Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
世界を救う7人の日本人 国際貢献の教科書
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

世界を救う7人の日本人 国際貢献の教科書 [単行本]

池上彰
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

本書では、日本でナンバーワンのニュース解説者であり、国際問題を誰よりもやさしく読み解いてくれるジャーナリスト池上彰さんが、現場で活躍する国際貢献のプロフェッショナルたちにインタビューし、自らもアフリカ・スーダンの紛争地帯やウガンダに足を運んで取材を行い、「国際貢献」の意義と意味、そして「国際貢献」という仕事の価値について解説いたします。  日本も世界も長年の不況にあえいでいます。そんな中、遠く離れたアフリカや西南アジアの途上国を支援する余裕などあるのだろうか? ODAなど、ただの無駄遣いではないか? 「国際貢献」が国内で語られるとき、こうした否定的な意見が目立ちます。また、青年海外協力隊の活動にしても、「途上国で井戸を掘っている」以外の情報が、一般の目に触れることはありませんでした。  でも、一方でいま世界で急成長している市場は、環境をキーワードとした途上国などのインフラ事業であり、あるいは年収3000ドル以下の貧困国が経済発展してできつつあるBOP市場です。こうしたインフラや新しい消費市場を形成するためには、それぞれの国の基礎インフラ、水、医療、食料、教育、平和、経済といった社会インフラ作りが欠かせません。 本書では、国際貢献先進国ニッポンがいかにこうした分野で、プロフェッショナルたちが命をかけて地道に活動し、現地の人たちと社会発展につくしているのか、池上さんならではの的確な質問とわかりやすい筆致で紹介していきます。  いま、世界と日本が注目する新しい市場の行く末を見る上でも、ビジネスパーソンこそ、国際貢献の現場を知る必要があるのです。 さらに国際貢献は、女性たちの活躍の場でもあります。本書では、日本を代表する国際貢献のプロフェッショナルである、緒方貞子さんと池上彰さんの対談も収録しました。元気のない日本に、明るい「喝」を入れてくれる、緒方さんの国際貢献論も必読です。 本書は、いままでなかった「国際貢献の教科書」です。国際貢献について知りたいひと、国際貢献の先にある途上国とのビジネスを知りたいひと、そして自ら国際貢献の現場に行きたいひとにとって、最高のテキストになるはずです。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池上/彰
1950年、長野県松本市生まれ。慶応大学経済学部卒業後、NHK入局。記者としてさまざまな経験を積んだのち、科学・文化部記者を経て、報道局記者主幹に。1994年4月より11年間「週刊こどもニュース」のお父さん役として、さまざまなニュースを子供から大人までが理解できる、丁寧かつ独創的な解説を行い、人気を獲得する。2005年3月NHKを退局、以後フリージャーナリストとして、テレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2010/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482220183X
  • ISBN-13: 978-4822201838
  • 発売日: 2010/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 119,369位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
61 人中、55人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 伝える力のこもった本 2011/2/8
形式:単行本
池上氏のニュース解説はとてもわかりやすいのですが、
その理由についてはなんだか釈然としないものがありました。
新書「伝える力」にも分かりやすく伝えるノウハウは紹介されていますが、
それだけではない何かがあるように思えます。
今まで、その"何か"がわからずもやもやとしていました。

この本は、水・(戦乱からの)復興支援・命(母子医療)・
食糧・教育・経済の基盤(開発プロジェクト)など
国際協力の現場で活躍する日本人7人を
ジャーナリスト池田氏が取材してまとめたもの。
紹介されているのは、
それぞれの分野のプロフェッショナルとして、
グローバリゼーションの先端で
非常に難易度の高いプロジェクトマネージメントを成功させている方々。
興味深く勇気づけられるような事例がたくさん紹介されています。

スーダンやウガンダの現地取材をしてまでなぜこのテーマを追いかけるのか、
その意義を池田氏は本書で繰り返し説明します。
戦後日本の復興は国際的な援助なくしては不可能だったのであり、
私たちには恩返しする義務があること。
世界的なインフラ市場の発展や発展途上国の低所得者層40億人の市場にこそ、
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 国際協力の教科書 2011/12/4
By ヨー
形式:単行本
本書は、アフリカなどの貧困国を国家としての安定・発展・自立へと導くための『国際協力』活動にさまざまな分野で携わる7人の日本人に池上氏がインタビューするという構成である。
まずタイトルが良い。『世界を救う7人の日本人』。『縮み志向の日本人』、『日本辺境論』という名著もあるぐらいだが、日本といえば海外の動向に一喜一憂する主体性の弱い国で、国際社会でリーダーシップを発揮するというような柄ではない、というのが大方の日本人自身のイメージだろう。その「日本人」が「世界を救う」というのだから、読者としては心が踊らざるを得ない。本書を読んでいただければ、この大仰ともいえるタイトルもあながち的外れではないことが納得していただけると思う。
各インタビューで語られる具体的体験談などはもちろん非常に興味深いが、池上氏のメッセージはすでに冒頭の『はじめに』に要約されている。すなわち、日本国内には国際協力に対し、「大切かもしれないけども自分にはあまり関係ない」、「日本も不況で失業者や自殺者も出しているのに、なぜ他の国を助けなければいけないのかよくわからない」、「ODAの報道を見ていると無駄遣いに思えてしまう」といった無関心もしくはネガティヴな意見が少なくないが、
1)第二次大戦後、餓死寸前だった日本人が1947年から51年までの食糧援助によって生き延び、世界銀行の資金援助で高度経
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 池上さんの本は好き 2014/2/23
By bmc1275
形式:単行本|Amazonで購入
池上さんの気持ちよく言い切る形で日本の国際貢献の内容を伝えてくれています。とても大事な事で、国内の問題を解決する事ももちろん大事だけど、海外でまだまだ日本では当たり前の生活すらできない国がまだあり、日本が技術面を含めてサポート出来る事はたくさんある、しかも日本式のサポートの仕方は中々良いと言われればそれは素晴らしい事だと思います。おもてなしが日本の強い武器であるという認識が出来てきた今、こういった観点から日本に対する良いイメージを構築していく事、世界中に友人を作る事の大切さを改めて認識致しました。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック