Amazon Kindleでは、 人間失格 新潮文庫 (た-2-5) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 278
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人間失&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人間失格 (集英社文庫) 文庫 – 1990/11/20


18個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 537
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 278
¥ 278 ¥ 1
CD
"もう一度試してください。"
¥ 3,024


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

人間失格 (集英社文庫) + こころ (集英社文庫) + 坊っちゃん (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,019

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「恥の多い生涯を送ってきました」3枚の奇怪な写真と共に渡された睡眠薬中毒者の手記には、その陰惨な半生が克明に描かれていました。無邪気さを装って周囲をあざむいた少年時代。次々と女性に関わり、自殺未遂をくり返しながら薬物におぼれていくその姿。「人間失格」はまさに太宰治の自伝であり遺書であった。作品完成の1か月後、彼は自らの命を断つ。

内容(「MARC」データベースより)

徹底した自己破壊、人間に対する絶望…。内面の真実を探究し、現代人の孤独を浮き彫りにした太宰治の最後の自伝的作品を、読みやすい大活字に編集。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 212ページ
  • 出版社: 集英社 (1990/11/20)
  • 言語: 日本語, 英語
  • ISBN-10: 4087520013
  • ISBN-13: 978-4087520019
  • 発売日: 1990/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (238件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 7,746位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 にょまん 投稿日 2003/12/9
形式: 文庫
最初に読んだとき、自分の心を見透かされているようで恐かった。
人の顔色窺ってる自分の心をはっきりみられてるみたいで。
この感性を保ったままで大人になっていくのは辛いと思う。
その先にある物語もみたかったけど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
65 人中、55人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2010/2/19
形式: 文庫
最も太宰治らしい作品だろうと思います。
それだけに、代表作と知りながら、なかなか手に取る事が出来なかった作品です。

ひ弱で、純粋な主人公“葉蔵”。
“NO”と言えず、人に誘われるままに行動してしまう男。
自分を「特殊」な人間と考え、「普通」に社会に対応できないと思い込んでいる男。
その癖、美男子で女性にもるので、女性に凭れかかった自堕落な生活をしてしまう。

一見、「駄目男」の典型のようですが、誰しもが、この主人公の何某かを持っています。
だからこそ、現代においても太宰の人気は衰えることを知らないのでしょう。
逆に言えば、太宰はここで「純粋」過ぎる人間は、社会からはみ出した「人間失格」(=狂人)なのかと、問いかけているように思います。
純粋に人を信じ愛する人間は、上手く社会に対応出来ず、“葉蔵”の様に精神病院に入らなければいけないのか?

作品としては素晴らしいと思いますが、読むのが辛いのです。
それは、自分の胸に深く突き刺さってくるものがあるからです。
そして、それは今まで触れたくなかった部分を的確に突いているからです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Confesion Del Viento 投稿日 2007/4/1
形式: 文庫
『人間失格』。あまりに有名なこの本を手にしたのは、高校生のあまりに多感でピュアな時期。

読了後、私という虚偽を凡て暴かれた虚脱的感覚に陥り、それまでの人生観や世界観を根底から崩されるほどの衝撃を受けたことを想い出す。
自分が他人にどう見られているか、自分はうまくキャラを創って生きていけているか、など、必然的に他人と共存せねばならぬ日常生活における、自己の打算されたエゴイズム、即ち道化としての自分というものが、余りに醜く汚らしいものに思えた。

想い返して見れば、この本を読んだのを境に、幸か不幸か、私は文学にのめり込んでいったとも言える。つまりは極めて毒の濃い作物である。

本書を読むのであれば、前のめりになり過ぎずに、中立的な視点で読まれることを勧める。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
47 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 JB 投稿日 2004/12/30
形式: 文庫
中学生の頃初めてこの本を読んだ時の衝撃は今もはっきりと記憶に残っている。人生に対する不安や恐怖というものをこのとき初めて感じた。そして心密かに「自分は必ず人間として合格する」と誓い、不安感の払拭につとめた。
太宰が死んだ年と同年代になった。40年の人生、自分なりには様々なこともあった。そして、先日四半世紀ぶりにこの本を再読した。すると、中学生のころ初めて読んだ時に感じた不安感、恐怖感は全く消失していた。神経が図太くなったのであろう。同時に太宰という人の繊細さを痛烈に感じた。僕らはいつの頃からか人生の様々な自己矛盾に目をつむり頬かむりを決め込んでいる。。我々凡人はそうせざるを得ないのだが、全くの無自覚は罪悪であると感じた。人を傷つける事につながると思った。
太宰はそうした自己矛盾に正面から立ち向かい、耐え切れず破滅した。自己矛盾に立ち向かおうとしたがため、繊細な太宰はかえって自己矛盾を増幅させ破滅に至ってしまったのではないか。
太宰は漱石、藤村、志賀直哉など多くの諸先輩には懐疑的だったが、森鴎外を敬愛していた。ゆえに太宰の墓は生前の希望で鴎外と同じ禅林寺の鴎外の墓の向かいに建っている。太宰は、鴎外が自己矛盾に誠実に立ち向かい、自身と違い強固の意志を維持し、遂にはそれを克服した人であったことを認識していたがゆえ、敬愛したのではなないだろうか。
そして、もし鴎外が存命であったならば、作家太宰治を、あるいは「人間失格」を高く評価したのではないだろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しろうさぎ 投稿日 2005/11/19
形式: 文庫
この作品は、異常に自意識過剰で神経質な男が汗をカキカキ、道化を演じながら、人間世界に溶け込もうとして努力をするが、その努力虚しく、ただ生きる屍のごとく生きていくという内容で、沢山の女に詰め寄られれば、その中から美人の女をチョイスすることもせず、女に一緒に死のうと頼まれれば自殺をし、心から軽蔑している人間と酒を飲み、偽善的な友情を深め、唾を飛ばしながら相手を罵倒することもせず、ただただお追従,そして道化をし、相手を怒らせないことだけに注意を払い、女房が犯されれば、極悪非道の男を殴ることもせず、憎しみも感じずただただオロオロすばかり、そして最後には、迫ってくる汚らしいババーに蹴りの一発を食らわすこともせず、犯され、性的玩具としてあつかわれ、「ただ一切は過ぎていきます」で済ましてしまう。なんというのかこの男から自我をまったく感じません。人間が人間らしく生きていくためには自我が必要であると痛感しました。けれども今の世界私達は自我を殺しながら社会に関わり、生きてこられる場合もあり、この男の持つはかなさや悲しさは、人間に普遍的に存在するものだと思います。自我とは何かを考えさせてくれる本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック