Amazon Kindleでは、 人を動かす! 話す技術 (PHP新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人を動かす! 話す技術 (PHP新書) 新書 – 2002/7/16


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • オールタイムベストビジネス書100: これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。



商品の説明

商品説明

   著者の杉田敏は、NHKラジオ「やさしいビジネス英語」の講師として広く知られているが、実は世界最大のPRコンサルティング会社バーソン・マーステラを経て、日本ゼネラルエレクトリック株式会社副社長、株式会社バーソン・マーステラ取締役社長などを歴任した、ビジネス・コミュニケーションのプロフェッショナル。2002年現在はプラップジャパンの取締役副社長を務めている。

   本書は、その杉田がビジネス・コミュニケーションの極意を説いたものである。外資系のPR会社といえば、エグゼクティブに向けたメディア・トレーニングが特徴的だが、著者は1970年中ごろに、すでにアメリカの本格的なメディア・トレーナー育成プログラムを受講し、日本に導入している。以来、数多くのトップ経営者を相手にトレーニングを行っており、本書にはその経験をもとにした「話す技術」が紹介されている。

   注目したいのは、単なる上手な話し方ではなく、「相手にアクションを取ってもらう」ための技術が紹介されている点。広告、オンライン、対面、媒体を使ったコミュニケーションなど、コミュニケーションの形態ごとにポイントが示されており、どうすればただ漠然と「きく」状態から「聞く」「聴く」「効く」といった各レベルまで相手の関心を高めることができるのか、理論をベースに、ケースを交えながら論じられている。また、意外に知られていないという説得の3つの要素(エトス、パトス、ロゴス)についても、紙数を割いて解いている。アイアコッカやブッシュ大統領、ウェルチなどのエピソードも紹介されているので、楽しくビジネス・コミュニケーションのエッセンスを学ぶことができるだろう。大規模なプレゼンテーションはもちろん、日常のビジネス会話にも応用できるヒントが満載の、有意義な1冊である。(土井英司)

内容(「BOOK」データベースより)

面接、研修、仕事の依頼…私たちは日々誰かを説得し、他人にプレゼンを行っている。こうしたコミュニケーションの最大かつ最終の目標は、「相手を動かす」ことにある。誤解を生むことなく、期待通りに結果を出すためには、どのように話せばよいのか?本書ではメディア・トレーニングを数多く手掛けるプロが、「SMCREモデル」「エトス、パトス、ロゴス」などの最もスタンダードなコミュニケーション論を解説。「自己流」を超えた、効率的で普遍的な説得術を伝授する。

登録情報

  • 新書: 204ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2002/7/16)
  • ISBN-10: 4569622879
  • ISBN-13: 978-4569622873
  • 発売日: 2002/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (17件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 420,770位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 辞書好き 投稿日 2002/9/9
形式: 新書
NHKラジオの「ビジネス英語」の講師である著者は今まで英語関連の本を多く出版しているが、本書のような「非英語系」の本の出版は初めてだ。興味津々で読み始めた。
非常にためになり、面白かった。本書を読むことをさっそく知人に勧めるつもりだ。その理由は:
(1)コミュニケーションの理論の基礎を押さえてあること。(この種類の本にはハウツーものが多いが、それでは満足しない人も多いだろう。)
(2)ビジネスの場面における「説得」を主たるテーマにしていること。(このテーマを取り上げた本は非常に少ない。)
(3)本書の構成、書き方そのものが効果的なコミュニケーションの実践であること。(著者の挙げているコミュニケーション理論を本書の中で無理なく実践している。)
コミュニケーションの学習者であれ、ある程度の学習者であれ、本書から学ぶことは多いと確信する。杉田氏が今後さらに「非英語系」の本を書かれることを切望する。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 新井宏征 投稿日 2002/7/24
形式: 新書
この本では、コミュニケーションの究極の目標を「相手にアクションを取ってもらう」と定義し、そのようなコミュニケーションを効果的に行うための方法が詳細に書かれています。具体的にはコミュニケーションの4つの方法とその組み合わせ方や、SMCREモデル、説得に必要なエトス・パトス・ロゴスなどが紹介されています。
特に面白かったのは、SMCREモデルの部分で出てきた「きく」「聞く」「聴く」「効く」という各レベルの説明と、いかに「効く」のレベルにまでもっていくのかという方法、説得するために必要なエトス・パトス・ロゴスの違いと、そのひとつである「エトス」を高めるための方法、それと「ジョハリ窓」の説明が大いに参考になりました。単に理論を並べ立てているだけでなく、すぐに実践に移せそうなものばかりで、非常に参考になります。
参考になるエピソードが満載で、読み物としても面白い本です。同時に、各章の最後に「まとめ」がついているのですが、とても良く整理されていて、最初から読み返す時間はなくても、ここを読み返すだけで、この本のポイントをつかむことができるでしょう。
どんな人であれ、コミュニケーションは避けて通れないものです。日頃、何気なくやっているコミュニケーションを、一度見直してみませんか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 橋本 保 投稿日 2002/10/26
形式: 新書
この本の良い点を挙げると,
1)読みやすい(理解しやすい)-3時間位で一機に読めました。
2)書いている内容が,コミュニケーション論に基づいているというこで,説得力がある。
3)章ごとにまとめがあり,著者の言いたいポイントがわかり易く,頭に残りやすい。
等が挙げれますが,一番役に立ったのは,プレゼンテーションをする時などの実践に役が立つという点です。
最近,私はよく会社で,プレゼンをする機会があるのですが,本書に書いてある注意点に気を付けることにより,自分のプレゼンが改善された気がします。時間が無い時は,章ごとのまとめだけを参照しても良いと思います。
本書は一回読んだだけで終わらないで,プレゼンテーショー用のガイドブック的な使い方をするのも,有意義であると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ny 投稿日 2002/8/11
形式: 新書
 「コミュニケーションにおける最大の問題は、それが達成されたという幻想である」-著者のかつてのボスの言葉であるらしい。
 第1章「この世は全てプレゼンテーション」ではじまる。仕事に限らず、我々は一人で生きていけないとすれば、好むと好まざるに関わらず自分以外の人と「コミュニケーションする」ことになる。しかし、相手はこちらが思うほど理解していない、分かってくれていない-この事実は著者に改めて指摘されるまでもなく、日常生活において毎日のように経験していることである。
 「相手が分かってない」「何度言ったら分かるんだ」「だから、あいつはダメなんだ」-コミュニケーションがうまく行かない理由を相手のせいにするのは簡単かもしれない。でも、それで済まない場面もたくさんある。相手をきっちり説得せねばならない場面は仕事の中でも日常的であろう。
 ではどうすればよいか?「しっかり確認する」「分かるまで言う」といった「根性論」「精神論」も無効とはいえないとは思う。しかし、この本は、この問題について「科学」している。
 コミュニケーションの不完全性について、これを是正しなければならない人に大して、考え方の軸を提供するとともに、さらにレベルアップしたスキルを効率的に身につけるための着眼点をテンポのいい文書で一気に読ませてくれた。さすが、コミュニケーションのプロだ。 数時間で読みきれる分量も大変ありがたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック