Amazon Kindleでは、 世界をつくった八大聖人 人類の教師たちのメッセージ をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界をつくった八大聖人 人類の教師たちのメッセージ (PHP新書 520) 新書 – 2008/4/16


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ブッダ、孔子、老子、ソクラテス、モーセ、イエス、ムハンマド、聖徳太子―あらゆる宗教や思想の基盤を築き、多大な影響を与え続ける八大聖人。生まれた時代も地域も違い、異なる文化を背負いながらも、彼らの教えは「人類を幸福にしたい」という点で根源を同じくする。「モーセ五書」と『論語』の類似、ブッダとイエスの共通点、宗教編集者としての聖徳太子…。八人の生涯や人物像、それぞれの相関関係を、先達の文献も踏まえながら考察する。混迷をきわめる現代だからこそ知っておきたい偉人伝。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

一条/真也
1963年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。大手広告代理店を経て、企画会社を設立し、プランナーとして活躍。現在は大手冠婚葬祭会社の代表取締役。2008年度より、北陸大学未来創造学部の客員教授を務める。会社経営のかたわら旺盛な執筆活動につとめ、特に哲学・芸術・宗教についての造詣の深さには定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2008/4/16)
  • ISBN-10: 4569699391
  • ISBN-13: 978-4569699394
  • 発売日: 2008/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.5 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 166,334位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/10/31
形式: 新書 Amazonで購入
本書は、人類の教師と言える、八大聖人−−ブッダ、孔子、老子、ソクラテス、モーセ、イエス、ムハンマド、聖徳太子について記述したものです。
彼らの人物紹介のダイジェスト版のイメージで手に取った本書ですが、良い意味で、読む前の印象とは違う内容の書物でした。

本書は3部構成で、第1部「人類の教師たちのミステリー」、第2部「人類の教師たちのプロフィール」、第3部「人類の教師たちのメッセージ」から成りますが、八大聖人の個々のプロフィールをダイジェストに紹介しているのは、全体の3分の1を占める第2部だけです。

本書の特徴は、前後の第1部と第3部にあり、第1部では、日本人の「これまでの」宗教的思想観について述べ、第3部では、著者が思い描く「これからの」宗教的思想観について主張しています(もちろん、第1部、第3部中でも、必要に応じ、八大聖人のプロフィールについて触れています)。

私はこの著者の考える宗教的思想観(宗派にとらわれず、良いところは取り入れようという寛容な考え方)について、かなりの部分を共感できたので、本書には高い評価を与えたいと思います。

「石門心学」をベースに仏教・神道・儒教という宗派を超えて、それぞれの良いところは皆取り入れるというこれまでの日本人の宗教的思想観を論述後、八大聖人個々のプ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 むぅ 投稿日 2008/4/21
形式: 新書
ブッダ、孔子、ソクラテス、イエスの「四大聖人」と、
著者はムハマンド、老子、モーセ、聖徳太子を加え「八大聖人」としています。
国や時代が違えど、そこには何らかの関わりや共通点が書かれており面白い。

今までも私は教科書などで聖人たちの名前はよく耳にしていましたが、
彼らの教えを深く知ることはなかったと思う。
特に聖人8人のプロフィールの章では生誕や教えまで説明があり、
古くから世界で聖人や人類の教師と呼ばれるのに、
誰もが納得するほどの理由がそこには書いてあります。
それは現代だからこそ、学ぶべき教えだと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 不識庵 トップ50レビュアー 投稿日 2013/2/15
形式: 新書
「おわりに」で著者の一条真也氏が述べておられるように、
本書は、もともと四大聖人(ブッダ、孔子、イエス、ソクラテス)という企画でした。
この「四大聖人」を解説する過程において「そのリザーバーたち」として、
老子、モーセ、ムハンマド、聖徳太子について、一章を設ける構想だったようです。
ところが、編集担当さんから「八大聖人」という企画にしてはという提案を受け、
「八大聖人」という画期的な書籍に発展していきます。
松下幸之助翁が創設されたPHP研究所、その編集担当さんの慧眼にも感服です。

もっとも、本書は単なる「偉人列伝」ではありません。
「八大聖人」の思想に共通する根本は何かを抽出していく知的冒険といえる内容。
おそらく、編集担当さんは、著者のユニークな編集能力を察知して、
「呼び水」を打ったのではないでしょうか。

第1部「人類の教師たちのミステリー」
第2部「人類の教師たちのプロフィール」
第3部「人類の教師たちのメッセージ」

以上が本書の構成ですが、タイトルになっている「八大聖人」については、
第2部で概観されているのですが、あくまで「思想の背景」を理解するための過程。
人間を幸福にしたい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アスリート 投稿日 2008/9/24
形式: 新書
著者が“聖人”とみなしている「ブッダ」、「孔子」、「老子」、「ソクラテス」、「モーセ」、「イエス」、「ムハンマド」、「聖徳太子」の8人。本来ならば一聖人につき一冊でも納まりきらない内容を、何故この八人なのかも含めて、簡潔且つわかりやすく著している。著者は、八大聖人のプロフィールやメッセージから共通点を見いだし、そこから人類が進むべき道を示している。その集大成として書かれている「人類の信条(クレド)」にはただただ脱帽。是非、私自身もこの十七条を実践して、人類としての品格を高めていきたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 主役になりたい 投稿日 2008/4/19
形式: 新書
歴史に残る大発見!!地球規模のグレイトな8名(日本からは聖徳太子がエントリー!)に共通する「暗号」が著者により解き明かされています。著者と八大聖人の魂の会話により生まれた、直球勝負の「人類の信条(クレド)」も必見。人類の未来について明るいものを感じることができる珠玉の一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック