Amazon Kindleでは、 人質の朗読会 (中公文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人質の&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人質の朗読会 単行本 – 2011/2


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 109
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 173


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

--このテキストは、文庫版に関連付けられています。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

人質の朗読会 + ことり + 最果てアーケード
合計価格: ¥ 4,752
ポイントの合計:  95pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた。紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは人質たちと見張り役の犯人、そして…しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小川/洋子
1962年、岡山市に生まれる。早稲田大学第一文学部卒。88年、「揚羽蝶が壊れる時」により第七回海燕新人文学賞を、91年、「妊娠カレンダー」により第一〇四回芥川賞を受賞。2004年、『博士の愛した数式』で第五五回読売文学賞と第一回本屋大賞を、06年、『ミーナの行進』で第四二回谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/02)
  • ISBN-10: 4120041956
  • ISBN-13: 978-4120041952
  • 発売日: 2011/02
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (34件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 238,932位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

44 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 warabi 投稿日 2011/6/25
形式: 単行本 Amazonで購入
 最初から主人公である8人の人質は死んでしまったと、わかって始まる8人の物語に静かに耳を傾けられるのだろうか。痛みばかりではなくいとおしさをもって寄り添いながら読み進められるのだろうかと恐る恐るページをめくった。しかし人質たちが物語を語ることになったいきさつを語った冒頭部分ですでに物語にからめ捕られていく。「いつになったら解放されるかという未来」ではなく「自分たちの中にしまわれて」「決して損なわれない過去」に耳をすませることが必要なのだ。と、小川ワールドに深く静かに潜っていけるのだった。
 それぞれのささやかな日々の生活の中のささやかな物語が、どれほどいとおしくどれほど生の輝きを持ってこちらに迫ってくるか。だからかわいそうというのではない。読後に残る涼やかな印象はなんだろう。彼らは生きているのである。物語を通して生き続けているのだ。
 全編を読み終わった後に「もしも自分だったら何を語るだろうか」と考えた。そして物語ることの意味、物語ることの必要性を改めて考える。物語のイメージを左手に握りしめ、右手で今自分のできることを一つ一つ丁寧に生きていこうと、勇気をもらった一冊。こんな時代だからこそ多くの人に読んでほしい一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ホリデー 投稿日 2011/5/5
形式: 単行本
 小川洋子独特のいつもの世界に心地よく浸ることができた。
 大震災というスパイスが夢中にさせたのかもしれない。
 私の心は、自分も知らない間に疲れていたんだなとわかる。
小川洋子の作品は心のひび割れにそっとしみ込み、静かに、騒ぎ立てることなく
癒してくれる。

 なんでもない日常が本当は一番輝いていた。そんなことに気が付くのは
緊張を強いられる非日常の環境におかれているから。
環境が変えられないなら、あの日の気持ちだけでも取り戻そう。
賢明な人質たちは気が付いた。今このときも日常なのだ。朗読はそれを取り戻す
ための手段。自分が生きてきたことの記録。

 毎日を静かに、丁寧に、ゆっくり生きていこう。
 覚悟を決めたら楽になる。
 すぐに何かが変わるわけじゃない。
 今このときも自分の大事な人生の時間なんだ。
 手の届かない問題に振り回されたら損だよ。
 自分を大事に、周りの人を大事に生きていけばいいだけなんだ。
 
 そんな気持ちにさせてくれる本かな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
39 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 東の風 VINE メンバー 投稿日 2011/3/4
形式: 単行本
 地球の裏側にある異国で人質になった八人が、自分の人生の忘れがたい思い出、過去の記憶をそれぞれ一つずつ書いて、朗読し合おう。八人の人質の誰が言い出したのか分からない、彼ら一人一人の人生の物語を、八つと一つの全部で九つ収めた連作短編集です。

 九つの物語はどれも、語り手がまだ子供だった頃、あるいは何年、何十年か前の昔の忘れ得ぬ体験、出来事を綴ったものばかり。人生の途中で出会い、心を通わせた人物に対する語り手のあたたかな気持ち、その思い出を大事に心にしまっておいた語り手の思いの深さが伝わってきて、何だかしんみりとしてしまいましたね。ささやかだけど、素敵な人生の一コマを垣間見せてもらった、いや、聴かせてもらったみたいな。祈りにも似た、密やかで静かな調べを湛えた物語たち。しんと、心に響くものがありました。

 「中央公論」2008年9月号〜2010年9月号に掲載された九つの物語のタイトルは、「杖」「やまびこビスケット」「B談話室」「冬眠中のヤマネ」「コンソメスープ名人」「槍投げの青年」「死んだおばあさん」「花束」「ハキリアリ」。
 不思議なインパクトを持つ登場人物たちのなかでも、「やまびこビスケット」に出てくるアパートの大家さん、「B談話室」に出てくる公民館の受付の女性、「槍投げの青年」に出てくる青年の姿が印象的だったな。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Misc 投稿日 2012/9/18
形式: 単行本
異国で反政府ゲリラの人質となり爆死した日本人達が、
生前に囚われの日々の中でそれぞれ印象に残った思い出を記し、それを互いに朗読し合う、というのが本書の設定である。
冒頭にその設定が淡々と書かれ、人質たちが残した思い出が後続の各章で明かされる、といった構成だ。
(最後の章だけ人質以外の人物が語っている。)

それぞれの思い出が綴られる個々のエピソードは非常に良かった。
病気の母に食べさせるスープを一心に作る女性の話や、怪しいぬいぐるみを売る老人など、
不思議な登場人物との不思議な出来事がどこか覚めた語り口で描かれていていて、
その文体は最後まで飽きない魅力を感じさせてくれる。
個人的には整理整頓好きのおばあさんとクッキー工場に務める女性との交流が印象深かった。
やり投げの青年の話は、おそらく女性ならもっと共感するところがあるだろう。

しかし、それぞれのエピソードは秀逸でも、
私にはこれらのエピソードがなぜ『人質の朗読会』という設定の上で語られるのか、その必然性を感じる事はできなかったし、
『人質の朗読会』という設定の存在意義も感じられなかった。

理由は二つある。一つは個々のエピソードの文面が思い出を淡々と語ることに終始して
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック