Amazon Kindleでは、 人間失格 (新潮文庫 (た-2-5)) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人間失格 (集英社文庫) 文庫 – 1990/11/20

242件のカスタマーレビュー

すべての 17 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 309 ¥ 1
文庫, 1990/11/20
¥ 1
CD
"もう一度試してください。"
¥ 3,024

調査中の商品

Amazon.co.jpが販売する商品に問題のある可能性があり、現在調査中です。その間、一時的に出品者が販売する商品のみのお取り扱いとなっています。問題が解決され次第、Amazon.co.jpによる販売を再開いたします。



キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容紹介

自殺未遂、薬品中毒…。3枚の奇怪な写真とともに渡された睡眠薬中毒者の手記に、克明に描かれた陰惨な半生…。太宰治の自伝であり、遺書でもある作品。(解説・小林広一/鑑賞・太田治子)

内容(「BOOK」データベースより)

「恥の多い生涯を送ってきました」3枚の奇怪な写真と共に渡された睡眠薬中毒者の手記には、その陰惨な半生が克明に描かれていました。無邪気さを装って周囲をあざむいた少年時代。次々と女性に関わり、自殺未遂をくり返しながら薬物におぼれていくその姿。「人間失格」はまさに太宰治の自伝であり遺書であった。作品完成の1か月後、彼は自らの命を断つ。

登録情報

  • 文庫: 212ページ
  • 出版社: 集英社 (1990/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087520013
  • ISBN-13: 978-4087520019
  • 発売日: 1990/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (242件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,969位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 にょまん 投稿日 2003/12/9
形式: 文庫
最初に読んだとき、自分の心を見透かされているようで恐かった。
人の顔色窺ってる自分の心をはっきりみられてるみたいで。
この感性を保ったままで大人になっていくのは辛いと思う。
その先にある物語もみたかったけど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しろうさぎ 投稿日 2005/11/19
形式: 文庫
この作品は、異常に自意識過剰で神経質な男が汗をカキカキ、道化を演じながら、人間世界に溶け込もうとして努力をするが、その努力虚しく、ただ生きる屍のごとく生きていくという内容で、沢山の女に詰め寄られれば、その中から美人の女をチョイスすることもせず、女に一緒に死のうと頼まれれば自殺をし、心から軽蔑している人間と酒を飲み、偽善的な友情を深め、唾を飛ばしながら相手を罵倒することもせず、ただただお追従,そして道化をし、相手を怒らせないことだけに注意を払い、女房が犯されれば、極悪非道の男を殴ることもせず、憎しみも感じずただただオロオロすばかり、そして最後には、迫ってくる汚らしいババーに蹴りの一発を食らわすこともせず、犯され、性的玩具としてあつかわれ、「ただ一切は過ぎていきます」で済ましてしまう。なんというのかこの男から自我をまったく感じません。人間が人間らしく生きていくためには自我が必要であると痛感しました。けれども今の世界私達は自我を殺しながら社会に関わり、生きてこられる場合もあり、この男の持つはかなさや悲しさは、人間に普遍的に存在するものだと思います。自我とは何かを考えさせてくれる本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゲイリーヨシキ 投稿日 2015/4/26
形式: 文庫
自分も葉蔵と同じで他人の顔色を窺って、おべっかを使い、道化を演じている日々を過ごしていました。
その理由も人というものが内心、非常に恐ろしい化け物だと思っていたからです。
自分の場合は、小学生の時に同じクラスの同級生が入念ないじめの計画を立てているところをたまたまそこに居合わせた経験以降からですかね。
加害者の彼は、純粋に人を貶める事を楽しんでいました。
わりと素直でいまだ穢れを知らなかった自分は「人間は、何故、こうもここまで人を貶める事に何の罪も感じず、純粋に楽しむ事ができるのだろう」と思い、それ以降、人を恐れても孤独から逃れるために顔色を窺って行動し、びくびく怯えて生きていきました。
何が最も恐ろしかったというと、彼がいじめを正当化する理由が全然、大したことではなかったことです。正当化する理由にも
彼自身、別にこだわりや深い思い入れがあったわけでもなく、ただ、純粋に楽しむためにいじめを計画していました。
それ以降も多くの人間の皮を被った化け物を見てきました。
戦後、民主主義、個人主義の強制的導入、左翼による美しく着飾った、行き過ぎた自由概念の強要によって、多くの人間が化け物と化したかと思います。
この現代で太宰治がいたら、どう思うのか気になります。
もはや、道化を演じようとしても
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
73 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2010/2/19
形式: 文庫
最も太宰治らしい作品だろうと思います。
それだけに、代表作と知りながら、なかなか手に取る事が出来なかった作品です。

ひ弱で、純粋な主人公“葉蔵”。
“NO”と言えず、人に誘われるままに行動してしまう男。
自分を「特殊」な人間と考え、「普通」に社会に対応できないと思い込んでいる男。
その癖、美男子で女性にもるので、女性に凭れかかった自堕落な生活をしてしまう。

一見、「駄目男」の典型のようですが、誰しもが、この主人公の何某かを持っています。
だからこそ、現代においても太宰の人気は衰えることを知らないのでしょう。
逆に言えば、太宰はここで「純粋」過ぎる人間は、社会からはみ出した「人間失格」(=狂人)なのかと、問いかけているように思います。
純粋に人を信じ愛する人間は、上手く社会に対応出来ず、“葉蔵”の様に精神病院に入らなければいけないのか?

作品としては素晴らしいと思いますが、読むのが辛いのです。
それは、自分の胸に深く突き刺さってくるものがあるからです。
そして、それは今まで触れたくなかった部分を的確に突いているからです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 三味線屋 投稿日 2006/5/1
形式: 文庫
「本当に良い小説とは分かりきったことを書いたものである」

みたいな(うろ覚え)名言がありますが、この作品が正にそれだと

いうことは、このレビューでの共感の多さからも窺い知れるかと思います。

人間の中で生きにくさを感じ、日々張り詰めている。

それを、誰かがかつて経験したと知っただけで、

若干、思春期が生きやすくなりました。

大人になって再び取り出してみましたが、生活の為に止まることが

許されない今は、生身の心で没頭するには余りに危険すぎました。

活力になる作品は、日々変わっていくのでしょう。

でもそれでいいのです。「人間は失格することもある」という事を

忘れないように、常に傍らに置いておけばいいのですから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック