中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 付録ポスター付き。シワ等ございますが、書き込み、ヨレ、ページ抜け、破損等無く、通読に支障の無い状態です。★クリーナーは天然主成分のものを使用しています。商品は中身が見えない包装をし、速やかに発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

井上雄彦ぴあ (ぴあMOOK) ムック – 2009/3/12

5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • ムック: 96ページ
  • 出版社: ぴあ (2009/3/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4835612582
  • ISBN-13: 978-4835612584
  • 発売日: 2009/3/12
  • 商品パッケージの寸法: 28.2 x 21 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 572,109位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kt 投稿日 2009/3/13
形式: ムック
「井上雄彦ぴあ」というタイトルだが、全編を通して扱っているのはバガボンド「最後のマンガ展〈熊本版〉」についてである。 本誌の表紙にもなっている武蔵の顔のキービジュアルのポスターが良質な紙で実に丁寧に付録されている。 中でも意外な内容なのが、熊本出身者である尾田栄一郎氏や、舞台で佐々木小次郎役を演じる予定である小栗旬との対談。 あまりメディアに顔を出さないワンピースの作者がピンナップ付きで、しかも同じ漫画家ならではの結構突っ込んだ話をしているのでこちらは読みごたえ有り。 ワンピースのようなタッチで武蔵が描かれた尾田氏による寄稿は必見です。 小栗旬との対談は、舞台「ムサシ」の小次郎役を演じる予定だけあって、ピンナップではバガボンドの小次郎のように髪を束ねているのはファンにはたまらないだろう。 武蔵最後の地である熊本で「最後のマンガ展」が開かれることには何か運命的なことを感じずにはいられないが、上野へ来られなかった人達の為に、再び読者と一緒に作る作品の空間を設けたいという井上雄彦氏の思いには頭が上がりません。 熊本版のマンガ展へ行く前には読んでおきたいガイドブック的な一冊。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
力強く・洗礼されたタッチで描かれた武蔵。
この表紙から分かるようにバガボンドで知られる画の個展について書かれた1冊。
内容はこの個展を開くにあたっての舞台裏や関係した人の話など盛りだくさんです。

その中でも個人的に楽しめたのは、「ワンピース」の作者で知られる尾田先生との対談。
2人のマンガに対する姿勢や目のつけどころには関心し、1冊分読みたいほどでした。

井上雄彦ファンならもちろん、そうでない人も1読の価値は十分にあります。

これから各地で追加公演される個展にも足を運びたくなることでしょう♪
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
「最後のマンガ展 重版<熊本版>」の案内(導入?)本です。後半3割は「熊本観光案内」です。ロング?インタビューや対談もあります。確かに読んで面白いですが「最後のマンガ展」で出展された「絵」は多分ポスターと表紙になっている「絵」だけです。前回行けず今回も行けないので少しでも掲載されているかと期待しましたが、残念です。井上氏の「絵」を期待している方は購入前にどれだけ少ないか!!中を確認して判断して下さい!製作現場リポートは10分だけ許されたのを「濃密な空気で緊張感が伝わってきた・・・。」で4ページも割いてます。井上氏うんぬんでなく、作り手の問題です。「この本持って、ぴあでチケット買って、熊本行ってね!」という本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
まず梱包の大きさに驚かされました。
本体は微妙な大きさで本箱には収まらないでしょう。
上綴じなので見づらいのも確かです。
新しい要素は何一つないかもしれません。
今までさんざん出尽くされた「あれから10日後」や「学校の写真」、
「15段広告」・・・そのどれもが懐かしくもあります。

私としてはやはり5点をつけたいと思います。
井上氏が持つスラムダンクへの愛情と、ファンの愛情をすごく感じられる作品です。
時系列である程度整理された「あれから10日後」は個人的には非常に読みやすいです。
しっかりと読ませるための大きさであると納得しました。

もちろん学校の写真や英訳など、そのどれもに井上氏のこだわりや
愛情を感じずにはいられません。

あぁ、やっぱりスラムダンクが好きなんだなと思わせてくれる作品だと思います。
1 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック