Amazon Kindleでは、 人はなぜ錯視にだまされるのか? をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,728
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人はなぜ錯視にだまされるのか? 単行本(ソフトカバー) – 2008/7/22


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 467


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

人はなぜ錯視にだまされるのか? + だまされる視覚 錯視の楽しみ方 (DOJIN選書 1) + 錯視と錯覚の科学 (ニュートンムック Newton別冊)
合計価格: ¥ 5,724

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

知覚のメカニズムを徹底解剖する

止まっているはずのイラストが動いて見える。
同じ大きさのイラストが違って見える。
平行な線が傾いて見える。

このような現象が起きるのはなぜか......?
そこには人の脳と心の問題が大きく潜んでいます。

本書ではカラフルな錯視作品を多数収録し、そのメカニズムを徹底解剖!

人間の知覚の不思議に迫ります。

内容(「BOOK」データベースより)

止まっているはずのイラストが動いて見える。同じ大きさのイラストが違って見える。平行な線が傾いて見える。このような現象が起きるのはなぜか…?カラフルな錯視作品を多数収録し、そのメカニズムを徹底解剖。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • 出版社: カンゼン; B5判版 (2008/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862550207
  • ISBN-13: 978-4862550200
  • 発売日: 2008/7/22
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 313,581位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ビブリオン VINE メンバー 投稿日 2008/9/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
きらめく色彩の図案絵が、見るだけで動き出す。回転し、拡大・縮小し、平行移動し、波打つことさえある。静止平面に、ある規則で彩色図を描くと、我々の眼と脳が、その図が動いていると知覚する。これは、◎「錯視」と呼ばれ、最初の段階で、間違った知覚らしい。○正しい知覚のメカニズムを使っていながら、最終的に間違えた知覚である「だまし絵」、○同じ錯視だが、チカチカし活動的な印象を与える「オプ効果」とは違うようです。  

錯視には、○形が違ったように見える、線だけで表現できる「形の錯視」、○「動画の錯視」、○「明るさの錯視」などがあります。本書は、特に○「止まっているものが動いて見える錯視」を、扱っています。この動きが見えない人も5%ほどいるらしい。また動く絵は、今も新種が創作されており、その理論付けは、一部を除き未だ十分には、されてはいないようです。

’79に、フレーザーとウィルコックスにより『nature』誌に発表され、その後、コンピューター作画の発展で、実例が増加。著者は、それらを8種に分けています。○タイプ1:輝度のグラデーションを描くことで起こる。○タイプ2a:濃淡2種の灰色があり、その間に 黒か白を挿入して起こる。○タイプ2b:黒と白があり、間に濃か薄かの灰色線を挿入して起こる。○タイプ3:明るさの異なる2領域を並べると起こる。これら全てが、△
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 キッズレビュー 投稿日 2010/6/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
目の錯覚がなぜおこるのか、さらに疑問が増えました。
でも、それだけ錯覚を起こさせる画像はすごいな〜と思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
錯視はとても興味のある問題です。早速読み子どもたちにも提示し楽しんでいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック