中古品の出品:5¥ 13,799より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

俺たちの勲章 DVD-BOX

5つ星のうち 5 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 13,799より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松田優作, 中村雅俊
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 8
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2001/11/05
  • 時間: 1060 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005NJXI
  • EAN: 4988021119092
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 125,022位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

 「太陽にほえろ!」の鎌田敏夫を脚本に、松田優作と中村雅俊の共演で1975年に制作された全19話の刑事ドラマ。後に「あぶない刑事」などに続く刑事コンビものの原点ともいわれている作品である。
   あまりの行き過ぎ捜査のため署内で孤立する中野祐二(松田優作)と、真面目で融通がきかない五十嵐貴久(中村雅俊)。正反対の新米刑事コンビが、果敢に捜査に挑んでゆく姿をアクションとユーモアの中に描いていく。2人はぶつかり合いながらも、犯罪捜査に青春を燃やし、やがてどこかで相手を認め合うようになる。事件の後味の悪さをかみしめ、お互いのタバコに火をつける哀愁漂うシーンが心に響く。
   毎回登場する個性豊かなゲスト俳優陣も見所のひとつ。第14話に登場した五十嵐淳子は、この作品の共演をきっかけに中村雅俊と結婚している。(井上新八)

内容(「Oricon」データベースより)

1975年に日本テレビ系にて放映された、松田優作と中村雅俊が初競演した青春刑事ドラマがDVD-BOXで登場! 全19話収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

いまや伝説のドラマですね。1話完結型で毎回豪華なゲスト陣と主演二人の会話が時にはユーモラス、時にはたまらなくかっこいい。映像もフィルム感が強くてハードボイルドタッチだし、吉田拓郎による音楽もものすごくマッチしてる。中村雅俊が女性に弱い設定でもあり、ゲスト女優陣も見どころ。ロケが多いのでアクションシーンや逃亡シーンもリアリティがあり、全19話どれも個性があって日本ドラマ史上に残る作品だと思います。最終回は泣ける(男泣き)!
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
昭和50年。高校2年。このドラマを毎週見ていた。
ナイター中継の時はガックリきた。
あの頃の若者の痛みや気だるさ、しらけた気持ち、その半面にあるこだわり、熱さ。

毎回心に深く残るエピソードだった。
松田優作、中村雅俊、坂口良子、北村和夫、早川保、柳生博、山西道広、結城美栄子、佐藤蛾次郎などの主要キャストはもちろん、強烈に印象に残るゲスト出演者が多かった。
浅茅陽子、佐藤英夫、小野信也、五十嵐淳子、水谷豊、そして最終回の樋浦勉、片桐夕子、桜井浩子。
こんなに切実で胸がつまるようなドラマをテレビで見たことがないと思った。

昭和50年。あの頃にトリップしたいオジサンとオバサンには色んな意味で、たまらないドラマだと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とてもとても古いドラマです。
でも面白いです。

現代と比べて、人間臭さがあります。
例えば…「意見の不一致」が
「仲の悪さ」へとは決して直結していなかったり…
「大人なドラマ」が根底にあったり。

「現代は大人が3割くらい精神年齢が低くなってる…」なんてよく耳にしますが、
なんだかこのドラマの時代にはまだ「懐の深さ」が有るように思えてならない。

「中野さんっ!冗談は顔だけにしてくださいよ!!」
…なんて叫ぶシーンがあります。
最近のドラマでそういうシーンを観てみたいなア。何て思います。
「男」が心地良く、コメディさえ感じさせられる。
そんなドラマが又見たい…。

公共の迷惑になる事はしない…とか、
「人を殺したいから殺した」…なんて、
理屈の通らない時代では無かった事は確か。
変な風だけど、今の時代こそ見て欲しい、
正義感たっぷりの青春ドラマです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック