Amazon Kindleでは、 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる GA文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 648
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
俺の彼&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫) 文庫 – 2011/2/15


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫) + 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 2 (GA文庫) + 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 3 (GA文庫)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

妹みたいな可愛い幼なじみ・千和。「絶対やだ!やだやだっ!あんたなんかが彼とつきあうなんてぇっ!」銀髪お嬢サマな帰国子女・真涼。「あら、幼なじみごときにそんな決定権があるのかしら?」―おお、どうしてこうなった!?俺は平穏な高校生活を望んでいたのに、真涼と“秘密”を共有したためムリヤリ彼氏にされてしまった!ヤキモチを爆発させた千和が叫ぶ。「あたしだってモテてやるもん!」何かを企み、真涼が微笑む。「では私達がサポートしますね?」千和の彼氏作りになぜか協力するハメになった俺の運命やいかに!?―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

裕時/悠示
富山県出身。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

Amazon.co.jp 限定「俺修羅」短編を読む [PDF]
  • 文庫: 288ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2011/2/15)
  • ISBN-10: 4797363967
  • ISBN-13: 978-4797363968
  • 発売日: 2011/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (58件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 45,147位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

関連メディア


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

119 人中、95人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Tamagotoji 投稿日 2011/6/9
形式: 文庫
タイトルに大変興味を引かれて購入したのですが、んーこれは^^;;;

他の方もおっしゃられてますが、全然修羅場なんかじゃありませんw
全部読み終えて、・・・え!?結局、いつ修羅場だったの?と、ポカーンとなりました。
タイトルが気になり読んでみようかな、と思われた方が多いと想像しますが、
これは、はっきり言って、タイトル詐欺じゃないかと思うレベルです。

まー、タイトルの件は百歩譲って、内容が面白ければ良いのですが、
別段、これといって盛り上がるストーリー展開もなく、話が退屈だったり、
ちょっと理不尽な部分があったりします。そして、本作の特徴ではありますが、
JOJOネタと中二病ネタがひどく鼻につきました。

そして、これが一番致命的なのですが、女の子達が全然魅力的じゃありません。
また、主人公の鈍感さが度を越しており、終始イライラさせられっぱなしでした。

感じ方は人それぞれなので、この本を面白いと感じられる方もいると思いますが、
自分にはとことん合わなかったようです。




3月10日追記−−−−−
アニメ面白いですね毎週楽しみです。
小説も2巻以降、実は面白くなるのでは?と思わせる出来です。
特に○○届の人が可愛すぎて爆発しそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
62 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mamesibann 投稿日 2011/5/9
形式: 文庫
鈍感主人公、心に傷のある少女、幼馴染の三人の修羅場物語。。。

と思ったんですが、

幼馴染が余りにもバカで、それゆえにか余りにも心広い人間なので修羅場になりません

後、他二人の性格が最悪です

傷持ち少女は、幼馴染に対し
高校生活が終わってもおかしくない程の事を行わせます
(幼馴染がバカ設定の為オカシイ事にきずかず実行に移してしまいます)

そして主人公は、
傷少女の言ってる事をオカシイと分かっていながら
止めません(弱みを握られてるからですが、大した理由ではありません)
もう最悪の主人公です

更にこの二人

幼馴染がモテモテになりたいと言ったので
まったく面識の無い無関係の人間に告白させます

。。。普通モテモテなら告白してもらう立場を目指しませんか?

。。。また面識の無い無関係の人間に告白させる事を
オカシイと思わない(これに関してだけオカシイと思わない)主人公の精神についていけません

ひたすらイライラして、嫌な気持ちなる読み物でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
132 人中、90人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 house 投稿日 2011/5/3
形式: 文庫
俺の妹から始まった無駄に長いタイトル。もうこの手の手法は飽きました。はっきり言って文のレベルはそこらの携帯小説と変わらないレベル。
内容もいまいちで読みごたえが全く無いです。今の時代の自称ヲタ達(笑)にはお薦めできる内容ですが、単純に内容を楽しみたい方にはお薦め出来ません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
75 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 西国原 投稿日 2011/3/27
形式: 文庫
タイトルに惹かれ買ったのですが。
なんと言うか『化物語』と『生徒会の一存』『僕は友達が少ない』のギャグそのまま又は改悪といったところですね。 これらの作品の改悪ですね。
ギャグはなかなかいいと思うが文才がない、そのせいでギャグが寒く面白く感じない。
あとヒロインに魅力を感じられません。
設定はありそうであまりない面白い試みだったが、いかしきれてなかったかな…
『化物語』などを未読ならそれなりに楽しめるかもしれないです。がオススメはしません。

ということで評価2です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
87 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 村正 投稿日 2011/2/15
形式: 文庫
最近多くなってきた「内容をそのまま表現する」系のタイトルの作品です。
『俺の妹が〜』とか『もしも高校野球の〜』とか、そういうのです。

内容は、幼なじみの女の子と、最近知り合って彼女(ワケあり)になった美少女が
主人公を中心にして修羅場を展開するという
まあ、タイトルそのものです。

複数の短編で構成されており、そのあたりは『生徒会の一存』や『僕は友達が少ない』と
同じような形式になっています。
文体やギャグセンスは、生徒会の一存に一番近いように感じました。
ラストに入っているシリアス展開のイタ恥ずかしさも同レベルです。

とはいえ、あそこまでネタでゴリゴリ押していくような癖のある作品ではなく
ただひたすら女の子とイチャイチャすることに主眼が置かれています。
そういう意味ではタイトルに偽りなしで、安心して読めます。

つまり登場するキャラクターに好感が持てるかで全てが決まるのですが、主人公もヒロインたちもそれほど特徴のあるキャラクターではないので、まあ普通かな、という感じでした。

よくも悪くもタイトルそのまま、という作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック