通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料◆代引き・コンビニ・クレジットカード 他 対応◆国内正規品。レンタル品ではありません◆ケースにスレ等の使用感が見られますが、ディスクはキレイです◆解説書等はありません。ケース、ジャケットとディスクのみになります◆Amazon配送センターから迅速丁寧に発送いたします◆お急ぎ便(プライム)対応◆Amazon専用在庫のため在庫切れキャンセルはありません
Amazon買取
最高買取価格

¥ 666
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

二百三高地 [DVD]


価格: ¥ 4,860 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Came-Shopが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:9¥ 2,982より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

二百三高地 [DVD] + 八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]
合計価格: ¥ 9,758

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 仲代達矢, あおい輝彦, 夏目雅子, 丹波哲郎, 森繁久弥
  • 監督: 舛田利雄
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • DVD発売日: 2003/12/21
  • 時間: 184 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (65件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0000TCN88
  • EAN: 4988101108077
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 54,461位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   日露戦争最大の激戦となった二〇三高地の戦いをモチーフに、そこに関わった軍人や兵士、そして民間人とあらゆる階層の激しくも苛酷な人間模様を、舛田利雄監督が堂々3時間の流れの中で一気に描ききっていく戦争映画超大作。
   高地の突撃を繰り返しながらも戦死者が続出するだけでまったく成果を上げられず、非難を浴びる乃木希典大将(仲代達矢)と、なぜか彼を交替させようとしない明治天皇(三船敏郎)。そして親友の乃木を見かねて現れた児玉源太郎大将は「味方の弾が味方に当たっても構わない」と豪語する。そんな中、兵士たちは疲弊し、次々と斃れてゆき、かつてロシアとその国の文学を愛していた教師(あおい輝彦)の心には、ただ敵に対する憎しみだけが募っていき、ついにその想いは乃木に対してぶつけられていく。
   勝とうが負けようが、残されるものはただ兵士たちの無為の死のみという戦場の現実を露にした傑作。さだまさしの歌う主題歌『防人の詩』も大ヒットした。(的田也寸志)

レビュー

監督: 舛田利雄 脚本: 笠原和夫 出演: 仲代達矢/あおい輝彦/夏目雅子/丹波哲郎
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7

最も参考になったカスタマーレビュー

167 人中、156人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 b2 投稿日 2005/12/18
いぶし銀の名優ずらりで仲代達矢の乃木、丹波哲郎の児玉はもちろん、森繁久彌の伊藤博文、三船さん(だったはず)の明治天皇など「気持ちが悪い」ほどイメージピッタリの配役。この当時の日本の戦争映画は(プライベートライアン以外の)ハリウッドと違い「これでもか!」といわんばかりに「味方」の一般兵卒も惨たらしくバタバタ殺されるシーンを繰り返す。いまと比べて制作費、CG技術には全然プアーなのに迫力がある。ひいきめかも知れないが一応自国が勝った戦争を描いたものでありながら他の国の戦争ものと比較して敵方の描き方の中立性、全編に貫徹される哀調も充分な名作。しかも国家指導者から一般庶民にいたる幅の広い視点から見た戦争を同時に描くという離れ業をやってのけている。他の国では絶対こうは描かない。最後に夏目雅子が「美しい国日本、美しい国ロシ、、、、」まで書きながら書ききれず崩れ落ちるシーンも秀逸。今日「男たちの大和」を見たがやはりこれには遥かに及ばない。あれから何十年たったんだ?がんばれ邦画。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
56 人中、52人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 四畳半 投稿日 2005/7/13
私が小学校3年生のとき、この映画が上映された。以後、テレビ放映されるたびに見たものだし、テレビドラマ化もされ毎週水曜日だったか、夜10時位から放映されていたと記憶しているが、親に「早く寝なさい」と怒られながらも、「これだけは見させて」と懇願し、涙しながら観たものだ。また、この映画の主題歌「防人の詩」は私が、生まれて初めて自分の意思で手に入れたレコードだった。これがきっかけで、万葉集の防人のうたなども読んだ。本当に大きな影響ときっかけを与えてくれた映画である。
ロシア軍が持つ当時最新のマシンガンによって、自分と同じ日本人が無残にもバタバタと殺されていくさまに、言い知れぬ悔しさと情けなさと怒りを感じるが、逆に、大量の出血を強いられながらもついには高地を占領する日本軍の雄姿に、頑張った先達への畏敬の念が生まれる。
さまざまな立場の人物の、それぞれの人間ドラマも描かれていて秀逸。
ぜひ、多くの人に観てみてほしいが、特に、この戦いを単に忌み嫌うべき軍国日本の歴史の一部として考える人には、日本がなぜこの戦いを戦わなければならなかったのか、そしてなぜこの前に清国と戦わなければならなかったのか、この後なぜ朝鮮半島を併合しなければならなかったのか、なぜそこまで背伸びをしなければいけなかったのか、考える良いきっかけにもなると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
71 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "イガグリさん" 投稿日 2005/7/30
日露戦争の代表的激戦の一つ、旅順口攻城戦がテーマの作品です。明治日本の成長期に起きた日露戦争は、苦渋の決断の末、大国ロシア相手に開戦に踏み切ります。旅順口攻囲戦は、結果的には勝利に終わりましたが、参謀本部の指導の下に行われたこの戦いは6万人以上の死傷者を出す消耗戦の末の陥落となります。この陥落により、第三軍の北上と旅順艦隊の消滅、バルチック艦隊の根拠地の失陥、ロシア関東軍の消滅と外債の募集への影響等、日露戦争の一大転機となった効果を生み出した戦いであったと思われます。
作品は、これらの背景を短時間でわかりやすく集約し、旅順口攻囲戦の意義について見事に描いております。また多くの登場人物(あおいさん、仲代さん他)がそれぞれの立場での旅順口攻囲戦を好演し、その悲惨さは万感胸にせまるものがあります。また挿入歌である「防人のうた」が物語の叙情を際立たせている作品でもあります。
現在の日本の繁栄を考える上で、過去に生じたこの戦争について一日本人として考えさせられた作品であると思います。
尚、蛇足ですが児島襄著「日露戦争」、司馬遼太郎著「坂の上の雲」「殉死」、別宮暖朗著「旅順攻防戦」等を読むとより深く理解できる作品かと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
95 人中、84人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2004/2/1
題材は100年前の日露戦争での旅順要塞攻略戦です。
当時から日本では乃木の作戦指導が批判の的になっていましたが、機関銃と
コンクリートで固めた要塞を半年足らずで攻略したのは列強には驚異的なこ
とだったようです。 この戦いは特段装備が優れているわけでもない日本軍の
神秘的な強さを世界に印象付けることになりました。
それはクリミア戦争で機関銃の無いロシアの要塞攻略に当時最強の陸軍国
だった仏英軍が甚大な被害を出して1年近くかかったことからも判ります。
また日露戦争で日本が勝利国となったことは当時、アフリカやアヂア、アメ
リカの黒人等々世界で列強に虐げられていた多くの人に感動をあたえ、それ
らの国では子供や商品に日本の将軍の名前をつけることが流行ったとか。
こういった時代背景は今の日本人からすると完全に時代劇的な遠い昔の話に
感じると思われますが、他の古典作品と同様、人の営みに変わりはないし、
現代も国際関係が厳しいのも同様です。
この作品の特撮は甘いのですが、感動に何も支障になりませんし、俳優陣は
特撮を補って余りある素晴らしさだと思います。
こういった作品は反戦や戦争賛美といったイデオロギ的な問題がつきもので
すが、この作品は
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック