中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界を動かす人脈 (講談社現代新書) 新書 – 2008/2/19

5つ星のうち 3.3 12件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

世界を動かす「勝者」たちのネットワーク 世界政治・経済を知るには、欧米を中心に広がる政官財にまたがる人脈を読み解く必要がある。協力と対立を繰り返しながら自己利益のために動く彼らの姿を明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

国境を越えて進行するM&A、EUのエネルギー再編、米大統領選挙、ロシア、中国、中東の台頭…。ロスチャイルド、ロックフェラーからKKR、SWFまで。ダイナミックに変動する世界を読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062879271
  • ISBN-13: 978-4062879279
  • 発売日: 2008/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 514,746位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
  
 当書は「世界の政治・経済・金融に大きな影響を与えている、まさに世界を動かしている人々の最近の動向について紹介・解説した」(序章)中田安彦氏の労作である。中田氏は「アルルの男・ヒロシです」から始まる『ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報』というブログも開設しており、私も実は“定期読者”の一人である。

 さて、本書の基調は「誰が本当に世界を動かしているのか?」ということである。この問いに対して、著者は「富とネットワーキング」という視点から、「スモール・ワールド」「インナー・サークル」を形成する、カナダを含む北米、欧州、アジア、中東などにおける有力者(グローバル・エリート)たちとその人脈(ネットワーク)を具体的に摘示する。

 本書は、所謂「陰謀説(コンスピラシー・セオリー)」などに立脚したキワモノ的な書物ではなく、あくまで客観的事実に即して「世界の支配者」たちの実態等を描出しているので好感が持てる。従って、巷間、何かと噂の多い秘密クラブ「ビルダーバーグ会議」(The Bilderberg Conference)などについても、公正な記述に徹しているのが特徴だ。

 いずれにしても、日本は“鎖国体制”を敷いていない以上、町内会(笑)や企業・役所の“人脈”のみならず、世界の“人脈”にもある程度通暁することに損は
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本は、「世界を動かす人」たちのネットワーク(人脈、つながり)を詳細に調べ上げた本です。一読して、「ものすごくお金と時間と労力をかけて書かれた本だなあ」と感動しました。
データ本なので、筆者の勝手な解釈は書かれていません。ほぼ無色です。参考文献もきちんとあげられています。ですので、大変安心して読むことができました。
ただし、スモール・ワールドと合理的人間という概念を知らないと、事実の羅列に思えてしまうかもしれません。「だから、何?」・・と。しかし、大学などでこれらの概念を学んだことのある人には衝撃の本だと思います。
この本はデータ本です。ぜひ筆者の、これらのデータを解釈をした(自分の考えを述べた)本も読みたいと思いました。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「赤い盾」21世紀版?かと思ったが、いたって真面目なスモールネットワーク論であり
陰謀史観的なものはほとんど見られない。
結局のところ、封建制に基づく貴族階級は凋落したものの、知性と資本を武器にした
ビジネスエリートは新たな貴族階級を形成し、そしてそのネットワークはグローバルに
展開していくのだろう。それは陰謀でもなんでもなく、純資本主義的、かつ民主主義的な
帰結である。

しかし本書の中で日本の影の薄いこと(笑)
サラリーマン社会だと上記のネットワークなんて縁がなかったのだろう。
そりゃグローバリゼーションの中で没落しますわ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ルイ・ヴィトンを知らない人は少ないと思う。

だが、ルイ・ヴィトンが、『ジバンシー』『ディオール』『フェンディ』『マークジェイコブス』『ケンゾー』他、多数のブランドを有する、LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)グループのひとつであると知っている人は、どのくらいいるのだろう。
海外旅行でおなじみの免税店『DFSギャラリア』も傘下のひとつだ。

モエ・ヘネシーの「モエ」は、かの有名な『ドンペリ』の会社「モエ・エ・シャンドン社」のこと。
「ヘネシー」は、世界のコニャック市場で41%の占有率をもち、『ヘネパラ』でも有名な会社。

そのLVMHグループの会長は、「ベルナール・アルノー」という、フランス一の富豪だ。

現代のグローバル市場を裏で操る世界のグローバル・エリート達がいる。
資産を基準とするフォーブスの長者番付だけでは見えない世界。
そしてグローバル・エリート達はつながっている。

杉並区のぼろ家に住んでいる僕と、本書のグローバル・エリート達や内容にあまりに差がありすぎて、おとぎ話か、はたまた陰謀説かと思ってしまうが、本書で取り上げられているLVMHの会長のような人達にとって、活動範囲は全世界で、取り立てて特別なことはしているつもりはないの
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック