎧兜を売って銃を買え」という通達を出していた。
会津藩では銃は卑怯者が使うものだと軽蔑し、刀・槍の達人を尊敬していた。会津藩を象徴する
のが、ドラマで黒木メイサ演じる上級武士の娘である。彼女はなぎなたの達人で、なぎなたを
持って戦闘に参加して射殺されている。当時はライフル銃へ移行する時期であり、新政府軍は
装備していたのだ。

会津藩家老の西郷頼母は
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 大変面白く読ませていただきました。
何度も星さんの作品は読んでいますが、その都度新しい情報が得られて益々知識豊になります。会津のことを中心に執筆されているので無限ではないでしょうが新たな人物の発掘を... 続きを読む
投稿日: 8日前 投稿者: Amazon カスタマー
5つ星のうち 5.0 新しい事実を知ることが出来る
これを読み終わったあとに学校で使った教科書を見ると教科書の内容がいかに都合がよく書かれているか分かる。教科書ではあまり扱われていない戊辰戦争、会津の悲劇、維新後の... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: Black bird bloom 0547
5つ星のうち 3.0 会津は賊軍なのか
戊申戦争について色んな本が出ているが官軍から見れば会津は賊軍に違い無いだろう、だが禁門の変迄は会津は確かに幕府軍で孝明天皇ご宸翰を下賜された立派な官軍だった鳥羽伏... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: 翔鶴”,眼
5つ星のうち 4.0 裏の日本史
歴史というものは勝者によってしか描かれない。そんなことを教えてくれる。
敗者側からしか描いていませんが…
投稿日: 8か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 人間の種類
一途で融通の利かない馬鹿真面目人間の殿様と調子物で自己愛の強い将軍の物語。
投稿日: 13か月前 投稿者: 菅原紘一
5つ星のうち 4.0 会津の悲劇をここまで書いた作品はない
同じ人間同士、あまりにも会津に対してひどい仕打ちである。下北半島の極寒の地に移住させるなんて人間のすることではない!!長州の会津憎しの表れだろう。
投稿日: 18か月前 投稿者: 大塚英徳
5つ星のうち 5.0 さもありなん!
明治維新は見方を変えれば薩長と旧幕府諸藩との主導権争い。その現実を活写した。そもそも戦争などに大義は無い。戦争の空しさを描いた著作と見た。
投稿日: 21か月前 投稿者: ハイカー
5つ星のうち 5.0 会津はなぜここまで戦ったのか
この本を読むと山本八重子がなぜ戦ったのかがよく分かる。弟三郎が鳥羽伏見の戦争で戦死、兄覚馬も行くえ不明になった。八重は兄と弟の敵を討つべくスペンサー銃を手に籠城し... 続きを読む
投稿日: 22か月前 投稿者: 元三
5つ星のうち 4.0 「大政奉還」の後は「奥羽越列藩同盟」
戊辰戦争を描くにはこれでいいのだろう。
「大政奉還」の(慶応3年10月14日)(1867年11月9日)のあとは... 続きを読む
投稿日: 2012/6/8 投稿者: Gori
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック