通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人間の&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【1995年7月第3刷です】 表紙カバーには、上縁部によれおよびスレキズと小キズがございます。 本文ページは、書き込みや線引き、ページの折り込み等ございません。 ご注文を承りましたら、24時間以内に迅速に発送致します。
買取サービス
最高買取価格

¥ 335
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人間の条件 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 1994/10

19件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,111

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

人間の条件 (ちくま学芸文庫) + ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書) + 今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)
合計価格: ¥ 3,305
ポイントの合計:  101pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

条件づけられた人間が環境に働きかける内発的な能力、すなわち「人間の条件」の最も基本的要素となる活動力は、《労働》《仕事》《活動》の三側面から考察することができよう。ところが《労働》の優位のもと、《仕事》《活動》が人間的意味を失った近代以降、現代世界の危機が用意されることになったのである。こうした「人間の条件」の変貌は、遠くギリシアのポリスに源を発する「公的領域」の喪失と、国民国家の規模にまで肥大化した「私的領域」の支配をもたらすだろう。本書は、全体主義の現実的基盤となった大衆社会の思想的系譜を明らかにしようした、アレントの主著のひとつである。

登録情報

  • 文庫: 549ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1994/10)
  • ISBN-10: 4480081569
  • ISBN-13: 978-4480081568
  • 発売日: 1994/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,543位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

136 人中、118人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gizaemon 投稿日 2006/11/18
形式: 文庫
アレントの代表作として名高いこの著作、文庫で読めるのは

大変ありがたい限りです。公/私的領域を新たな視点から捉えなおした

論述や、action・work・laborの価値の転倒という斬新なテーゼが特に

印象に残りました。ハイデガーの弟子(かつ元恋人)というだけあって、

膨大な教養に裏づけされており、政治学的な色彩が強いと同時に、秀逸

な哲学書としても読めると思います。

翻訳なんですが、アレントのあの読みづらい英語をここまで読みやすい日本語

にした力量には頭が下がります。名訳だと思います。しかし、気になった点が

ないとはいえないので少々。

・全般にわたってactionを活動と訳しています。actionはpraxisの訳語とアレント

自身が述べているので、praxisの定訳といえる「行為」と訳したほうがよいのでは。

・power、force、strengthが権力、実力、体力と訳してあり、かつ入り混じって

用いられているので、原語と照らしあわせないとちょっと判りづらいかもしれま

せん。ここの訳し分け大変だ
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
67 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Fernald 投稿日 2013/9/9
形式: 文庫
読書人でアレントの名前を知らない人はモグリである。20世紀を代表する思想家であり、主に政治学と哲学の分野で後世に非常に大きな影響力を与えた人物。その中でも本書は最高傑作とされている・・・ことは大学時代から知っていたが、分厚さに圧倒され、30代半ばになるまで読む機会が無かった。今回、たまには思想書を読もうと思って本書を手にとった(アレントの本を読むのもこれが初めて)のだが、とにかく読みにくい。訳は健闘していると評価されているようだが、それでも分かりにくい。そして何よりもハードルが高かったのが、西洋哲学、特にソクラテス、プラトン、アリストテレス、デカルト、そしてマルクスの思想を理解していないと本書を全く理解できないことである。個人的にはデカルトの思想をほとんど理解していなかったので、本書の内容も理解できたとは思っていない。本書を読むのであれば、まずは概説書でアレントの思想を学び、それから短期集中型で読むのがいいだろう。細切れの時間で読み進めて行くのはキツイ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Bibliothekar 投稿日 2011/3/25
形式: 文庫
 頻繁に部分を再読していると背が壊れてしまい、再度購入した。この文庫は初刷3000部という少部数刊行である。版元はナンバーリングを入れたい、という位に計画的に出版されているが、本書は既に18刷で異色である。如何に重要な著作であるかが判ろうというもの。
 本書の学術的な価値は既に定着していよう、志水の名訳も評価が定まっている。そのお弟子さんたちはリチャード ローティの研究者であったり、政治哲学分野で活躍中である。
 さて、肝心の思想史的な意義だが、本書は西洋思想史に置ける公私の概念の変遷史を古代ギリシャから現代まで一貫した立場で分析されており、日本的な公私の違いを理解するには的確な解説であろう。戦後60年を経ても、日本には西欧思想に置ける公私の概念が体系的には受容されておらず、近年の公共哲学研究は著しく進んで来たが、その背景を精確に知るには格好のテキストである。日本ではことに公の概念が政体に絶えず有利に利用されて来ており、酷い例は、 公 = 官 という酷い解釈がマスコミを含めて流布している。その過誤を精確に理解するためにも、本書が果たす役割は大きい。是非ご一読願いたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 イッパツマン トップ500レビュアー 投稿日 2011/6/20
形式: 文庫
 本書の内容を短く纏めるとAmazonの説明そのまんまになってしまうのだが、僕なりに言い換えると、「活動」「仕事」「労働」という風に人間の行っていることを三分割して定義し、時代によってどの要素が優位性をもっていたかという変遷を分析することで、経済学における労働価値説や社会思想史における自由主義・財産権の成立、政治における大衆化、宗教におけるキリスト教の教義の変遷とプロテスタンティズムの誕生、更に科学哲学の変遷、家庭の崩壊、などといった広範な分野での近代以降の現象と思考フレームを相対化してみせた壮大な労作だと言える。こんな豊穣な本の素晴らしさを簡潔に列挙する能力を僕は持たないが、個人的にはマルクスとスミスの両方を批判的に検証する件(くだり)は、社会主義の幻想から覚め、更に新自由主義にも幻滅した今の時代を生きる我々に本書の同時代性を感じさせてくれるように思う。

 勿論、広汎な事柄を扱っているが故に、細部で気になることがないでもない。例えば、アーレントの経済学批判は基本的に古典派経済学批判なので、「生産」に分析が偏ってしまって「商業」、更には現代のサービス業やホワイトワーカー、金融資本主義の分析には足りないものがある。また、「活動」「仕事」だけでなく「労働」からすら疎外される今の時代の先進国の失業者の状況は本書の分析を超えている。更に、因果論は近代より前までは大きな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック