通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
今朝子の晩ごはん―嵐の直木賞篇 (ポプラ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

今朝子の晩ごはん―嵐の直木賞篇 (ポプラ文庫) 文庫 – 2008/10

5つ星のうち 4 1 件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 583
¥ 583 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 今朝子の晩ごはん―嵐の直木賞篇 (ポプラ文庫)
  • +
  • 今朝子の晩ごはん―仕事も遊びもテンコ盛り篇 (ポプラ文庫)
  • +
  • 今朝子の晩ごはん (ポプラ文庫)
総額: ¥1,749
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大好評のブログ日記『今朝子の晩ごはん』の文庫化第二弾!のんびり過ごすつもりで、ガラパゴス旅行から帰ってきたら『吉原手引草』で直木賞を受賞!嵐のような取材と怒涛の出来事が続く、2007年下半期の日々の出来事と「晩ごはん」の記録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松井/今朝子
1953年、京都祇園生まれ。歌舞伎の企画・制作に携わった後、故武智鉄二に師事して、歌舞伎の脚色・演出を手がける。97年『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。『吉原手引草』で第137回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2008/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591105431
  • ISBN-13: 978-4591105436
  • 発売日: 2008/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 470,941位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2009/1/4
形式: 文庫
「晩ごはん」のレシピを枕に日々の出来事、感想を綴った作品で、前作「今朝子の晩ごはん」に続き、直木賞受賞直前からの2007年下半期を扱っています。

タイトルに「嵐の」と付されているように、「吉原手引草」で直木賞を受賞した前後から、様々な人々からの受賞のお祝いが年末まで続きます。
その様々な行事や催しの多さに、その直木賞受賞後の忙しさが窺い知れますが、その文章は決してそんな繁忙さを感じさせない落ち着いた今まで通りの今朝子節です。

日々の生活も、そんな繁忙さの中でも毎日曜日の乗馬は書かされることはないし、カメとの共同生活も変わることがありません。

その文章からは考えられないような激しい政治批判や演劇に対する歯にきぬを着せない批評は、清々しささえ感じさせます。

言われてみて、なるほどと思わされるとことも多々あり、その守備範囲の広さに感心させられます。
例えば、「吉兆」の下りにしても、「料理屋と屏風は広げたら倒れる」と言う言葉を引いて、手を広げるために銀行から借り入れをし、母屋を取られてしまっている料理屋が多数あると言う話には、なるほどそういうことかと納得したりしました。

繁忙の中で書かれた文章とは思えない、楽しい作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック