通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史 単行本 – 2011/11/19

5つ星のうち 3.7 92件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 185

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史
  • +
  • 「日本史」の終わり  変わる世界、変われない日本人
  • +
  • 日本人はなぜ存在するか 知のトレッキング叢書
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

日本の「進歩」は終わったのか──ポスト「3.11」の衝撃の中で、これまで使われてきた「西洋化」・「近代化」・「民主化」の枠組を放棄し、「中国化」「再江戸時代化」という概念をキーワードに、新しいストーリーを描きなおす。ポップにして真摯、大胆にして正統的な、ライブ感あふれる「役に立つ日本史」の誕生!

本書は、現在の日本社会の抱える様々な問題や、今後の中国社会とのつきあい方について考えるきっかけを提供すると同時に、この専門家のあいだではもう常識なのに一般の歴史ファンにはなかなか広まっていかない新しい通史像を、読者のみなさんにわかりやすくお届けすることを目的にしています。(中略) 読み始めていただくにあたっての予備知識は、せいぜい高校レベルの常識的な日本史の知識さえあれば十分(ただし、本書を読み終える頃には、それらの知識が高校までの教科書とはまったく異なるストーリーの上に、配列されていることに気づくはずです)。
――「はじめに 新たな歴史観としての「中国化」」より

内容(「BOOK」データベースより)

日本の「進歩」は終わったのか―ポスト「3・11」の衝撃の中で、これまで使われてきた「西洋化」・「近代化」・「民主化」の枠組みを放棄し、「中国化」「再江戸時代化」という概念をキーワードに、新しいストーリーを描きなおす。ポップにして真摯、大胆にして正統的、ライブ感あふれる、「役に立つ日本史」の誕生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/11/19)
  • ISBN-10: 4163746900
  • ISBN-13: 978-4163746906
  • 発売日: 2011/11/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 92件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 212,521位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 挑発的な表題と、いささか軽薄な物言いが気になりますが、著者のいうことはだいたい納得がいきます。中国は宋代に近代が始まり、都市市民社会をベースにしたメリトクラシー(実力主義)の国になったという評価は、トンデモ説でもなんでもありません。
 ただ、著者はあえて無視しているのだと思いますが、『科挙と近世中国社会―立身出世の階梯』にあるように、中国社会は決して誰にでもチャンスが約束された機会平等の社会ではありませんでした。科挙に挑戦できるのは、経済力のある一部郷紳層に限られ、事実上の身分制が形成されていたのです。
 メリトクラシーの反対はアリストクラシー(貴族制)ということになるでしょうが、両者は截然と分けることができるものではありません。そもそも科挙自体、はたして
...続きを読む ›
3 コメント 158人中138人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
面白いか面白くないかと言うと、微妙でした。
著者は、日本の「近代化」や「明治維新」は中国化に過ぎないだとか、世界が経験したことは1000年前の中国が既に経験しているだとか言っていますが、かなり強引に感じました。
「近代化」とは、工業化であったり、国民国家の誕生であったり、民主化であったり、私企業による旺盛な経済活動であったり、色んな意味を含むと思いますが、著者の設定する近代化は意味が狭すぎます。
どう大目に見ても「近代化は中国化と似ているところもあるね」、「中国が世界に先んじて経験していることは、割とあるね」程度の話だと思います。あまりにも選択的に事象を繋げすぎるので、「カノッサの屈辱」や「ノストラダムスの大予言」と同じレベルのノリに感じてしまいました。
日本の近代史は、中国化と江戸時代化のせめぎ合いに過ぎない、というのなら、アメリカのティーパーティとウォールストリート占拠運動は、中国化と江戸時代化を巡ってせめぎあっているとでも言うのでしょうか。
ただ、中国が1000年も前から流動化や市場経済や人間関係のネットワーク化に慣れているので、現代世界に適応しやすいということはあると思います。そういった「中国先取り論」を穏当に展開していくのなら理解は出来るのですが、それをまるで日本をはじめとする世界が、取り入れるか入れまいかせめぎ合っている
...続きを読む ›
1 コメント 116人中98人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
「宋代に封建制が廃された中国はグローバル化では日本よりずっと先進国だった」という前提に基づいて、平安時代から現代までの日本史の事象を、「中国化(グローバル化、市場経済、競争、ハイエク、フリードマン)」、「江戸時代化(社会主義、ケインズ、ムラ社会、身分、分配)」というキーワードで2分して解説する。概念や事象を「グローバルVSローカル」に分けて解説すること自体は真新しいものではない。ドキっとさせられるのは、前者の流れを「中国化」と呼び、以後、「平家=中国化」、「鎌倉時代=江戸時代化」、「自由民権運動=江戸時代化」、「小泉政権=中国化」というように、中国化と江戸時代化の2つのキーワードで、史実や歴史上の人物の振り分けを行うことである。

グローバル化を語る経済学者はアメリカ人だったりして東洋史に詳しくなく、東洋史の専門家は専門家で、東洋史の視線で一般読者に現代の経済事象を語ることはあまりなかった。だから、両者を結びつけた説明は一般読者にとってとても新鮮。学校で習った世界史や日本史は一体何だったんだという気持ちになる。1つ1つの時代や事象の説明は面白い。

ただ、本書では中国は道化回しの役割しか演じていない。中国の市場経済を支えている血縁ネットワークといわれているものが、逆に欧米型の多国籍企業の形成を阻んでいるという今日のビジネス社会の事実や、宋代以
...続きを読む ›
コメント 52人中44人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
與那覇潤氏の文を初めて読んだのは、内藤湖南「支那論」の解説文でした。湖南の本の素晴らしさに感銘を受けた後、
氏による巻末の解説を読んで「????」。私には湖南を引き合いに出して自説を(唐突に)展開しておられるとしか思えず
一体どんな説を唱えておられるのかと、本書を手に取ってみたのですが、、、、、。

私は中国に関する知識もありませんし、歴史学を専攻していたわけでもありません。頭脳だって私より著者が教えておられる学生さん達の方がずっと優秀でしょう。
でも、こんな素人でも気づく程、氏の論理の立て方が乱暴なのです。
この本では、ちょっと似ている事柄を強引に結び付け同一視する事で物事が進んで行きます。それを「◯◯化」といわれても納得出来かねます。「牽強付会」という四字熟語の存在を、中学の漢字ドリル以来久々に思い出しただけでした。
歴史学云々以前の問題です。分野を問わず、専門家や研究者に著書でこの様な粗雑な論理を展開されては、素人ですら、いえ素人だからこそ、正直不信感が生じてしまうのですよ。

そもそも識字率自体が高くない時代の科挙と、教育の普及した現代の公務員試験を同一視できますか?
女性が纏足したり、出世の為に去勢して宦官になる男性がいる社会が、自由な社会ですか?
少なくとも、現
...続きを読む ›
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック