Amazon Kindleでは、 仕事はストーリーで動かそう をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
中古品
¥ 580
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 数ページに折れあとがあります。他は概ね良好な状態です。不備がございましたら返金にて対応させていただきます。ご注文確認後迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仕事はストーリーで動かそう 単行本(ソフトカバー) – 2008/11/12


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 580
CD
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 1,910


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

「デキる人、売れてる商品、魅力的な会社は、
相手が共感するストーリーをつくり、
語ることで成果をあげています。

それらの実例と実践方法をこの本では解説しています。

ストーリーで語ることは最強のビジネススキルです。
そして、営業、交渉、企画、プレゼン、コミュニケーションなど、色々な分野で可能です。

この本では、
「第1幕 なぜ、今、“仕事にストーリー”なのか?(理論篇)」
「第2幕 こんなストーリーが人の心をつかんだ!(実例篇)」
「第3幕 で、具体的にどうすればいいの?(実践編)」の3部構成で、
仕事やビジネスの色々な場面でどのようにストーリーを使えばいいかを、やさしく解説しています。

内容(「BOOK」データベースより)

データやロジックだけでは人は動かない。営業力、交渉力、プレゼン力、コミュニケーション力など他の人と確実に差を付ける究極のビジネススキル。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2008/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844370502
  • ISBN-13: 978-4844370505
  • 発売日: 2008/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 181,232位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ny 投稿日 2008/12/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
宣伝に費用をかけてもなかなかモノが売れない、
相手にメッセージが届いても、心を捉えられない、
記憶に残してもらえない。

そんな現状に「論理だけではダメで、ストーリー(物語)が
必要」というのは、手法としては前からあった。

本書の特徴は、広告マンであり、脚本家でもある著者が、
そのことを非常に分かりやすく、コンパクトにまとめたプレゼン
になっていること。この本自体が、まさに上記のような悩める
マーケティング担当者が「勇気づけられ」「行動を起こしていける」
物語になっている。
一読の価値あると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 くろやぎ 投稿日 2008/12/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
 広告関係の多くの賞を受賞しながらも、著者の川上さんはコピーライティングに満足せず、脚本家も目指したのですが、何度かブレイクするきっかけを逃してしまいました。

 あるとき、注文仕事がとぎれて時間ができたのをきっかけに、川上さんは「自分だけの武器ってなんだろう?」と、この先の方向性を真剣に考えます。

 脚本家が舞台やドラマのようなエンターテインメント用の台本を書くように、ビジネスの世界にストーリーを提供する仕事。そういえば、最近の川上さんの仕事には、企業をテーマにしたビジネスゲームのシナリオを書いたり、企業のウェブサイトで内幕小説を書いたりする仕事が多くなっていました。

「そうだ。ストーリーだ! ストーリーをビジネスに活かそう!」

 川上さんの決意を待っていたかのように、数年前に書いた脚本を出版するオファーが飛び込みます。これが『司法書士がズバリ解決! ドラマでわかる 身近なお金のトラブル』として6月に出版されると、早くも8月には2冊目のオファーを受けます。
 出会うべくして出会った編集者から提案されたのが「物語(ストーリー)力」。それが本書『仕事はストーリーで動かそう』に結実しました。

 この出版に到る経緯そのものが、ストーリーの持つ力の実例です。
 川
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 RANDY 投稿日 2009/1/4
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ビジネスにおける提案の類のものは、
説得力のあるストーリーをロジックで紡ぎ出すこと、
という私の仕事感に一致している。

著書には対上司や対顧客、商品ストーリーや企業理念でのストーリーなど、
シチュエーション別にストーリーの重要性や事例があってわかりやすい。

ただ、一つ残念なのは、分かりやすさとは相反するかもしれないが、内容が平易すぎること。
恐らく著者はより本質的なストーリーの重要性や紡ぎ方を誰よりも知っていると思うが、
それを感じ取れなかった点が残念である。

表層的な事象だけではなくて、より突っ込んだ著者の持論や納得性の高くなる論理展開があるともっといいかなぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ビタミン・トム トップ1000レビュアー 投稿日 2008/12/13
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
営業・販売に、ストーリーが重要であることを、川上徹也氏が、多くの事例を参考に語っていて、彼自身の体験と思いも伝わってきました。

商品を売り出す時、CMでは、「その商品がある日常生活」をドラマ化することで、新商品をクローズアップしています。
コラムニスト・天野祐吉(1933年生まれ)の言葉を借りれば、「人生はそれを模倣する」である。

p93 本当に優れたストーリーは、自らの会社を劇的に変えただけにとどまらず、他社にも大きな影響を与えるポテンシャルを持っているのです。

p125 プレゼンでは、ストーリーをプレゼントする

商品や企画が、顧客や消費者にとって、どのようなメリットがあるのかを、物語る力が営業には必要なのです。
「企画書はA4サイズに一枚で」というタイトルの本にも言えます。
白紙の用紙に、仕事のストーリーを描いてみませんか。

車の運転をしながら、「どんな話を、お客さんにしようかな…」と考えながら営業で訪ねた時と、道中に音楽を楽しんだ後に営業の話をした時では、かなりの内容の差があったことを、僕は思い出します。

川上徹也氏の幅広い仕事の中で、脚本を書かれていることが、ストーリーの影響力を物語る本書に生かされています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック