Amazon Kindleでは、 事故がなくならない理由 安全対策の落とし穴 (PHP新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
事故がなくならない理由(わけ): 安全対策の落とし穴 (PHP新書)
 
 
1分以内にKindleで 事故がなくならない理由 安全対策の落とし穴 (PHP新書) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

事故がなくならない理由(わけ): 安全対策の落とし穴 (PHP新書) [新書]

芳賀繁
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 799 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
10点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 602  
新書 ¥ 799  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

事故がなくならない理由(わけ): 安全対策の落とし穴 (PHP新書) + 交通事故を7割減らすたった2つの習慣 + ドライバーズハンドブック 交通心理学が教える事故を起こさない20の方法
合計価格: ¥ 2,149

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

低タールたばこががんを増やす? 安全なクルマが乱暴運転を促す? 事故や失敗の背後に潜むリスク行動をとる人間の心理に光を当てる。

内容(「BOOK」データベースより)

鉄道、医療、バス、原発、温泉施設…事故が起きるたびに、責任が問われ、規制が強まり、対策がとられる。だが、安全対策によって「安全・安心」は高まったと言えるのか。著者は、安全対策によって人間の行動はどのように変化するのか、そこにこそ注目すべきと説く。事故や病気や失敗のリスクを減らすはずの対策や訓練が、往々にしてリスクを増やすことになるのはなぜか、人間の心理とリスク行動に光を当てる。さらにリスク行動の個人差、リスク・コミュニケーション、リスク・マネジメントにまで踏みこむ。

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569808263
  • ISBN-13: 978-4569808260
  • 発売日: 2012/9/14
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 92,657位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書
地震津波や原発事故の最新のこと、また、大半は交通事故について書いてある。
昨年〜今年にかけて起きた重大交通事故にも少し触れてあった。
安全工学とか人間工学・ヒューマンエラー、安全装置を付けると人は安心して油断するなど。
人が思う(メディアが取り上げる)危機意識と、実際の事故(死亡)の割合のギャップなど。
予防的事故安全の立場で、安全対策が作る罠をひもとき、最近の事情もとらえているので、
事故予防を考えられている方には興味深いと思った。

本書を読んで一つ疑問に思ったことは、自動車運転教習と事故の割合について。
欧米において、家族や知り合いが運転を教えた方が、教習よりも事故が少ない統計になっている。
ある意味、運転教習の無力さを感じたが、この自動車運転教習と、プロのパイロットや鉄道運転士のトレーニングとの違いを解説してほしかったと思う。

安全対策は人の油断を生むことある・・・これを気付かせる一冊でした。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 安心は人間の最大の敵である 2012/10/29
By 金魚
形式:新書
産業心理学、交通心理学、人間工学を専門とする著者の本。
タイトルはともかく帯が秀逸です。
「高い防潮堤が津波の被害を大きくした?!」
「低タールの「軽い」たばここそ、危険!」
これらに引き寄せられるように本書を手にしました。
帯のようなことがなぜ起こるのか、本書はその疑問に答えてくれます。
話の中核は「リスクホメオスタシス理論」。
大雑把に説明すると、安全対策がとられて安全性が増した場合、
リスクが減った分(余裕ができた分)、その範囲で新たにリスクをとって、
効率性や快適性を高める目的に転用してしまうのでリスクが減らないという話です。
しかしこの説は安全対策の無意味さを意味するものではなく、
例えば工学的対策をとった場合、どのような人の行動変容が起きるのかを想定せよ、
といった警鐘でもあり、また安全への動機づけを高めることの大切さを説くものでもある。
本書はあとがきで著者も触れているように欲張りすぎたためか「総花的で散漫」なところもあるが、
安全対策について興味のある読者にはよい入門書となっているのではないかと思います。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書|Amazonで購入
技術者が良かれと思って開発した技術の多くが,それを使うユーザの行動がどのように変わるかということをあまり考えておらず,当初の目論見通りの効果が得られないことがある.いや,むしろ全く想定していなかった事態すら引き起こすことも少なくない.

本書はどうしてそのような事態が起こるのかということをわかりやすく解説した良書であり,この内容を頭の片隅に置いて設計されたモノが世の中に出てくるようになると,人と機械の関係がよりよいものになるのではないか.また,ユーザ側も便利な道具を使う際に少し意識するだけで,得られる結果が変わってくるのではないか.本書を読み終えたときにそういう期待を抱いた.
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書
帯をみると、逆説的な事例が列挙されています。(書店で手に取るとわかります)
それ以上に中身は面白かったです。

「工学的対策でリスクが減れば人間はリスクを高める方向に行動を変化させるリスク補償行動をとり、長期的には事故率が元の水準に戻ってしまうというリスク・ホメオスタシス理論」を筆者は紹介しています。
たとえば、曲がりくねって「危険な」道路をまっすぐで「安全な」道路に改修すると、ほとんどの人がスピードを上げて「危険な」走行を自らの判断でしてしまう、というようなことです。

「安全対策がどのような成果を上げるのか、あるいは上げないのかを決めるのは、その安全対策によって人間の行動がどのように変化するのかにかかっている。これは工学の問題ではなく心理学の問題なのである」と述べているとおり、人間の判断でリスクをとってしまう行動はどうしようもなく、誠にもって人間とはワガママなものだなあと感じますね。

煙草も酒も止められない、にもかかわらずスーパーの総菜に張られたラベルに長々と印字された添加物等に眉をひそめて買うのをためらってしまう私は、とっても人間的ななリスクテイカーで心理学的なベネフィット誘因に弱い、ほほえましい一市民だなあと痛感します。(←もちろん本書はこんなおちゃらけた趣旨では書かれていません、念のため)
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 勉強になりました
芳賀さんの本はどれも満足しています。
冷静な分析がすごいです。
投稿日: 4か月前 投稿者: 佐々木哲美
5つ星のうち 5.0 心理学者が執筆した安全対策書として秀逸です
産業心理学の第一人者芳賀教授が執筆した安全対策の本で、多くの研究結果に基づき、わかりやすく、しかもしっかり書かれています。芳賀教授の持論であるリスクホメオスタシス... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: tacky
5つ星のうち 3.0 そんなに単純じゃないと思う
事故は車を引き合いに出すならば、事故りやすい性格も存在するような気がする。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: ryo安室
5つ星のうち 5.0 大変勉強になりました。
建設関係に従事していますが、どうしても安全対策がお座なりになり勝ちな傾向があり、指導に限界を感じます。年々、ハードルが上がっているのに、どうして同じような事故が減... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: ken2_1219
5つ星のうち 3.0 内容が今一
安全と事故防止の違いがとてもよく説明できていた。
だから何が必要でなにが不悉用がわかりずらい。
投稿日: 12か月前 投稿者: 武田
5つ星のうち 3.0 ちょっぴり期待はずれ
納得できる点は多いんだが、最後が少しいただけない。 「職業的自尊心を高める」... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 リスクの考え方がよくわかります!
職場で事故を減らそうと取り組んでおられる方は多いと思いますが、この本は、リスクの考え方を幅広い観点からわかりやすく説明されており、エッセンスを把握し、今後の対策を... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: amazonfan
5つ星のうち 5.0 現場で感じていたモヤモヤがスッキリしました
素晴らしい本だと思います!
現場で安全担当をしていますが、感じていたモヤモヤがスッキリ!... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 読む価値がある
既に他のレビュアーの方々が詳しく述べているので, 内容について新たに付け加えることはありません.
投稿日: 17か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 クルマ業界の人 読むべし
日本のクルマ社会を考えるきっかけになる好著です
どんどん進化するクルマの性能・機能、一方、いっこうに向上しないドライバーの意識レベル... 続きを読む
投稿日: 20か月前 投稿者: フジ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック