Amazon Kindleでは、 五体不満足 完全版 (講談社文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

五体不満足 単行本 – 1998/10/16


すべての 4 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 555 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

五体不満足 + 自分を愛する力 (講談社現代新書)
合計価格: ¥ 2,549

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

 「満開の桜に、やわらかな陽射し。やさしい1日だった…」。先天性四肢切断という「超個性的な姿で誕生」した日を、著者はそんな言葉で描写している。そして「生まれてきただけでビックリされるなんて、桃太郎とボクくらいのものだろう」という感想を書きつけた後で、1ヵ月後に行われた母との対面の様子を紹介する。そのとき母は単純に「かわいい」と言ったのだと――。

   一見客観的な文体でつづられたこの「まえがき」は、ある意味で「神話」である。生後1ヵ月の子に確実な記憶などあるはずはないし、周囲にも何らかの単純化の配慮があったことが、容易にわかるからだ。

   しかし、周囲の事情は問題ではない。大事なのは、「神話」によって培われた著者の強い自己肯定感覚の力である。「靴の代わりに車椅子に乗る」と言い、障害を個性としてとらえてやまない著者の芯の強さは、この自己肯定感覚なしには考えられないからだ。

   本書につづられた著者のアイデンティティー獲得を巡る格闘は、明るく感動的で説得力に満ちている。障害は個性だという主張にも、多くの読者に受け入れられる普遍性があると思う(若者は、誰でも障害者と自己認識しているという言い方だって可能なのだから)。

   しかし、と考える。「かわいい」と言ってくれない両親がいなかったらどうなるのか。世の中には、むしろそんな人の方が多いのではないのかと。この問題の解決は、むろん著者の課題ではないにしても。(今野哲男)

内容(「BOOK」データベースより)

両手両足がなくたって今日も電動車椅子で走り続ける、早大生・乙武洋匡君の「生きる力」とは。やさしい気持ちが湧いてくる本。

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: 講談社; 初版第16刷版 (1998/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062091542
  • ISBN-13: 978-4062091541
  • 発売日: 1998/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (99件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 93,632位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

471 人中、424人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハバネロ・ボンバイエ 投稿日 2013/5/22
形式: 単行本
3分の1も読まないうちに、読むのをやめました。
同じ事を微妙言い方を変えて繰り返しているだけの内容だったからです。
私には、作者がただの甘えん坊だとしか思えませんでした。
世間的にはかなり売れた本のようですが、タイトルと表紙写真のインパクトだけの本で残念でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
224 人中、200人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ルーラルキング 投稿日 2013/6/3
形式: 単行本
この著書にはこのような事が書かれています。

『もし、「自分は障害者だから優しくしてもらえない」と言う障害者がいたら、「障害者だからじゃなくて、あなた自身に問題があるんだ」と言ってあげて欲しい』

これは乙武氏の事であると認識しました。
反面教師的に読むのが良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
625 人中、555人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 人間解体 投稿日 2013/5/24
形式: 単行本
常識と人を思い遣る心と自分が周囲に支えられて生きているのだという自覚とその感謝。

乙武氏が不満足なのは五体ではなくそれら社会で生きる人間としての
最低限もっているべき真っ当な心根だと思いました。

乙武氏の体重は35キロ前後らしいですが、人の支えにはそれ以上の
重さと負担が圧し掛かっているということを分かってほしいです。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
199 人中、177人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 MNMT 投稿日 2013/6/1
形式: 単行本
これは自分が小学生のときに出版された本で、道徳の授業で読みました。
この本はわかりやすい文章で書かれているおかげで当時は良い本だと
小学生ながら確かに思っていました。

「五体不満足の五体ってどこだと思う?」という質問に児童が「手足頭」
と答えて、先生が「そうだね。でも乙武さんは頭は不満足じゃないよ?」
と質問して児童が困っているところに「本当は不満足じゃないのに謙遜で
そういうタイトルにしてるんだよ。乙武さんは立派な人だね。」という
問答がどこの小学校の道徳でもあったのではないでしょうか。

確かに当時の乙武さんにとっては五体不満足というタイトルは謙遜でした。
しかし、今となってはあながち謙遜ではないかもしれないと思っています…。
小学生のときから知っていた人だったからこそ、本当に残念な気持ちです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
240 人中、211人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヘルパ 投稿日 2013/6/2
形式: Kindle版
こんな経験はありませんか?

学校でこの人の本を読まされる、感想を書かされる、但し、その感想はこの本に対する称賛でなければダメ、それ以外はまるで非人であるかのように非難される。
マスコミでこの著者が取り上げられる、絶賛の嵐。いかにこの本が素晴らしいか、著者が重い障害にも挫けず生きてるか。著者、著者を支える周囲の人達などへの疑問などスルー。

先日の騒動でこの著者の事をいろいろ知るにつけ、この著者は障害という現代日本では誰も歯向かう事の出来ない強力なフィールドによって守られ好き勝手、思うがまま、やりたい放題に生きてきただけの人間に過ぎないと思うようになりました。

もし、この著者を授業で取り上げよう思ってる教育関係者、障害者問題でこの著者を取り上げようと思ってるマスコミ関係者、また、講演、イベントなどでこの著者を呼ぼうと考えてらっしゃる方、そんな方々がいるならば、どうかお止めください。

どうか、この著者に騙される人達がいなくなりますように。
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
218 人中、189人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 本屋さん 投稿日 2013/5/30
形式: 単行本
どんなに素晴らしい文章で末尾を結んでいても本人がとんでもない人物と分かったらなんと薄っぺらいことか。。。

いかに彼が過保護に大事に甘やかされて育てられてきたか、いかに彼がラッキーだったかよくわかりました。

普通の障碍者の方はこうはいかないでしょう。

障碍児ができても甘やかすのはいけないなと今後の人生のいい教訓になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
493 人中、420人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 くまぷり 投稿日 2010/3/13
形式: 文庫
障害者=不幸ではない、といいたかっただけなのでしょうが
障害者が皆彼のように恵まれた環境なわけではありません
また身体障害と知的障害は違いますし
先天的に手足がない彼と後天的に手足を失った人はまったく違います
病気で体が不自由な方も居る一方でこの人は別に病気なわけでもないのです

内容は彼の幸せな半生やエピソードを書き連ねただけ。
健常者なら「だから何?」で終わるようなお話です。
非常識を常識にとらわれないと言い切ってしまう無神経さは救いがたく
障害者が居ればみんなが気を使うから平和になる、といった文章にも愕然としました

バリアフリーといいながら気遣いというバリアに守られてることには気づかなかったのでしょうか?
内容も非常識自慢がメインで障害者であること以外特記すべきところはありません。

追記
2013/5/18 著者が飲食店の対応が不服であるとツイッター上で店舗を名指し糾弾をし
店が野次馬に暴言や、口コミサイトに中傷が書かれる事件が起きましたが、予想通りとしか思えません。
なぜならばこの文庫版のエピローグに既に非常によく似たエピソードが書いてあるのです。
こちらも自分だけが一方的に傷ついたとが大げさ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック