Amazon Kindleでは、 九転十起 事業の鬼・浅野総一郎 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
九転十&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付です。カバーに若干のスレやキズが見られますが、特に大きな損傷や汚れなどなく概ね良好です。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

九転十起 事業の鬼・浅野総一郎 単行本 – 2013/11/27


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 700


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

九転十起 事業の鬼・浅野総一郎 + 銀行王 安田善次郎: 陰徳を積む (新潮文庫) + 日本を創った男たち   ─ はじめにまず“志”ありき ─
合計価格: ¥ 4,158

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

富山から夜逃げ同然に上京した総一郎は、不撓不屈の精神でコークス・セメント・炭鉱・製鉄・港湾・海運・造船業界を次々と席捲し、ついに京浜工業地帯を築くに至る。世界一の貿易立国を目指した「4時間しか眠らない男」。日本に尽くした巨人の生き様を活写した波瀾万丈エンターテイメント。

著者について

1964年富山県高岡市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。90年に時事通信社入社。経済部、松江支局、外国経済部を経て98年にニューヨーク特派員。ウォール街の大物投資家や米金融当局者などを取材源に、空前の好景気に沸く米国経済の最新ニュースを発信し続けた。2001年帰国後に時事通信社退社。同年テレビ朝日入社。内閣府、日銀、財界を担当した。06年にスーパーJチャンネルのニュースデスク、07年から報道ステーションの経済担当ニュースデスクとなり、現在に至る。11年の東日本大震災をきっかけに、本業の傍ら「週末作家」として活動を開始。「清貧と復興 土光敏夫100の言葉」(文藝春秋)、「母の力 土光敏夫をつくった100の言葉」(同)を出版する。

登録情報

  • 単行本: 398ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344024877
  • ISBN-13: 978-4344024878
  • 発売日: 2013/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 244,236位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 RKoM 投稿日 2014/1/19
形式: 単行本
どこの書店でも百○さん、池○戸さんのスペースばかりで、確かに面白いけれど、何か別のものを・・と正月休み用にいくつか手に取ったうちの1冊。
浅野総一郎氏とは、「セメント会社の創始者」くらいの知識でしたが、日本の近現代史には、たくさんの怪物が存在するんですね。約400ページの本ですが、1ページごとにひとつの小説が書けるほどの中身の濃い生涯に驚嘆します。筆者は、日本の現状に対して、「これこそが日本人の真骨頂」「「浅野総一郎」のスピリットをもう一度、思い出したい。」といいます。官偏重のわが国にあって、あくまで民であることを貫きつつ、国の発展に貢献したこの人の生き方は、確かに現代日本で待望される人物像ですね。筆者は他に土光敏夫氏をとりあげた著作がありますが、ある意味通じるものがあると感じます。
といっても、こんな生き方は凡人の自分にはとても無理。でも、読めば、背筋が伸びますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 松川 義行 投稿日 2014/4/23
形式: 単行本 Amazonで購入
浅野総一郎には昔から興味があったがまるで理解していなかったことを認識した。

セメントと浅野学園くらいの認識だったので興味深く読ませていただきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 山田賢治 投稿日 2014/1/10
形式: 単行本 Amazonで購入
浅野総一郎の企業か家としての業績は大体わかっていたが、ここまで頑張れるのかと、又やはり日本が大きく変わった明治維新後の若者たちの意気込みは半端なものでは無かった、おかげで現在があると理解できた
少なくとも私が今から50年前にこの本に出会っていたら、大きく人生が変わっていただろうと思って一気に読み上げました
又、友人にも勧めました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック