倖田來未


倖田來未のデジタルミュージック
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 404
曲名 アルバム  
30
30
30
30
30
30
30
30
30
30

動画


倖田來未 の画像
アーティストまたはその代理人から提供されています

バイオグラフィー

アーティスト名:倖田 來未(Koda Kumi)

2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー。
全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。
日本では同曲で2000年12月にデビュー。
続くセカンドシングル「Trust Your Love」のremix盤は全米ビルボード総合 チャートでも最高位19位を獲得し、日本人7人目のランクインの快挙となる。
2005年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破
2007年12月には東京ドームでの単独公演を開催し、大成功を収めた。
2008年6月発売した「MOON」ではブラック・ アイド・ピーズ“ファーギー”との... 続きを読む

アーティスト名:倖田 來未(Koda Kumi)

2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー。
全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。
日本では同曲で2000年12月にデビュー。
続くセカンドシングル「Trust Your Love」のremix盤は全米ビルボード総合 チャートでも最高位19位を獲得し、日本人7人目のランクインの快挙となる。
2005年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破
2007年12月には東京ドームでの単独公演を開催し、大成功を収めた。
2008年6月発売した「MOON」ではブラック・ アイド・ピーズ“ファーギー”との... 続きを読む

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

1982年11月13日生まれ、京都府出身。
2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビューし、全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。日本では同曲で2000年12月デビュー。続く2ndシングル「Trust Your Love」のリミックス盤は、全米ビルボード総合チャートでも最高位19位を獲得し、日本人としては7人目のランクインという快挙となった。
以降、「real Emotion」「LOVE ... 続きを読む

アーティスト名:倖田 來未(Koda Kumi)

2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー。
全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。
日本では同曲で2000年12月にデビュー。
続くセカンドシングル「Trust Your Love」のremix盤は全米ビルボード総合 チャートでも最高位19位を獲得し、日本人7人目のランクインの快挙となる。
2005年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破
2007年12月には東京ドームでの単独公演を開催し、大成功を収めた。
2008年6月発売した「MOON」ではブラック・ アイド・ピーズ“ファーギー”とのコラボレーション曲「That Ain't Cool“PUSHIM(プシン)”作詞/作曲のラバーズ・レゲエ、他一曲と、海外ビッグアーティストを迎えての4曲入りマキシシングルをリリース。
2009年3月には実妹であるmisonoとのコラボレーション曲「It' s all Love!」を 発表、兄弟・姉妹では史上初となる初登場1位を獲得。
同5月東京・国立代々木競技場第一体育館にて全国ツアー『Koda Kumi Live Tour 2009-TRICK-』を開催し、人気米歌手・ファーギー率いるブラック・アイド・ピーズがサプライズ参加。2008年に発表したコラボ楽曲「That Ain’t Cool」を熱唱するなど、一夜限りのパフォーマンスで観客を熱狂の渦へと誘った。
同7月には、日本を代表するファッション誌「ViVi」の誌面にて、08年に引き続き、海外ビッグアーティストのLady Gagaとコラボレーションし対談が実現。
同10月には海外では初めて、台湾にてワンマンライブを行った。
2006年~09年までベストトジーニスト賞を4年連続受賞、08年にはネイルクイーン 「アーティスト部門」の3年連続受賞・殿堂入りを果たす。
2010年2月に発売したアルバム『BEST~ third universe~ & 8th AL "UNIVERSE"』がオリコン・ウイークリーランキング1位を獲得。
7月には日本人女性アーティストと しては初となる横浜スタジアム2DAYSのライブを成功させ、その模様が音楽ライブとして日本で初めて3D生放送された。
2010年10月、初のカバーアルバム『ETERNITY ~Love & Songs~』をリリース。東京、大阪でそれぞれ計4日間、計16公演に渡り初のビルボードライブを開催。 同12月、東京ドームにて10周年最後のライブ「KODA KUMI 10th Anniversary ~FANTASIA~」を開催。邦楽ソロ女性アーティスト7人目。2007年以来、2度目の 公演を慣行し47,000人動員のチケットが即完。大成功を収める。
2011年3月、9枚目のオリジナルアルバム「Dejavu」リリース。オリコンウィークリー ランキング1位を獲得。同4月、約4年ぶりの全国ホールツアー「Koda Kumi Live Tour 2011 ~Dejavu~」を開催。各地軒並みSOLD OUT。
同5月、10周年を記念して東京ドームにて行われたライブ映像「KODA KUMI 10th Anniversary ~FANTASIA~」をリリース。オリコンウィークリーランキング1位 を獲得し、「通算首位獲得数」「首位獲得連続年数」、「作品別歴代DVD女性ソロアーティ スト累積売上1位」の3冠達成。
2012年1月、10枚目のオリジナルアルバム「JAPONESQUE」をリリース。オリコンウィークリーランキング1位を獲得。「アルバム首位連続年数」でソロ歴代3位の快挙を成し遂げる。更に、10月24日には53枚目となるニュー•シングル「Go to the top」を発売。TVアニメ「トータル•イクリプス」のオープニングテーマ曲として抜擢。
また、11月7日の大阪城ホールを皮切りに東京、名古屋、福島にてプレミアムライブ「Koda Kumi Premium Night~Love & Songs~」を開催。
2012年12月、2007年に発売した「愛のうた」に続く極上のラブバラードソング「恋しくて」をリリース。
2013年2月には2作目となるカバーアルバム『Color The Cover』を発売。初回生産盤には、日本を代表するフォトグラファーの蜷川 実花氏が撮り下ろしたフォトブックレット、そして自身初となるドキュメンタリー映像をDVDに収録。
2013年7月、55枚目となる約2年ぶりのサマーシングル「Summer Trip」をリリースし、同9月、シングル購入者限定ミニライブを自身初の日比谷野外音楽堂で開催した。
更に31歳の誕生日を迎える11月13日には、グラチャンバレー2013のテーマソング「Dreaming Now!」の発売が決定。

自身の活動だけではなく国内外のアーティストとコラボレーションを積極的に行う中、写真集やフォトエッセイ等、アーティスト活動のみならずファッションアイコンとしても幅広い活動を行っている。これまでにシングル55枚、オリジナル・アルバム10枚、ベスト・アルバム4枚、カバー・アルバム2枚、ライブDVD11枚をリリース。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

アーティスト名:倖田 來未(Koda Kumi)

2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー。
全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。
日本では同曲で2000年12月にデビュー。
続くセカンドシングル「Trust Your Love」のremix盤は全米ビルボード総合 チャートでも最高位19位を獲得し、日本人7人目のランクインの快挙となる。
2005年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破
2007年12月には東京ドームでの単独公演を開催し、大成功を収めた。
2008年6月発売した「MOON」ではブラック・ アイド・ピーズ“ファーギー”とのコラボレーション曲「That Ain't Cool“PUSHIM(プシン)”作詞/作曲のラバーズ・レゲエ、他一曲と、海外ビッグアーティストを迎えての4曲入りマキシシングルをリリース。
2009年3月には実妹であるmisonoとのコラボレーション曲「It' s all Love!」を 発表、兄弟・姉妹では史上初となる初登場1位を獲得。
同5月東京・国立代々木競技場第一体育館にて全国ツアー『Koda Kumi Live Tour 2009-TRICK-』を開催し、人気米歌手・ファーギー率いるブラック・アイド・ピーズがサプライズ参加。2008年に発表したコラボ楽曲「That Ain’t Cool」を熱唱するなど、一夜限りのパフォーマンスで観客を熱狂の渦へと誘った。
同7月には、日本を代表するファッション誌「ViVi」の誌面にて、08年に引き続き、海外ビッグアーティストのLady Gagaとコラボレーションし対談が実現。
同10月には海外では初めて、台湾にてワンマンライブを行った。
2006年~09年までベストトジーニスト賞を4年連続受賞、08年にはネイルクイーン 「アーティスト部門」の3年連続受賞・殿堂入りを果たす。
2010年2月に発売したアルバム『BEST~ third universe~ & 8th AL "UNIVERSE"』がオリコン・ウイークリーランキング1位を獲得。
7月には日本人女性アーティストと しては初となる横浜スタジアム2DAYSのライブを成功させ、その模様が音楽ライブとして日本で初めて3D生放送された。
2010年10月、初のカバーアルバム『ETERNITY ~Love & Songs~』をリリース。東京、大阪でそれぞれ計4日間、計16公演に渡り初のビルボードライブを開催。 同12月、東京ドームにて10周年最後のライブ「KODA KUMI 10th Anniversary ~FANTASIA~」を開催。邦楽ソロ女性アーティスト7人目。2007年以来、2度目の 公演を慣行し47,000人動員のチケットが即完。大成功を収める。
2011年3月、9枚目のオリジナルアルバム「Dejavu」リリース。オリコンウィークリー ランキング1位を獲得。同4月、約4年ぶりの全国ホールツアー「Koda Kumi Live Tour 2011 ~Dejavu~」を開催。各地軒並みSOLD OUT。
同5月、10周年を記念して東京ドームにて行われたライブ映像「KODA KUMI 10th Anniversary ~FANTASIA~」をリリース。オリコンウィークリーランキング1位 を獲得し、「通算首位獲得数」「首位獲得連続年数」、「作品別歴代DVD女性ソロアーティ スト累積売上1位」の3冠達成。
2012年1月、10枚目のオリジナルアルバム「JAPONESQUE」をリリース。オリコンウィークリーランキング1位を獲得。「アルバム首位連続年数」でソロ歴代3位の快挙を成し遂げる。更に、10月24日には53枚目となるニュー•シングル「Go to the top」を発売。TVアニメ「トータル•イクリプス」のオープニングテーマ曲として抜擢。
また、11月7日の大阪城ホールを皮切りに東京、名古屋、福島にてプレミアムライブ「Koda Kumi Premium Night~Love & Songs~」を開催。
2012年12月、2007年に発売した「愛のうた」に続く極上のラブバラードソング「恋しくて」をリリース。
2013年2月には2作目となるカバーアルバム『Color The Cover』を発売。初回生産盤には、日本を代表するフォトグラファーの蜷川 実花氏が撮り下ろしたフォトブックレット、そして自身初となるドキュメンタリー映像をDVDに収録。
2013年7月、55枚目となる約2年ぶりのサマーシングル「Summer Trip」をリリースし、同9月、シングル購入者限定ミニライブを自身初の日比谷野外音楽堂で開催した。
更に31歳の誕生日を迎える11月13日には、グラチャンバレー2013のテーマソング「Dreaming Now!」の発売が決定。

自身の活動だけではなく国内外のアーティストとコラボレーションを積極的に行う中、写真集やフォトエッセイ等、アーティスト活動のみならずファッションアイコンとしても幅広い活動を行っている。これまでにシングル55枚、オリジナル・アルバム10枚、ベスト・アルバム4枚、カバー・アルバム2枚、ライブDVD11枚をリリース。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

1982年11月13日生まれ、京都府出身。
2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビューし、全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。日本では同曲で2000年12月デビュー。続く2ndシングル「Trust Your Love」のリミックス盤は、全米ビルボード総合チャートでも最高位19位を獲得し、日本人としては7人目のランクインという快挙となった。
以降、「real Emotion」「LOVE & HONEY」「Butterfly」“史上初12週連続シングルリリース”「恋のつぼみ」「愛のうた」など精力的にリリース。05年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破し、2007年には東京ドーム公演を行い、大成功を収めた。この勢いに乗り、08年に発売した6thアルバム『Kingdom』も発売から2週間連続1位を記録した。
また、CDの他にも写真集「MAROC」やフォトエッセイ「倖田式」を発表するなど、幅広い活動を行っている。また、06年〜08年までベストジーニスト賞を3年連続受賞、08年にはネイルクイーン「アーティスト部門」の3年連続受賞・殿堂入りを果たすなど、ファッションリーダーの象徴として各方面からの支持を集めている。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら