Amazon Kindleでは、 俺はまだ本気出してないだけ(1) (IKKI COMIX) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
俺はま&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS) コミック – 2007/10/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS) + 俺はまだ本気出してないだけ 2 (IKKI COMICS) + 俺はまだ本気出してないだけ 3 (IKKI COMIX)
合計価格: ¥ 1,911
ポイントの合計:  20pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介


いい歳こいて突然漫画家を目指し始めたおっさんと、彼を取り巻く“いい迷惑”な人々が織りなす哀愁コメディー! イキマン出身の俊英・青野春秋、鮮烈デビュー!!


 

青野春秋さんからのメッセージ


amazonをご覧の皆さん、初めまして、青野春秋と申します。『俺はまだ本気出してないだけ』という漫画を描いています。ふざけたタイトルですが一生懸命描いてます。一生懸命さを感じさせない画力をぜひご堪能ください。

担当編集者からのメッセージ

このタイトルに引っかかった方、絶対に読んで損はしません! と言いながら、じつはこのタイトルに引っかからない人がいるのか、と…。担当者だから大げさに言いますが、本作には、今我々が生きている“現在”の夢や希望や現実が凝縮されています。だから、この作品はぜひ、今(2009年)を生きる全ての人に読んでいただきたい。「おっさんコメディー」という皮膜をベローンとめくった下にある“何か”をぜひ感じてください。


登録情報

  • コミック: 207ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/10/30)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 409188377X
  • ISBN-13: 978-4091883773
  • 発売日: 2007/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (46件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

75 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 倒錯委員長 投稿日 2009/7/30
形式: コミック
15年間ちんたら会社員を続けてきたシズオ40歳はある日一念発起。会社を辞めて自分探し
の道なき道を出立。その末に見つけたものこそが、マンガ家という道だったのだ…

表紙を一目見ればわかるとおり、全編にわたって続く「ゆるい」キャラクターと世界、そして
その中でひときわ輝く主人公の「痛さ」がこのマンガ最大の売りなのだが、読むうちに読者
はある疑念に駆られる。

これはホントにフィクションなのか?

シズオが劇中で描く全く見向きもされない、いかにも素人臭い画風とモチーフのマンガ作品。
それとこのマンガそのものがダブるのである。そこから至るのはつまり、これは半自伝的マン
ガではないか、という推理。このマンガ家志望のトチ狂ったおっさんのマンガを描くペンの向
こうには、まさか本当に40代の脱サラマンガ家がいるのでは……いやいや、それこそがこの
マンガに配置された、一つの巧妙な罠なのかもしれない。

よくよく読んでみるとこのマンガは、ヘタなのではなくあえてヘタをしている、いわゆるヘタ
ウマに思えてくる。絵はへたくそ(に見える)が、あっと思わせる巧みなコマ構成、話の展開、
そしてタイトルでも分かる通りこの人、それ一言で一挙に話を展
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 明日マシン 投稿日 2013/10/30
形式: コミック
絵の質感もストーリーに合っている。
主人公も味がある。
痛い話と感じる人もいるだろう。
またギャグ漫画だと受け流す人もいるだろう。
それでもいい、人それぞれだし、むしろ十人十色の感想があってかまわない。
僕は読んだ。読まされた。
せつなくなった。
漫画を読む少年なら誰でも一度は漫画家になりたいと思ったことがあると思う。
少年が漫画家を目指す漫画は夢があるが味がない。
40すぎのオヤジが漫画家目指すとここまで苦く、寒く、しょっぱいのか!
しかし主人公が漫画を完成させて編集者に見せに行くところが凄い。
漫画を描いたことがある人ならわかるけどイラストは簡単に描けるけどストーリー漫画を完成させるのは至難の業なんです。
主人公は本気を出してない段階で漫画を完成させている。
すでに僕は置き去りにされた。
巻末にあるスピンオフ漫画が第一巻の価値を高めている。
予備知識なしで読むべし!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 blue1001 投稿日 2012/11/11
形式: コミック Amazonで購入
タイトルに惹かれて購入。
シズオの痛さに笑いつつも、その愚直な真剣さには心打たれる。
娘や父親、親友との関係もいい。
笑えて泣けるナイスオッサンコメディだった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾン花子 投稿日 2010/6/8
形式: コミック
大黒シズオ…こいつ…ずっと本気なんです。

本気すぎて笑えます。笑いすぎて泣けます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 宇宙太郎 投稿日 2009/5/30
形式: コミック
僕は1ページ目からツボにはまりました。独特の画風、そしてギャグセンス。キャラ。すべてがイイです。子供が見て面白い作品ではないと思うので、ぜひ大人の方に読んで欲しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公は40歳過ぎて漫画家を目指すダメ人間、シズオ。
朝からゲーム三昧だわ、娘から小遣い借りるわ、すぐイジケて落ち込むのに根拠のない自信に満ちあふれているしで、もー本当にダメダメ。
それでも近所の子供達には人気があったり、変に面倒見が良かったりする一面も。
良い意味にとれば愚直なダメ人間。例えダメ人間でもズルく生きようとかは、これっぽっちも考えていません。

この物語を読んでいる時は、9割がたシズオのダメさ加減に大笑いしています。じゃあただのお笑い漫画かというと、そうでもないような。
時々胸がじんわり暖かくなるんですよね。

夕日の中ブランコに座るシズオの背中からは、娘を思う悲しいオーラが出てるし、娘に悪いバイトをやめさせようとする会話も優しさに包まれています。娘を気づかってか背中越しに、まるで何かのついでのように言葉少なく伝えるシズオ。
父の背中を見て小さくうなずく鈴子。
二言交わされるだけなのに、二人は親子としてしっかり繋がっているのだなと思いました。
そして夕日の中、一言鈴子がシズオを励ますシーンかまた良い。これはもうシズオ頑張るしか無いですよ。

シズオよ、しっかり者の鈴子に、あまり苦労をかけちゃダメだよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック