仏蘭西&... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,102
通常配送無料 詳細
発売元: 知房online ★年中無休★ 12時までのご注文は即日出荷!最短翌日にお届けします!!
カートに入れる
¥ 3,450
通常配送無料 詳細
発売元: ときめきモール
カートに入れる
¥ 3,450
通常配送無料 詳細
発売元: 藤川事務所(万一商品にご満足いただけなかったときはご連絡下さい。誠実に対応いたします)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 初回限定版 ~PrettyBOX~
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 初回限定版 ~PrettyBOX~  [アダルト]

PIL
プラットフォーム : Windows
7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 9,504
価格: ¥ 3,102 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,402 (67%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、REVERSIが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,102より 中古品の出品:5¥ 2,225より

【こちらもおすすめ】最近1か月に発売したタイトルの中古ソフト
まだ発売したばかりのタイトルの中古タイトルをおすすめ! いますぐチェック


キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B001W0ZPZM
  • 発売日: 2009/7/10
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:

商品の説明

Amazonより

原画Tonyとシナリオ丸谷秀人の天才&鬼才タッグによる渾身の1作!

原画Tonyとシナリオ丸谷秀人の天才&鬼才タッグによる、大正初期を舞台に描く謎めいた美少女を巡る数奇な物語。
主人公の子爵・矢旗澤政重は、急逝した友人の伯爵から、巨額の負債とともに空恐ろしいほどの美少女を託される。
主人公をひたすら慕い甘えてくる謎の少女。
その可憐さに魂を奪われた主人公は、彼女との甘い蜜の生活に耽溺していく……。
Tonyゲーム原画史上最大級の160枚オーバーの美麗艶画に、ラノベ36冊オーバーの超ボリュームシナリオ!
さらにイメージ画に大石竜子、背景画に吉田誠治というダメ押し豪華Staffを起用。
壮大スケール&濃密な世界をご堪能いただけます。

初回限定版PrettyBoxは丸谷秀人の書き下ろしシナリオによるドラマCDが同梱!

主人公とまったり中の少女(まきいづみ)の元を訪れた舞子(海原エレナ)は、
ひょんなことから「ベースボール」で少女と対決することに。
たまたま訪れた中畑伊佐治(一条和矢)が審判、なぜか野球に詳しいキャリバン(空乃太陽)、
さらには香純(かわしまりの)まで加わって、聖なる少女の住処はスタジアム状態に!
舞子の豪腕で2ストライクまで追い込まれた少女、乾坤一擲の一打なるか!?

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 匿名太郎 投稿日 2009/7/18
なにやら文章が余計に長いとか、言い回しが遠まわしなどという意見が多いようですが、この作品はあくまで初めはノベル(小説系)として作られて、後でウインドウモードが追加された物なので、今風のアドベンチャーを求めている方はジャンル違いなので買わないで下さい。

小説が好きな方は分かると思いますが、そもそも昔からある由緒正しい小説という物は、言い回しが遠まわしだったり、必要以上に説明が多かったりするのが普通なので、そういう文章そのものを楽しめる方で無いと、この作品の真の面白さは判らないと思います。ノベル好きの私としては、逆にウインドウモードはいらなかったんじゃないかと思います。後、この作品はあくまでフィクションですので、実際の歴史と違う部分もあるかと思いますので、そういう部分にこだわる方は気をつけてください。

選択肢が多すぎてエンディングの分岐がよく分からないので、私の評価は星4つということにします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 customer 投稿日 2009/7/25
大正時代を舞台にした幻想的な作品ということで、文学を意識した文体になっているのが良い。
私の知っている中では、小説『ドグラ・マグラ』や映画『ツィゴイネルワイゼン』(いずれも、大正を舞台にした幻想的な作品)、奥泉光の小説(現実と非現実を交錯させる手法をよく用いる。『葦と百合』や『浪漫的な行軍の記録』等)などと、共通する雰囲気があると思う。

Tony氏の原画も魅力的だが、大石竜子氏の素晴らしいイメージCGのおかげで、幻想性がより強まっている。

選択肢の数が膨大で迷宮じみており、その中から新たなルートを見つけていく、というやり応えがある。
エンディングの数も48個もあり、ボリュームもたっぷり。
しかも、どのエンドも、それぞれに味わいのある終わり方になっていて、いかにも取って付けたようなバッドエンドが、ほぼ無いのも凄い。(私は現在までに、24個のエンドを見ました)
なお、近日中に公式サイトで、各エンドへのヒント集が公開されるようです。

このゲームをプレイするなら、前作『女郎蜘蛛〜真伝〜』もお薦め。
シナリオライターは同じ方です。こちらは緊縛がテーマということで、より猟奇的な雰囲気で、幻想的な物語を楽しめます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 フロッグマン 投稿日 2010/2/12
他の方々が述べられてる様、大正の帝都東京を舞台に、文学的テキストで進められるクセのある一品です。

不気味な塔の地下室に鎖で繋がれた金髪碧眼の無垢な少女…という退廃的な文学的エロスな雰囲気の世界観は正に小説のソレですので、好きな方なはたまらないかも。

40超のEDはアップデートによるヒント・ルート/パラメータ解説でかなり楽になる…つーか無きゃ出来ねーよ。なので必須。

およそ想像がつくだろうと思うので、多少のネタバレ御免で書きますが、私は最初のプレイで前述の少女の正体(本質)をしり、吐き気がする程の嫌悪感を覚え、当分手をつけませんでした。爛れた楽園から紙一重の爛れた地獄への転落のショックはかなりのモノです。良くも悪くも心に刺さる作品を作った製作側は、純粋にリスペクトですので、そういう奇鐔に触れてみたい方はどうぞ。エグいです。

私は次プレイで香純(かなり不幸で健気な義妹)と幸せになれてかろうじて救われ、満足してプレイしてません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 にゃおう 投稿日 2009/8/23
この手のエロゲの豪華版は、余程好きなもの以外はお蔵入りすることが多いので、私は迷わず簡易版を購入しました。
さて、この作品は何年か前に製作することが発表されてからずっとマークしてた作品であり、自分的にはかなりの期待を寄せていた作品だったのですが・・・う〜ん、残念。

まず良い点から述べますと、他の方も言及されている通り原画及びCGの美しさは秀逸です。特に少女が金魚を眺めたり、シャボン玉で遊んでるシーンはこれがエロゲであることを忘れてしまうくらい、そのあどけなさに殺られそうになります。また、全体的な雰囲気も大正時代の日本を表すのに成功していて引き込まれるものがあります。

次に残念な点です。まず、CGの使いまわしが多すぎること。特にHシーンはルートによってはかなりな回数になるのですが、延々と使いまわしが使用されることが多くはっきりいって苦痛です。それから、エンドが多すぎること。選択肢が多いのでヒントなしでは自分の好きなエンドに辿り着くのはなかなか大変です。自分も途中からはゲームではなく作業をしている感覚になってました。そして、これはプレイする人によって賛否分かれるかと思いますが、少女の声優がイメージと合わなかったこと、更に喋り方がたどたどしくイラッとくることがあったことです。私は別にまきいづみさんが嫌いなわけではなく、ただ単に、少女の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。