この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

丹下健三 単行本 – 2002/11


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,500
単行本, 2002/11


キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

20世紀の建築をリードした丹下健三の評伝と全作品を、近代建築史に精通した藤森照信がまとめる。丹下はどのようにして世界のタンゲになったのか、現在の日本の建築界はいかに成立したのか。資料、図面、写真を多数掲載する。

登録情報

  • 単行本: 518ページ
  • 出版社: 新建築社 (2002/11)
  • ISBN-10: 4786901695
  • ISBN-13: 978-4786901690
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 36.6 x 35.4 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 92,989位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 senninyou 投稿日 2005/1/25
形式: 単行本
丹下健三の学生時代の設計課題や卒業設計に始まり、戦時下でのデビュー作となったコンペ案、海外での都市計画や東京新都庁舎など近年の作品に至るまでを幅広く紹介。藤森氏による丹下氏からの資料提供やインタビュー、その他かつて丹下事務所に在籍していた著名建築家からの当時の回想インタビューなど、今までに触れることのできなかった内容溢れるまさに丹下健三の集大成。特に広島ピースセンターや東京オリンピックプール、東京計画1960に関してはそれだけで1章使う充実振り。高額ではあるが丹下健三に関する最も充実した著作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 K2 投稿日 2004/7/27
形式: 単行本
丹下の生い立ちから新都庁舎までの足跡を、藤森が丹下を含めた様々な人々へのインタビューを交えて、丹念に辿って行く。よくありがちな、ただの作品解説書になっておらず、丹下を通してみた近代建築の通史として読んでも差し支えないだけの内容を持っている。ただ、最後に出てくる新都庁舎の章で藤森が、都庁舎を無理に最後の傑作として祭り上げようとしているように読み取れ、その点が鼻につく。卒業制作や戦中の作品、丹下邸など貴重な資料が多く、もっていて損はない一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 T.Y. 投稿日 2012/5/5
形式: 単行本 Amazonで購入
なぜもっと早く読まなかったのだろう。読んでいなかったことを久々に後悔した本。

著者は丹下健三と藤森照信さんの連名になっているが、事実上、藤森さんが執筆し、丹下さんはその対象となり、資料を提供し、藤森さんの執筆内容を公認したことで、連名となっているようだ。

2002年に限定2500部で発行されたものだが、藤森さんはかなり前からオリジナル資料を収集し始め、具体的な執筆に入ってからもなんと7年の歳月を費やしたという。丹下さんが他界されたのが2005年であるから、本当にぎりぎりのタイミングでこの本は完成していたことになる。建築を志したもののみならず、誰もが名前を知る建築家であるが、考えてみればこの本を手に取るまで、丹下さんの作品集や評伝に触れたことがなかった。実はこの本が出るまでは、その仕事や人となりの全貌を伝えるような展覧会も出版物もなかったことを序文で知り、まずは驚いた。

本文は、膨大なオリジナル資料と、それを丁寧に読み返し、読み解いた藤森さんの評伝にぐいぐいと引き込まれる内容だ。著名な「MICHELANGELO頌」も丁寧に読み下され、そこに丹下さんが込めたものを的確に描写してくれている。さらに関係者へのインタビューが脇を固める。それにしても一人の建築家の生涯を伝えるために、ものすごいエネルギーが注がれたものだ。一人の建
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック