¥ 3,780
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
九龍城&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness 大型本 – 2004/2/21


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,780
¥ 3,780 ¥ 4,500


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness + 香港ルーフトップ + スラム 世界のスラム街探訪
合計価格: ¥ 8,748

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“City of Darkness”こと九龍城は、大都市香港の中心に紛れもなく存在した。この高層スラムには、33,000もの人々が住んでいた。九龍城はどのように生まれたのか?これほど多くの人々が、これほど過酷な環境で生活できたのはなぜだったのか?取り壊しを前に、2人のカメラマンが4年間をかけて九龍城の住人たちに取材をし、仕事をする姿や部屋でくつろぐ様子をカメラに収めた。320枚の写真に32人へのインタビュー、さらにその歴史を収めた本書は、もはや存在しないこの特異なコミュニティを浮き彫りにした、比類なきドキュメンタリーである。

内容(「MARC」データベースより)

大都市香港に存在していた高層スラム、「City of darkness」こと九竜城。それはどのように生まれ、多くの人々がその過酷な環境で生活できたのはなぜか? 取り壊しを前に住人達を取材した様子、歴史を収録。

登録情報

  • 大型本: 215ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2004/2/21)
  • ISBN-10: 4872574230
  • ISBN-13: 978-4872574234
  • 発売日: 2004/2/21
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (38件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 88,792位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

38 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "ロロロ" 投稿日 2005/2/12
形式: 大型本
確かに高い。確かに迷う。でも、コレは買っても大丈夫!ちなみに私は迷った挙句にコレと大図解九龍城(岩波)の2冊を買いました。まぁ大図解九龍城も良かったけど、大図解九龍城が死体解剖だとすればこっちは生体解剖とでも言うか、生前の九龍城の姿が写ってたわけです。写真がカラーでね、文章中に掲載写真の説明がされてるから貴重な写真1枚1枚の意味が確実に理解できる!「この建物の中ではどういう人がどんな生活してたんだろ?」の興味に答えてくれた本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
70 人中、66人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 matsubokkuri 投稿日 2006/2/8
形式: 大型本
自分が建築を勉強をしていることもあって、九龍城の建築的適当さに凄く興味があった。
九龍城は、複数の建物が集まる街でありながらも、それらが無秩序に建設されている事から街というより一塊のボリュームとして存在していた。
建物間の隙間は道路というより廊下であり、その頭上に微かな日の光がのぞいている。
自分としては、各建物間の隙間や城内の路地的な空間といった要素を見たいと思いこの本を買ったが、残念ながらそのような要素を捉えた写真はあまり見受けられなかった。(何枚かはあったが)
個人的に、表紙以上の写真はあまり掲載されていなかったように思う。
掲載されているのは、当時の住民とその住居の写真、そしてインタビュー。ページ数の大半はそれに占められている。
九龍城での住民の生活を知りたい方にはとても参考になる資料だと思いますが、

九龍城の空間に興味のある方は、他の本を購入されることをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/28
形式: 大型本
 City of Darknessは以前から欲しいと思っていた本でしたが現在絶版のうえに希少価値が高くとても高額で手に入らなかったのですが遂に日本語版が出版され 嬉しい限りです。九龍城を取り上げた写真集はいくつか出ていますがモノクロや無人の廃墟となった姿の九龍城の写真しか見たことがありませんでした。この“九龍城探訪”は殆どがカラー写真でそこで生活している人々がリアルに活き活きと写しだされています。魔窟と謳われていた事がうそのような印象を最初に受けましたがやはり迷宮、退廃は見られます。
 この写真集は九龍城砦の真実の姿が見られる貴重な資料だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cus 投稿日 2006/3/1
形式: 大型本
廃墟・魔窟などといったイメージが先行してしまう九龍城だが、この本に載っているのは「人々の生活の場としての九龍城」である。水・電気の供給・警備などの諸問題について住人や業者のリアルな声が収められており九龍城での日々の生活についてのイメージが持ちやすい。写真も他の本では住民退去後のものが多いがこの本では「生前の九龍城」の様子が捕らえられていて非常に興味深い。価格はやや高めだがそれに十分見合った内容だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 米光一成 投稿日 2004/2/29
形式: 大型本
廃虚好きには伝説のように語られていた本の再販らしい。さすがに凄い本。
九龍城は、100×200メートルの敷地内で無秩序に増築 取り壊しを繰り返し、複雑に入り組んだ生きた廃墟 のような様相を作り出した場所。
九龍城関連の出版物はモノクロが多いのだが、この本はほとんどすべてカラー。絡まり合った配線、パイプ、看板、コチェコチェ好きにはたま らない。それに加えて、九龍城に住民のインタビューが満載。歯科医、音楽クラブメンバー、漢方医師、救世軍幼稚園、牧師、定規製造者などなど。一人一人の証言から立体的に九龍城の姿が浮かび上がってくる仕組みだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ルンバねこ隊 投稿日 2004/5/12
形式: 大型本
たまたま買った本だったが、内部からにじみでる「確かにそこにあった生活」の魅力にとりつかれてしまった。まず写真を眺めるだけでも、なんとも形容しがたい厚みのあるなにかが実感をもって胸に迫ってくる。さらにインタビューを丁寧に読むと、『魔窟』とよばれていながらもその中で営まれていたのはどこにでもある人生であることがとても魅力的に感じた。
買ってよかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2004/10/21
形式: 大型本
この手の本は、いつ絶版になるかわからないし、今となっては洋書版は、手に入れるのが困難なこの1冊。原本とレイアウトが違うとか写真のサイズが違うとか言う人もいますが、そんな細かい事を言うよりも、買おうかどうしようか迷ってるなら、買うべき。本は買ってナンボやで。クソゲーと言われた九龍風水傳好きの人、アジア好き、新世界界隈に魅力を感じるヤロウは、黙って買え!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ファイブスポット VINE メンバー 投稿日 2006/1/18
形式: 大型本
香港に在住していたカナダ人カメラマンが、香港に住みながら丹念に撮影した九龍城の写真集。かつて、魔界、犯罪地帯と呼ばれた九龍城を愛情込めて撮影。撮影者は欧米の一流雑誌で仕事をするフリーカメラマンだけあって、写真の迫力、美しさは特筆モノ。香港フリークにはぜひ、おすすめしたい。ちなみに、九龍城は取り壊され、陳腐な公園になってしまっている。よって貴重な記録でもある。(松本敏之)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック