Amazon Kindleでは、 仏ゾーン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仏ゾーン (1) (ジャンプ・コミックス) コミック – 1997/7


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 集英社 (1997/07)
  • ISBN-10: 4088723066
  • ISBN-13: 978-4088723068
  • 発売日: 1997/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

65 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 3104 VINE メンバー 投稿日 2008/3/5
形式: 文庫
この作者は発想はすごくいい。なのになぜか連載が続かない。
私は特にこの作品が続かなかった理由が分からない。
短い作品だから面白くないのだろうと高を括っていたのだが素材も斬新だし、
キャラもよし、絵柄も悪くない。

そもそも文庫化するくらいだからある程度は人気があったのではないかと推測される。
今ジャンプで他の作家が連載しているのよりもよっぽど面白いしメッセージ性もあると思う。

なのに続かないのは多分作者の信念が皮肉にも関係していると思う。
この「仏ゾーン」にしろ「シャーマンキング」にしろ作品の根底にあるのは
「性善説」と「不殺生」。

仏ゾーンでは体は死んでしまうのだが結局魂は仏国土で生きているし
シャーマンキングなんかはもう死んでも簡単に生き返る。

敵も仏ゾーンでは阿修羅が結局慈しみを欲していただけだし
シャーマンキングでは葉王とは最後協力しあう。

それが作者の信念なのだろうし、それを簡単には曲げられないのだろう。

だが読者の少年たちには多分それがあまっちょろく感じられるのだろうと思う。
残酷な話を書くことで生命の尊厳を訴える作者もいるが、
誰にでも救済の手を差し延べるこの作者の姿勢は好きだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/4/11
形式: 文庫 Amazonで購入
仏教の世界観がこれほどポップに表現された作品はなかなかない。菩薩や天神のキャラが何ともかっこよく(あるいは地蔵くんのようにコミカルに)造形されているのはもちろん、仏と凡夫が重なりあう合掌印により「チャクラ」が高まり、「因果応報」という名のカウンター・パンチが炸裂し、また「仏の顔も三度までぜ!」という決めゼリフ(?)が上手い具合にハマっている。敵のマーラどもは人間の煩悩(欲望)をエネルギーに換えて暴れるという設定にも納得。日本に伝わる仏教文化が、硬軟とりそろえて堪能できるのである。
なにより素晴らしいのが、世の理不尽さに幻滅してグレてしまったアシュラ君との闘いの中で問われる、「憎悪」と「慈悲」の思想だ。たとえ正義のための闘いだろうとそこには相手への怒りや憎しみという「悪」が必ず付随するだろう、と事態の核心に迫りつつ、だが、センジュ君の敵の心中を思いやった闘いぶりにより真に悟れる者の強さとやさしさを表現する。普通のバトル・マンガにはない奥深さがそこにはある。
割合に短期の連載に終ってしまったのが何とも残念だ。予定されていたと思われるインドへの旅など、是非とも読みたかった。かたちをかえて改めて描いてはもらえないだろうか、という勝手な煩悩が生じてしまうところである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 key 投稿日 2010/2/1
形式: 文庫
リアルタイムで読んでいた時にかなり早期で打ち切りになってしまいとても残念だったのを覚えているのですが、文庫版になっている事を知り購入しました。
やはり、キャラクターもストーリーもとても素敵な良作です。10年以上たった今読んでもそう思える作品でした。オススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 inari 投稿日 2002/6/13
形式: コミック
シャーマンキングで有名な武井先生の少年ジャンプ初期連載作品。
仏の国からやってきた千手観音のセンジュ君・・
いったい何しに来たって?
それは、とあるお寺に住む女の子サチに悟りをひらいてもらうためいっしょに旅をしに来たんです。
サチはなんとあの弥勒菩薩の生まれ変わり!
危険が迫った時にはセンジュ君の千本の手(千手アーマー)発動で敵を救いまくり(重要)ます。
その他ユニークな仏ゾーンたちが登場します。
とにかくセンジュ君がかわいくてかっこよくて素敵です!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2002/10/28
形式: コミック
仏の国からやってきた男の子。それはなんと千手観音菩薩の『センジュ』だった!
仏敵マーラから、未来の地球を救う弥勒菩薩の化身『サチ』を守るため、悟らせるため、仲間とともに旅をします!
センジュくんのガッツ&ボケは可愛いでっすv
読んであなたも仏の慈悲にふれよう!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック