人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり
 
イメージを拡大
 

人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり

2011/1/12 | フォーマット: MP3

¥ 600
曲名
収録時間
人気度  
30
1
4:54
30
2
3:42
30
3
3:42

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • オリジナル盤発売日: 2011/1/12
  • レーベル: headphone music label
  • 著作権: 2010 headphone music label
  • 収録時間: 12:18
  • ジャンル:
  • ASIN: B004H9JK1A
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: アルバム - 24,137位 (アルバムのベストセラーを見る)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 reo 投稿日 2011/1/23
形式: CD
ボーカル江沼さんの純粋なハイトーンで歌われる痛々しい歌詞が胸につきささる。
「悲しいニュースもリモコンで変わるよ 他人事のよう 観客のよう」(「最近どうなの?」)
まさにその通り。しかし、他の2枚のミニアルバムの歌詞もそうだが、つらく厳しい現実の中にかすかな希望をとらえているような感じがして何度も聞きいってしまう。
音はギター、ベース、ドラムの3人のシンプルなロックで、ややオルタナ感もある感じ。
先日、ライブを見て生で演奏を聴けて感動したのはもちろんだが、江沼さんのMCを聞いてるとほんとに「この人いい人だなぁ」と実感してますます好きになった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2011/2/11
形式: CD
三曲入り、曲タイトルが全部並んだアルバムタイトル。音楽も無骨なほどギター、ベース、ドラム、そしてVo江沼の声というメンバーによる必要最低限の音で構成されている。これだけでは単調な音楽になってしまいそうだが、彼らはそれを唯一無二のものに変える。それがこのバンドの力だろう。余計なものを一切必要としない強さがある。もちろんそこには江沼の天性の声質や共感を呼ぶ作詞能力など強い武器があるわけだが、このバンドにはそれ以上にバンドである事の強さを感じる。

さて肝心の中身としては、今回の三曲では「人との距離のはかりかた」がメインタイトルになっているが、人と人(あるいは自己と鏡となる自己)の距離に対して唄われたハートフルな作品となっている。一方「最近どうなの?」はアコギをメインに据えながら残酷なほど冷たい人間性が描かれ、そして「人間そっくり」ではこれまで同様に重みのあるバンドサウンドでこの難しい世界と自己との向き合い方が唄われている。

聴き終わり、三種三様故にこの無骨なアルバムタイトルであるのかと気づかされた。新作をリリースするたびに技を増やしつつも、決して無駄のないplenty。このままスリーピースの音楽の究極を貫いてほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 利劔 投稿日 2011/5/8
形式: CD Amazonで購入
拝啓、皆さまからのファンです。
plentyのセンスは切ない。そして優しい。

こんなにも他の人を思いやり、
人との架け橋を探して、
孤独に戦っているバンドは滅多にいない。

「人との距離のはかりかた」

人との距離で人生の苦しみを感じている方は多いのではないでしょうか。
問い続け、保ち、はかり続ける。
その距離を聞いているだけで伝わるものがある。

「最近どうなの?」

近所の付き合い、友達との付き合い
あるいは独りだと思う時間が多いなら、
TVや自分の時間に逃避する。
それではいけない事、それで甘えている事
自らにも、他人にも問いかけている様。

「人間そっくり」

今回、一番衝撃的な歌詞であり旋律。
フォークの様でも、ロックの様でも、PUNKの様でもある。
人間はなにが出来るのか?
人間はなにが出来ないのか?
私はなにが出来る?出来ない?
私はなにが出来た?出来なかった?
切なく問われている響きがたまらない。

全て個人的感想であり、
他の人が聞けば感想も異なる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Knocker 投稿日 2011/6/18
形式: CD Amazonで購入
この中の三曲に共通していることは、どれも人間が描かれていることだと私は思います。特に衝撃をうけたのは「人間そっくり」これには驚きました。重圧なサウンドに、江沼さんの声。そして歌詞。毎日学校へ行くときに聞いてます。iPodのなかで一番再生回数のおおい曲がこれですw
plentyの音楽にはかすかな希望、光が隠されていると思います。感じ方は人それぞれだと思いますが、勇気がでます。

これは買って損はないです!ぜひ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

この商品を見た後に買っているのは?


関連商品を探す