Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
伊藤若冲 鳥獣花木図屏風
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

伊藤若冲 鳥獣花木図屏風 [大型本]

山下 裕二
5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,456 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

伊藤若冲 鳥獣花木図屏風 + 若冲を塗ろう―あなたの手でよみがえる江戸の枡目画
合計価格: ¥ 4,484

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

若冲の色遣いの不思議さがわかる究極の一冊

伊藤若冲の『鳥獣花木図屏風』(六曲一双)は、一度見たら忘れられない印象深い作品です。この作品は、離れて見れば右隻に29種の動物・霊獣が、左隻には 46種の鳥が描かれていますが、その描き方に独特のものがあります。片隻だけで34000個以上、ほぼ1センチ角の枡目を作り、そこに色を配していくことでそれぞれのモチーフを描いていますが、一枡を単純に一色で塗り込めるのではなく、時に四角の枡目のなかにさらに小さい四角を作り、それぞれを濃淡で塗り分けることで、立体感や陰影をもたらし、曲線を描くという、前代未聞の驚くべき手法によって描かれています。若冲の作品のなかでもとりわけ有名なこの作品の、色彩マジックのような世界を1冊にまとめたビジュアルブックです。

内容(「BOOK」データベースより)

若冲の色遣いの不思議さがわかる究極の一冊。

登録情報

  • 大型本: 148ページ
  • 出版社: 小学館 (2006/10/13)
  • ISBN-10: 4096818828
  • ISBN-13: 978-4096818824
  • 発売日: 2006/10/13
  • 商品パッケージの寸法: 29.4 x 21.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 576,640位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 生き物共生の理想郷を描いた作品か 2006/11/6
By 保武佳吾 トップ500レビュアー
形式:大型本
 これが江戸時代の作品かと疑いたくなるモダンさ。デジタルにコンピュータ処理でもしているのかと思わせる「升目処理」に驚かされる。一つ一つ絵の具を充填して描いていったのだから、根気の要る仕事であったと思う。

 描かれている動植物は何十種類か、鶴や鶏などごく少数のものを除けば、日本では見ることのできない、異国の、あるいは空想上の生き物である点でも異色の作品である。

 解説者はこの作品を「仏画」であり「写経」の意味を持っているのではないかと控えめに述べられている。なるほどと納得できる見方である。

 私見では、釈迦涅槃図で、有象無象が寄り集まってくるのに、感じとして似ている。ただ主役としての釈迦本人がいない。生き物たちが仲よく寄り集まっている。すなわち、弱肉強食でない「共生」の姿、生き物の理想郷を描いているのではないかと思う。図案化、模様化することは、現実の生々しさを捨象して、より高次のの理想郷を示唆しているのではあるまいかということである。

 訴えるものがあり、不思議な魅力を感じさせるユニークな作品である。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By sasabon #1殿堂 トップ10レビュアー VINE メンバー
形式:大型本
有名なジョー・D・プライス・コレクションの「鳥獣花木図屏風」だけが所収されているという実にユニークな書籍でした。表紙と裏表紙にその全体図を掲載し、各ページには桝目に描かれた図を拡大することでその実像に迫ろうと言う試みでした。

発行は小学館、印刷は美術印刷に定評のある日本写真印刷、そして解説はユニークな見解を披露される日本美術史の研究者・明治学院大学芸術学科教授の山下裕二氏ですから、若冲ファンにとっては垂涎の書でしょう。

一方、他の作品は全く掲載してありませんので、若冲の名に惹かれて本書を購入されても、畢生の大作と言われている「動植綵絵」を始め、若冲の他の作品は観賞できません。それを正しく理解した上で購入してください。そうでないとミスマッチがおきてしまいますし、それこそ不幸なことだと思いますので。

山下氏の「若冲の深意‐「鳥獣花木図屏風」からのメッセージ」は読みごたえのある内容で参考になりました。特にこの「鳥獣花木図屏風」も「動植綵絵」も仏画だという指摘と、その見解の展開はなるほどと思う内容でした。このあたりは細かく触れる字数はないので、本文で確認してください。

「鳥獣花木図屏風」の評価に対しては、東京大学教授の佐藤康宏氏の「桝目描き」の技法についてのコメントを紹介していました。「弛緩させたような
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 編集者のセンスを疑う 2012/4/11
形式:大型本|Amazonで購入
一作品のみでその各所を意地になってクローズアップしたものの羅列。 どういう感覚をしているのか? 買う価値まったく無しです。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 がっかり 2007/4/3
By 甘口
形式:大型本
 プライス・コレクションの展覧会も2回行きましたが、若冲が描いたというサインのある葡萄や虎や鶏などの絵と、この「鳥獣花木図」の屏風とが、同じ人によって描かれたとは信じられません。この屏風には若冲のサインやハンコがあるわけではないし、何かの証明書があるわけでもないので、どうして若冲の作品といえるのか不思議です。堂々とタイトルにも若冲の名前が記されている本なのですが、結局この絵を若冲が描いたんだということについてのちゃんとした説明は書かれていません。
 そんなことは気にしないで図版だけ見るなら図版はきれいです。部分図の図版がたくさんあって、まんなかにとても短い文章があって、また図版がたくさん。値段はちょっと高いと思います。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック