MOTHER 1+2 がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外箱が破れています。万が一、品質不備や品切れの場合は返金対応致します。【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】
買取サービス
最高買取価格

¥ 2,470
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • MOTHER 1+2
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

MOTHER 1+2

プラットフォーム : GAMEBOY ADVANCE
200件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 32,800 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、yume_senko ★ご注文の際はコメント欄をご確認下さいませ★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:87¥ 5,750より

レトロゲームストア
【こちらもチェック】レトロゲームストア
懐かしのファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイなどのを集めたレトロゲームストアを開設。当時の思い出深いゲームの数々をもう一度楽しもう。 こちらからチェック


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

MOTHER 1+2 + MOTHER3
両方の価格: ¥ 54,300

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000099114
  • 商品パッケージの寸法: 13.8 x 8.6 x 2.2 cm ; 41 g
  • 発売日: 2003/6/20
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (200件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 1,273位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

商品の説明

MOTHER 1+2

Amazonより

   1989年にFAMILY COMPUTERで1作目、1994年にSUPER FAMICOMで2作目が発売され、ユーザーの心に強い印象と大きな感動を残した個性派RPGの傑作がついにGAMEBOY ADVANCEに2作品まとめて移植されることとなった。

   本作「MOTHER 1+2」は、コピーライターとして有名な糸井重里氏が、ゲームデザインやシナリオなどゲーム作り全般に携わって世に産み落とした異色のRPGだ。現代を舞台に少年少女がメロディーを集めながらドキドキワクワクの冒険を繰り広げていく、ちょっと不思議なストーリーが魅力。現代ものということで、バットやフライパン、銃、ヘルメットなどを装備し、魔法代わりのPSI(超能力のようなもの)を駆使して宇宙人や車、ヘンテコな生き物をやっつけていく。戦闘システムはコマンド選択式のオーソドックスなものだが、「2」では回転ドラム方式を導入して緊張感あふれる戦闘を味わうことができるようになっている。

   街並みやキャラクターなどのグラフィックは、あくまでポップでキュート。しかし、いったん遊び始めてみれば、住人の独特なセリフ回しが印象的な「毒づき」や「ナンセンス」な会話、あるいはその「ピュアな優しさ」にぐいぐい引き込まれていくのは間違いないだろう。ユーザの数だけ、それぞれの心の中にそれぞれのMOTHERワールドがハッキリと形づくられていく。発売後何年たとうとも、プレイしても古臭いと感じるどころか、逆に新鮮さと驚きをプレイするたびにもたらしてくれるに違いない。(皆瀬育郎)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

141 人中、127人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 きのこ 投稿日 2005/5/17
あのときコドモだった私もすっかりおねーさんになりました。
キムタクのポスターが欲しいという理由で友達が購入したMOTHER2。
RPGをやらない私が、唯一プレイしたゲームです。
「MOTHER1」
ひんやりした空気と、静かな恐怖感。
子供の頃だったらわからなかっただろう感動。
終盤、泣きました。
「MOTHER2」
明るさが前面に押し出された雰囲気。
キャラが可愛く、あちこちにユーモアが散りばめられている。
でも、不意にぞくりとさせられるシーンも。
明るく見えても、不意に暗闇が覗く世界。
だけど、パパがいて、ママがいて、帰る家がある。
そんなゲームです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
154 人中、135人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2005/12/25
少年は世界を救いたかったわけではありません。

ただただ困っている人を助けたり、まだ見ぬ友人を気づかったり、

ママの手料理をたべたり「そうしたかったこと」をしてきたのです。

本当に素直な気持ちで。

でも僕らは知っています。その素直な気持ちこそが、世界を救うのだと。

このゲームをやると、僕はグラタンが食べたくなります。

小さいころに母親に言った心のない言葉に胸が痛くなります。

フトンにはいって好きな人の名前をつぶやきたくなります。

鏡の前で父親に似てきたことに少し苦笑したことを思い出します。

特別な神様をひいきしている訳ではありませんが。

「いのる」

僕はいつでもできるようにしています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 T-ボーン 投稿日 2005/1/30
ほとんどのRPGは、ファンタジーやSFなど完全な異世界で
美男美女の物語を見て楽しむものばかりです。
役割を演じる、というジャンルのわりに主人公への没入感が
技術の進歩に伴ってか、限りなく少なくなっていると思います。
しかし、マザーシリーズはアメリカを舞台に、普通?の少年たちが
田舎からリゾートまで、たくさんの町を
バットやフライパン片手に、ハンバーガーをほおばりながら
まるで冒険ごっこのように渡り歩いていきます。
でも、もしかすると最も身近な冒険って、こんな「冒険ごっこ」では
ないでしょうか・・?そして、そんな身近な冒険だからこそ、
どんどんこの不思議な世界に没入していきます。
主人公のキモチがわかるほどに。そして、エンディングで
涙を流すほどに。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
84 人中、68人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/5/18
他のゲームとは比較対象にならないほど素晴らしい作品だと自分は思っています。マザー2のキャッチコピー「大人も子供もおねーさんも・・」は本当でした。真の万人受けゲーム、「みんなのゲーム」です。
自分の家族は大のRPG嫌いで、今まで一つもクリアできなかったのですが、マザー2だけは夢中になって最後までやり通しました。そしてエンディングでは無言で食い入るように画面をみつめていました。
グラフィックもサウンドも目覚しい進歩をとげ、華やかになった今のゲーム。でもマザーのような「大人も子供もおねーさんもRPG嫌いの人も・・」なゲームはその後作られたでしょうか?
マザーはプレイヤーの目や耳だけでなく「心」を魅了するゲーム。今一度その世界に浸れる事を本当に嬉しく思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
192 人中、153人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 joy-boy2003 投稿日 2003/4/21
なんと、GBAで、「MOTHER」が発売されると
いうではないですか!!!
しかも、ファミコン版とスーファミ版が一本のソフトに
入っているなんて!
僕にとって、今世紀はじめての大事件です。
実は、スーファミ版の「ギーグの逆襲」はクリアしたのですが、
ファミコン版はクリアできなかったのです。
友人に聞くと、かなりの感動的なエンディングだとか・・・。
あれから、十数年、中古のファミコン(ハード&ソフト)を
探すこともままならないほど仕事が忙しく、
後悔の気持ちをもったまま過ごしてまいりましたが、
GBAだと行き帰りの電車の中でもできます。
社内で仕事をさぼって、トイレでできます。
絶対、ファミコン版の「1」をクリアしてやるぞ!
「1」は、道を歩い!ているときの音楽がすごくいいんですよね。
鈴木慶一さん作曲のとても楽しい曲。
いまでも、夜、帰宅途中で口ずさんでいます。
名曲です。
あの曲を聴くだけでもこのソフトは「買い」です。
セリフも独特な優しさがあっていいし、主人公のお父さんの
優しさもいま父になってようやくよくわかるし。
ああ、書き出したら、キリがないので、このへんにしときます。
とにかく、おすすめ、絶対、損しません!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー