通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少のスレがございますが、中身は折れ・書き込み・線引き等なくキレイです。アルコール消毒・防水加工の上、ゆうメールにて24時間以内に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness 大型本 – 2004/2/21

5つ星のうち 4.5 44件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,780
¥ 3,780 ¥ 2,778

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness
  • +
  • スラム 世界のスラム街探訪
  • +
  • 香港ルーフトップ
総額: ¥8,748
ポイントの合計: 259pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

在りし日の九龍城が蘇る──

九龍城ファンの間で伝説的な写真集、「City of Darkness -Life in Kowloon Walled City-」の日本語版がついに登場!

魔窟と呼ばれ、惜しまれつつも1993年に撤去されてしまった九龍城。「一度入ると二度と出られない」などといった数々の都市伝説を持ち、多くの人間を魅了しながらも、外部の人間の侵入を拒み続けたため、その内部での生活について語られたことはほとんどない。
本書は、全盛期の九龍城内部を取材した唯一の書籍であり、生活者のインタビュー、内部および外観写真、九龍城が完成に至るまでの歴史などで構成された九龍城ファン必携の写真集。

内容(「BOOK」データベースより)

“City of Darkness”こと九龍城は、大都市香港の中心に紛れもなく存在した。この高層スラムには、33,000もの人々が住んでいた。九龍城はどのように生まれたのか?これほど多くの人々が、これほど過酷な環境で生活できたのはなぜだったのか?取り壊しを前に、2人のカメラマンが4年間をかけて九龍城の住人たちに取材をし、仕事をする姿や部屋でくつろぐ様子をカメラに収めた。320枚の写真に32人へのインタビュー、さらにその歴史を収めた本書は、もはや存在しないこの特異なコミュニティを浮き彫りにした、比類なきドキュメンタリーである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 215ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2004/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872574230
  • ISBN-13: 978-4872574234
  • 発売日: 2004/2/21
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,417位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
自分が建築を勉強をしていることもあって、九龍城の建築的適当さに凄く興味があった。
九龍城は、複数の建物が集まる街でありながらも、それらが無秩序に建設されている事から街というより一塊のボリュームとして存在していた。
建物間の隙間は道路というより廊下であり、その頭上に微かな日の光がのぞいている。
自分としては、各建物間の隙間や城内の路地的な空間といった要素を見たいと思いこの本を買ったが、残念ながらそのような要素を捉えた写真はあまり見受けられなかった。(何枚かはあったが)
個人的に、表紙以上の写真はあまり掲載されていなかったように思う。
掲載されているのは、当時の住民とその住居の写真、そしてインタビュー。ページ数の大半はそれに占められている。
九龍城での住民の生活を知りたい方にはとても参考になる資料だと思いますが、

九龍城の空間に興味のある方は、他の本を購入されることをお勧めします。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/12
形式: 大型本
確かに高い。確かに迷う。でも、コレは買っても大丈夫!ちなみに私は迷った挙句にコレと大図解九龍城(岩波)の2冊を買いました。まぁ大図解九龍城も良かったけど、大図解九龍城が死体解剖だとすればこっちは生体解剖とでも言うか、生前の九龍城の姿が写ってたわけです。写真がカラーでね、文章中に掲載写真の説明がされてるから貴重な写真1枚1枚の意味が確実に理解できる!「この建物の中ではどういう人がどんな生活してたんだろ?」の興味に答えてくれた本でした。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
廃虚好きには伝説のように語られていた本の再販らしい。さすがに凄い本。
九龍城は、100×200メートルの敷地内で無秩序に増築 取り壊しを繰り返し、複雑に入り組んだ生きた廃墟 のような様相を作り出した場所。
九龍城関連の出版物はモノクロが多いのだが、この本はほとんどすべてカラー。絡まり合った配線、パイプ、看板、コチェコチェ好きにはたま らない。それに加えて、九龍城に住民のインタビューが満載。歯科医、音楽クラブメンバー、漢方医師、救世軍幼稚園、牧師、定規製造者などなど。一人一人の証言から立体的に九龍城の姿が浮かび上がってくる仕組みだ。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/28
形式: 大型本
 City of Darknessは以前から欲しいと思っていた本でしたが現在絶版のうえに希少価値が高くとても高額で手に入らなかったのですが遂に日本語版が出版され 嬉しい限りです。九龍城を取り上げた写真集はいくつか出ていますがモノクロや無人の廃墟となった姿の九龍城の写真しか見たことがありませんでした。この“九龍城探訪”は殆どがカラー写真でそこで生活している人々がリアルに活き活きと写しだされています。魔窟と謳われていた事がうそのような印象を最初に受けましたがやはり迷宮、退廃は見られます。
 この写真集は九龍城砦の真実の姿が見られる貴重な資料だと思います。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
廃墟・魔窟などといったイメージが先行してしまう九龍城だが、この本に載っているのは「人々の生活の場としての九龍城」である。水・電気の供給・警備などの諸問題について住人や業者のリアルな声が収められており九龍城での日々の生活についてのイメージが持ちやすい。写真も他の本では住民退去後のものが多いがこの本では「生前の九龍城」の様子が捕らえられていて非常に興味深い。価格はやや高めだがそれに十分見合った内容だと思う。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
この手の本は、いつ絶版になるかわからないし、今となっては洋書版は、手に入れるのが困難なこの1冊。原本とレイアウトが違うとか写真のサイズが違うとか言う人もいますが、そんな細かい事を言うよりも、買おうかどうしようか迷ってるなら、買うべき。本は買ってナンボやで。クソゲーと言われた九龍風水傳好きの人、アジア好き、新世界界隈に魅力を感じるヤロウは、黙って買え!
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
カラー写真と九龍城に住む人々の暮らし振り。
これは凄い!
何度も読み返しても、近い過去とは思えないほどの環境
個人的には、引き込まれてしまいました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
私が九龍城の存在を知ったのは、今から20年前のこと。取り壊される事が決定した九龍城を、日本の週刊誌が取り上げていた。
いくつかの写真と記事の中、印象に残っているのは、中年女性が幼い子供を抱いた写真と、次のようなコメントです。
「私たちここを追い出されたらどこへ行けばいいの」

残念!人の読んでいた週刊誌だったので全部を読んだわけではありません。(他にどんな事が書いてあったのだろう・・・・)
そして同時に「悪の巣窟」の文字の拾い読みのおかげで間違った知識を、自分に植え付けてしまったのでした。

さて、それなのにその、増築を重ねた巨大な集合住宅に言い知れない不思議な魅力を感じたのです。 なぜだろう・・・・?

そのナゾは、本書を手にすることで判明されました。

九龍城は生活環境(電気や水道)こそ悪いが、ごく普通の人達が暮らし、活気にあふれている。
工場、商店、歯科、クリニック、理髪店・・・・
九龍城の歴史は古く、高層住宅に建て替えられたのはずっと後の時代のこと。
それだけ古ければ、いろんな人が居たろう、いろんな事があったろう。(戦前とか戦後とかですね)

その増築された巨大な集合住宅には、人々のエネルギーが感じられる。私はそこに
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック