¥ 518
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9) 文庫 – 2008/2/20


すべての 5 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,677 ¥ 650
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 518
¥ 518 ¥ 93
楽譜
"もう一度試してください。"
¥ 9,740


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9) + 自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫) + これが私の優しさです―谷川俊太郎詩集 (集英社文庫)
合計価格: ¥ 1,792

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ひとりの少年が1対1で宇宙と向き合い生まれた、言葉のひとつぶひとつぶ。青春の孤独と未来を見つめ、今なお愛され続ける詩人の原点を英訳付の二カ国語版で初文庫化。著者18歳の時の自筆ノートを(一部)特別収録。

内容(「MARC」データベースより)

1949年冬から51年春頃までの作品を選集、1952年に刊行された谷川俊太郎の初めての詩集。関東学院大学教授のエリオットと川村による英訳をつける。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 251ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087462684
  • ISBN-13: 978-4087462685
  • 発売日: 2008/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (28件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 8,121位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

64 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 シネマA トップ500レビュアー 投稿日 2008/3/1
形式: 文庫
 詩人谷川俊太郎の記念すべき出発点となった昭和の名詩集『二十億光年の孤独』が文庫本でお目見えするのは、なんとこれがはじめてなんだそうです。意外な気がします。

 いまから半世紀も昔に、太平洋戦争の敗戦国でまだ貧しかった日本の、二十歳そこそこの若者が出版したとは信じられないくらいに、みずみずしい抒情と快活な才気に富んだ詩が50篇。
 当時の詩壇の大御所だった三好達治が序詩を寄せて絶賛したことも納得できる、画期的で清新な詩集です。
 処女作には作家のすべてがあるとしばしばいわれますが、この詩人の場合も、現在にいたる旺盛な詩作の拡がりと深まりの萌芽をここに見いだすことができるのではないかしら。

 本書には、表題の詩集のほかに、読解の助けになる貴重な文章がいくつか、草稿となった自筆の大学ノートの一部の写真版、それから高校程度の英語力があれば読めそうな全収録作品のやさしい英訳までも附録についていて、文句のつけようがない充実ぶりです。
 これはおすすめ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2010/1/21
形式: 文庫
日本を代表する現代詩人の代表作でありデビュー作。

彼の詩集は、何冊か持っていて、
それらのなかには「二十億光年の孤独」もすべて収められているが、
この文庫は、ある意味、決定的でした。

なんという編集なのでしょう。

谷川少年は、高校を卒業して進学もせずぶらぶらしていた。
それを問い詰めた父親谷川徹三への答えとして、
彼はおずおずと2冊のノートを差し出した。
そこには書きためられた詩の言葉。

その後の経緯もドキドキするような事実の連鎖。
こうした事柄が「解説」として生き生きと描かれています。

そして読者は、まさに父親が見たような形で、
18歳の詩人がノートに書いた文字そのものを見る。
2冊のノート、表紙には
それぞれの「詩集」のタイトルまで書かれている。

詩人の詩についての文章も4篇収録。
巻末には英訳まで付き、
有山達也によるカバーもばっちり決まって、
「決定版」が文庫で登場です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ビイハヴ 投稿日 2008/3/11
形式: 文庫
「万有引力とはひき合う孤独の力である」 −二十億光年の孤独−
"Universal gravitation is the power of the solitudes pulling each other." -two billion light-years of Solitude-

この文庫のおもしろいところは、英訳と著者の草稿、コピーが一緒になっていること。
別の視点から見るおもしろさがあり、そして谷川の言葉運びに改めてほれぼれする。

英訳と比べてみると、それは分かる。
詩はどんなに上手に訳しても、原文の30%も引き出すことはできないという言葉があるが、なるほどと納得する。
そこかしこに科学用語が使われているが、彼の日本語はそれがあまり無機質な響きを持たない。
英語になると、ふむ、どこかよそよそしいのはなぜだろうか。
英訳が対になっていることで、見つかる日本語の美しさもある。

ふだん詩を読まない人間でも、この本は楽しめた。
おすすめの一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 薬袋 投稿日 2004/9/22
形式: 単行本
悲しい時や苦しい時に、そっとこの詩集を手にとって文字列を追う。
自分が如何にちっぽけで、つまらない事を気に病んでいた事が判る。
痛々しいのではないが、何処か果敢無げな雰囲気を醸し出している谷川俊太郎さんのこの処女詩集は、
疲れて歩けなくなった人たちを優しく包んで、休憩場所をくれているかのようだ。
代表作『二十億光年の孤独』の他『生長』など、教科書でお馴染みの作品が並ぶ。
一読して後悔は無い。是非辛くなったら読んで欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/7
形式: 文庫 Amazonで購入
中学生時代、初めて谷川俊太郎の「生きる」という詩を知りました。その時の衝撃は大きく、今でも大好きな詩で谷川俊太郎のファンになりました。
この「二十億後年の孤独」は、初めて目を通す詩集です。題名や原点である詩集ということは知っていましたが、文庫本化されていたことを知り、購入。
読んでみて、日本語の「やさしさ」「美しさ」「しなやかさ」を、改めて新鮮に感じました。こんな美しい言語を粗末にしてはいけない、という気にさせられます。特に「世代」という詩によく表れていると思いました。
どの詩も、みずみずしい十代の感性で満たされていて、鼻の奥がツーンとする思いで読みました。
自分自身にもこんな時代があったと、数十年ぶりに思春期の自分自身にも再会したような気がします。
本人による自註、解説などのほかに、著者18歳の自筆ノートの一部と英文訳も掲載されています。
忘れかけていたものを思い出させてくれる良い本、詩に出会えてよかったです。
7 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック