Amazon Kindleでは、 中陰の花 (文春文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
中陰の&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。※新品同様の品質ではありません(書き込みやマーカーがない状態)万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため時間差で在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中陰の花 (文春文庫) 文庫 – 2005/1


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

中陰の花 (文春文庫) + あの世 この世 (新潮文庫)
両方の価格: ¥ 864
ポイントの合計:  26pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第125回(平成13年度上半期) 芥川賞受賞

商品説明

   第125回芥川賞受賞作。予知能力を持つという「おがみや」ウメさんの臨終に際して、禅寺の住職則道とその妻圭子の織り成す会話から、「死とは何か」「魂とは何か」を見つめた作品。先に発表された第124回芥川賞候補作『水の舳先』では、死を間近に控えた人々がそれぞれに救いを求める様子を描いていたが、本作は肉体的な死を迎えた後、いわゆる「死後の世界」を主なテーマにおいている。

   虫の知らせ、三途の川、憑依、そして成仏。それら、生きている者には確かめようのない民間信仰や仏教理念に、僧・則道が真摯に向き合っていく。ともすると、専門的、宗教的すぎてしまう題材ではあるが、「人は死んだらどうなんの」といった無邪気な言葉を発する妻の存在が、一般の読者にも身近な内容へと引き寄せてくれる。また、則道が、ネットサーフィンで「超能力」を検索する様子や、病院でエロ本を眺める場面など、自らが現役の僧侶である著者ならではの宗教人の等身大の姿が、物語に親近感を持たせていると言えよう。

   表題『中陰の花』のイメージとして使われている妻が作る「紙縒タペストリー」の幻想的な華やかさが、いまひとつリアルに伝わってこないのが残念ではあるが、これまで追ってきた厳粛なテーマをすべて包み込むような関西弁の台詞でのエンディングが、読後にやわらかく、心地よい余韻を与えてくれる。(冷水修子) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 170ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2005/01)
  • ISBN-10: 4167692015
  • ISBN-13: 978-4167692018
  • 発売日: 2005/01
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 44,560位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ワンダー 投稿日 2011/8/22
形式: 文庫
僧侶と言えば、日常的に様々な人の死に対峙しているわけで、ある意味、死者との関わり方に関しては
「プロフェショナル」である。職業人としては当然のことであり、主人公(=著者)の僧侶は、
禅宗の教義のみならず、インターネット検索はあたりまえ、素粒子物理学などについても聞きかじって
いるという21世紀的な人物の描き方が新鮮だ。

しかし、話が、自分の妻のややおかしな言動、それが失った水子に関係していると判明すると、僧侶の
理性や哲学的な判断は、大きく揺らいでくる。
「他者の死」ではなく、自分たち夫妻がかかわった死(水子)となると、話は別だ。
おがみやのウメさんたちのエピソードは本質でないような気がする。

僧侶作家として有名な方は、瀬戸内寂聴や今東光などがいるが、それらの作家たちとはまったく異質の
作風である。最先端科学や超常現象までもかすめとった上で、ほのぼの感も漂う稀有な作品となった。

人の死に立ち会った機会の少ない若者層には、さほど作品にリアリティが感じられないかもしれない。
(かくいう私は還暦を越え、結婚式よりも葬式にでることのほうが増えてきました)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いじさまっくす 投稿日 2005/11/10
形式: 文庫
死生観を題材にしていますが、決して、明確な形で死後の世界や死の瞬間、成仏、霊を提示しているわけではなく、いろんな形がありうるんだろうという素直な気持ちが出ていて、読後感はすがすがしくもあります。作者は現役のお坊さんということで、仏教用語も出てきますが、それも、この作品の味付けには必要不可欠だと思います。おがみやのウメさん、石屋の徳さんなども作品に彩りを添えています。則道と圭子の地に足のついた日常がしっかりと骨組みになっていて、よみ応えもありました。「水の舳先」よりは密な作品です。収録の「朝顔の音」も良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 hit4papa トップ500レビュアー 投稿日 2013/2/9
形式: 文庫
玄侑宗久さんの『中陰の花』は生と死の中間の領域=中陰をテーマにした物語である。作者が現役僧侶であることから、説教臭さを警戒して長らく読むのを躊躇っていたのだが、それはいらぬ心配であった。

臨済宗の僧侶 則道は、余命いくばくもない、おがみやウメさんのことが心から離れない。ウメさんは、自分の死ぬ日を予言しているのだ。妻の圭子は尋ねる。

「なあなあ、人が死なはったら、地獄行ったり極楽行ったり、ほんまにあるんやろう?」

則道は、それに答えて、質量不滅の法則から中陰の状態を説き、科学的な観点で成仏ということへ話を敷衍していく。ただ、則道の率直な答えは、

「知らん」

である。

僧侶としての教えとは別なところで、則道自身が迷いの中にいるようだ。観念論的な世界観を、受け入れきれていない。だからこそ、則道は、ウメさんの死を看取って中陰を確かめたいのだろう。

則道と圭子の子は、生まれることなくながれてしまっていた。女性は体内にいるときから子に愛情を注ぎ、男性は生まれ出でた瞬間からわが子になると聞いたことがある。則道と圭子は、まさにそういう夫婦の姿だ。喪失感に苛まれた圭子は、紙縒(こより)続けることによって祈りを捧げている。ウメさんの死をきっかけに中陰
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 イッパツマン トップ500レビュアー 投稿日 2009/5/31
形式: 単行本
 表題作では、色々と不思議なことは経験したこともあるものの、現役僧侶の主人公(と作者)にとっても死というものは何かよく分からない。そのぼんやりした死を正面から見つめて、医者や拝み屋、一般の人々が思い思いの立ち回り方をする。結局、此岸の人間が思い思いに亡くなった人間を思い、コミュニケーションを取っていくしかないようだ。現役僧侶が自分の宗派にとらわれずそのような思いを書いたことで、この作品は評価を受けた。が、他のレビュアーも書いているように、その程度のことは近親者を亡くした経験のある人は、誰でも感じて知っていることだろう。僕は新しい視点を期待したので点は渋くつけたが、敢えてこの作者を擁護するとするなら、その書きぶりが上品だという点である。かくも死を題材に小説を書くということは難しい。

 小説としては、僕は「朝顔の音」の方がデキが良いと思う。ただ、女性、特にこの主人公と同じようにレイプと堕胎を経験した女性がこの本をどのように受け取るのかはよく分からない。もしかしたら不快に思う方もあるかもしれないので僕は判断保留せずにはいられない作品だが、こういう問題は表現の世界から避けて通し隠してしまうのではなく、誰かが題材に取り上げなくてはならないだろう。

 どちらも作者からは遠い視点や境遇を持った人々の死者への思いや祈りが出てくる。完全に知ることはできない
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック